無料ブログはココログ

« イギリスの核はなくなる? | トップページ | 銀の少女 »

サフラン

今週の歩数は78534歩一日平均11,219歩で一日一万歩目標達成。

11月26日の花:サフラン
花言葉:愛への誘い
短歌:開拓地の楽草サフラン摘むという勤労奉仕の一日ありき 
ひと言:香辛料として知られるサフランですが、楽草としても大切にされて来ました。
勤労奉仕で花摘みの手伝いをした昔を思い出します。
Saffron_1

鳥海昭子
ラジオ深夜便
誕生日の花と短歌365日
より
サフランがお気に召した方は
人気ブログランキングへ(現在50位です)


asahi.netの関連記事を紹介します。


« イギリスの核はなくなる? | トップページ | 銀の少女 »

コメント

大津留さん、花からサフラン摘んできてください。
料理にとても合いますよ。私は、パエリアなんかを作ってみたいですね。

あんくるトムさん、確かにサフランは高いですね。
スーパーでも最近みかけなくなりましたね。
福岡ならば、岩田屋地下街や三越あたりにいけば絶対ありそうですけど。東京だと、伊勢丹だとか、高級スーパーあたりにいけば手に入るようですよ。

ブイヤベースにも入っていないとしたら、
どうやって色をつけているのでしょうか?
トマトとかでしょうか?

日本国憲法擁護連合さん
高価な薬草なんですか?

あんくるトムさん
サマルカンドに行かれたことがあるんですか?
その記事をリクエストします。

junskyさん
仰せの通り載せ忘れです。載せました。

その花の写真はないの?

サマルカンドで見ましたよ。その、薬草。
ガラスの小さい瓶に入れてうっていました。
今では高すぎて、ブイヤベースにも入っていないことが多くなりました。

サフランは高価な薬草ですね。
よく、サフランライスとか、パエリアによく使う
薬草ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/12839230

この記事へのトラックバック一覧です: サフラン:

« イギリスの核はなくなる? | トップページ | 銀の少女 »

カテゴリー