トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 山笠があるけん博多たい(20首)   | トップページ | きっこ風自己紹介 »

花弁に隠せる矜持

これから水曜は短歌、木曜は俳句で行こうかと思います。

何せ大津留公彦のブログの前は「大津留公彦の短歌と俳句のブログ」、その前は「大津留公彦の短歌と俳句のホームページ」だったんですから・・・。

(多分誰も知らないと思うけど・・)

思い起こせば「大津留公彦の短歌と俳句のホームページ」もDTIを間違えてかみさんが解約してしまったからだった・・

(あ~又悪夢を思い出してしまった!)

では気を取り直してどうぞ・・・・         

花弁に隠せる矜持

兼題(滴り・街)

滴りの花弁に隠せる矜持かな

新緑の街行くバスに揺られけり

街覆う緑を一気にわしずかむ

街にあり己を無くす棕櫚の花

雑詠

別府湾睥睨しつつ野焼きかな

薔薇のなか親娘となりて歩み行く

ダ・ビンチと卯の花腐し交差せり

子育ての相談ありし薔薇のなか

住み方は如何にとバラと庭のショー


参考になりましたら→人気blogランキングへ

|

« 山笠があるけん博多たい(20首)   | トップページ | きっこ風自己紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花弁に隠せる矜持:

« 山笠があるけん博多たい(20首)   | トップページ | きっこ風自己紹介 »