無料ブログはココログ

« 格差への怒り 政府を倒す | トップページ | 共謀罪は10月24日強行採決? »

十六夜と台風

このブログになってからは久しぶりの短歌です。
十六夜は俳句で頂いた季語。
台風の今年のひどかった台風13号です。

背筋伸ばし秋に入りて行けるかな 博多の街を小さく丸め
 十六夜の心地よき風アジアより吹きて 映画の祭りが果てぬ
   十六夜に消えたる二年の思いなり  くっきりと浮くその様を見よ
    十六夜に泣きたいこともあるけれど 涙は私に似合わないもの  
    十六夜に吹く風やさし私とは何 いいこいいことそよいでいるか
   台風は小さな城を吹き飛ばす  根を張らぬ松みな倒れたり
  台風は巨木を倒し根も露  この朝の道決して忘れず
 台風に公園の松許されず  この国はやはり亜熱帯のくに


 

大津留の短歌は下手だと思う人は →人気ブログランキングへ(現在71位です)

« 格差への怒り 政府を倒す | トップページ | 共謀罪は10月24日強行採決? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/12347419

この記事へのトラックバック一覧です: 十六夜と台風:

« 格差への怒り 政府を倒す | トップページ | 共謀罪は10月24日強行採決? »

カテゴリー