無料ブログはココログ

« 君に似し姿を街に見る時の | トップページ | 「憲法9条を世界遺産に」(プレイボーイ版) »

今日は会社の休みを取って一日がかりで大腸検査に行きました。

先週、同級生の主治医に「血便がときどき出るので痔かも」と言ったら「そう言って最近来たサラリーマンが大腸ガンだった」とすぐ大腸検査をやることになりました。

結果は「何もなかったよ」という事でまずは良かった。

ピロリ菌もご指導を得て無事駆除が終わり十二脂腸潰瘍の再発もないとのことでこれも良かった。 お医者さんの友人に感謝します。

嬉しくて帰りにルンルン気分で映画を観てきました。

それは映画「涙そうそう」

兄と妹の物語で私にはぴったりの設定。

もともと「涙そうそう」の歌から作られた映画。

森山良子がBEGINの歌に若くして亡くなった兄の事を思って詩を付けたようだ。

この歌(音が出ます)は何度もカラオケで歌ったがそういう経緯は全く知らなかった。

先日私も行ったばかりの沖縄の綺麗な景色とやさしい沖縄言葉が全編に流れて涙を誘う展開ですごくいい映画だった。

鼻をつまめば涙が流れないという母の教えを兄が妹に教えて何度も鼻をつまむシーンが登場するが最後のシーンではおばあに「悲しい時は、うんと、うんと泣いたっていいさあ。」と言われそのシーンは姿を消すことになる。

妻夫木聡と長澤まさみというキャストだけで見に行きたくなるでしょう。

妻夫木君はパンフレット中でこう語っている。

「涙そうそう」っていう意味は“生きる”という意味につながる-そのぐらいパワーをもった言葉に“なった”と思いますね。

ドラマの背景には戦争や基地や沖縄経済がしっかりとある。

土井裕泰監督は「いま、会いに行きます」に続いて2作目だが多くのテレビドラマの演出をしたキャリアがあり期待の新人だ。

今買ってきたパンフレットを最後まで見て最後のページに2通の手紙が付けられていた。

「新垣洋太郎様」 と「新垣カオル様」 という映画の中で登場する2通の手紙だった。

なかなか心憎いパンフです。

この映画はお勧めです。

人気ブログランキングへ(現在50位(下がり気味)です)

« 君に似し姿を街に見る時の | トップページ | 「憲法9条を世界遺産に」(プレイボーイ版) »

コメント

TBありがとうございました☆

涙そうそう。
おばあの「悲しいときは、うんと泣いたっていいさぁ」が印象的な言葉でした。
主演の二人が役にぴったりだったし、個人的に市場のおばさん(おばあちゃん?)がすっごく良かったなぁって思いました。

パンフレット、とてもいい内容みたいですね。
買えば良かったなぁ・・、今度買っちゃおうかなぁ・・って思いました。


「なんくるないさぁ~やってみれ~♪」拝見しました。
「なんくる」は「涙そうそう」で海に面してにいにいが建てる店の名前にもなっています。

なかなか沖縄のことがよく分かるサイトですね。松戸にお住まいなのですね。
私は通勤で通っていたので馴染みがあります。
今後ともよろしくお願いします。

大津留公彦さま はじみてぃやーさい^^
うちへのTBいっぺーにふぇーでーびたんm(_ _)m
くりからんゆたしくうにげーさびら♪

沖縄に行かれた、沖縄ことばが好きだ、とあったので、
うちなーぐちで書いてみました^^
はじめまして。
TBありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
 
映画、やっぱりいいんですね…
基地や経済など、ヤマトではまだまだオモテに出てこない事情も踏まえてますか…
それは画期的。「ちゅらさん」では出来なかったことが、ようやくできるようになったんですね(*^-^*)

沖縄をフィルターとして見た色々を書いているのが私のブログ
「なんくるないさぁ~やってみれ~♪」です。
大津留さんにもご関心ありそうなことを書いていると思いますので、
また見にいらしてくださいね^^

泣いたっていい、生きていきましょう…
お互い、体はたいせつに。

見てきました。
終演時、涙していた女性が少なくなかったようです。

その後、公式ホームページを見ていたら、ブログのリンクがあり、それを開くと
【あなたの大切な人に送る、17文字のメッセージ
 あなたの大切な人に綴る、31文字の手紙】
というページがありました。
大津留さんお得意の分野ではないでしょうか?
既に、御覧のこととは、思いますが・・・

https://ssl.toho-movie.jp/senden/nss_oubo/

お返事ありがとうございました!^^
コメントの場所が、どの記事なのかが判らず遅くなってしまいゴメンナサイ!!!(もたもたより^^;)

うっ!ビックリしました。
一瞬「きっこ」を押しちゃったのかと‥^^:

>結果は「何もなかったよ」
それは良かったですね♪^^
涙そうそう‥映画観てませんが、歌は素敵ですね。
(TB送らせていただきました。)

>前のYaplogでは、一杯ブックマークがありましたが、cocologでは制限があるのでしょうか?→いいえ単純にココログの使い方がそこまで行ってないだけです。
まだ1週刊ですから・・

>独自性を発揮しNight!
→林恵子さんの壁紙はその内変えます。
飽きっぽいですから・・・

「きっこ」の真似というのは、どうなの!

この壁紙は、林恵子さんが作ったんだね。
それで、左のリンクをクリックすると、
「きっこのブログ」みたいなブログがずらりと並んでいるんですね。

でもやっぱり、ブログ界で一応有名らしい大津留さんが「きっこ」の真似というのは、どうなの!
独自性を発揮しNight!

ところで、その「きっこのブログ」がブックマークされていませんね。
前のYaplogでは、一杯ブックマークがありましたが、cocologでは制限があるのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/12137855

この記事へのトラックバック一覧です: “生きる”という意味(涙そうそう):

» 秋の夜長‥“懐かしい映像と笑い” をどうぞ!!! [わんばらんす]
毎日イヤな事件が続いていて、ちょっと笑いが足りないと思いませんか? お笑いブームですけど‥たまには質が違う“笑い”もいいもんです。 それで、今日はらんきーブログのマネっこを‥^^; マイケルジャクソ... [続きを読む]

» 映画『涙そうそう』(お薦め度★★★) [erabu]
監督、土井裕泰。2006年日本。家族愛ドラマ。出演、妻夫木聡(新垣洋太郎)、長澤 [続きを読む]

» 涙そうそう (フリーパス7本目) [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★ 冒頭、船首で手を振っている成長した妹の姿に、微かなとまどいを見せた兄の洋太郎。あれは、絶対に心の中で“ガッツポーズ”を取っていたと思います。 この妹を男性から見たら、異性を意識した10代の頃の男の“願望”でしょう。 もしも、こんな可愛い妹だったら? 兄を頼って島から出てきて、一緒に暮らせるなんて・・・(笑) 思春期に素敵な同級生と一緒に暮らせたら良いよな〜!そんなことを考えていた時期もありまし... [続きを読む]

» 涙(なだ)そうそう [観劇レビュー&旅行記と日記]
     (タイトル写真は 大津留さんのブログ より転載) 映画「涙そうそう」を見た。 アクションも派手な演出も無く、淡々と話が進む。 それぞれ幼い子連れの二人が一緒になり(映画の中では結婚した様子はない)、兄妹として育ち大人になってゆく過程が回想シーンとして展開される。 兄は妹が血の繋がらない妹と知っているが、妹はそういうことは知らず「兄は血の繋がった兄だと思っている。」と兄は思って�... [続きを読む]

» 『涙そうそう』 [映画大陸]
 古いアルバムめくり ありがとうってつぶやいた  いつもいつも胸の中 励ましてくれる人よ  晴れ渡る日も 雨の日も  浮かぶあの笑顔 想い出遠くあせても  おもかげ探して よみがえる日は 涙そうそう〜♪  実はこの曲、意外と好きです。何となくフトした瞬....... [続きを読む]

» 「涙そうそう」300円OFF情報 [なんくるないさぁ~やってみれ~♪]
あぁ…やられましたわかってました…私、この映画は泣くと…しかし、まさか、公式HP見ただけで泣かされるとは思いませんでしたよ…;;映画は、まだ観てません(爆)「泣かせる」つくりになってはいるんでしょうけどね…公式HPで、まず私を泣かせたのは、あまりに美しい沖縄の... [続きを読む]

» 「涙そうそう」(2006) [TMDiary]
監督:土井裕泰 出演:妻夫木聡、長澤まさみ、麻生久美子、塚本高史、中村達也、平良とみ、小泉今日子 他 2001年、沖縄。いつか自分の飲食店を持ちたいと夢見る心優しい青年、稲垣洋太郎(妻夫木)。この日、高校に合格した妹のカオル(長澤)が、オバァ(平良)と暮らす..... [続きを読む]

» 「涙そうそう」こんな映画好きじゃない [soramove]
「涙そうそう」★★★ 妻夫木聡、長澤まさみ主演 土井裕泰 監督、2006年 登場する沖縄の人達の独特の イントネーションが耳に優しい。 これは沖縄から遠く離れて、旅行で行くような 「ハレ」の場所だからそう感じるのだろう。 主人公の暮らすビルの屋上...... [続きを読む]

» 妻夫木聡×長澤まさみ『涙そうそう』photo story book [アタッカーズブログ]
“涙そうそう”とは、涙が溢れて止まらないという意味の沖縄方言――。妻夫木聡、長澤まさみが沖縄に生まれ育った兄妹の切ない愛を演じる映画『涙そうそう』の写真集。約2ヶ月に及ぶ沖縄ロケを1冊に凝縮。妻夫木、長澤の特写&インタビューも掲載。妻夫木聡×長澤まさみ『涙そうそう』photo story book... [続きを読む]

« 君に似し姿を街に見る時の | トップページ | 「憲法9条を世界遺産に」(プレイボーイ版) »

カテゴリー