無料ブログはココログ

« 自分の子供を「余人をもって代えがたい」という親 | トップページ | にあんちゃんと楢山節考 »

2000万円の森伊蔵

定価が2,381円なのに実勢30,000円以上で売られている日本で一番高い焼酎がある。
その名は「森伊蔵」
その箱の中に焼酎でなく2箱分2000万円を入れて送った人と貰った人がいるようだ。
そもそもその箱の中に1000万入るのかという問題が指摘されている。
「森伊蔵」4合瓶の箱は縦9cm横9cm高さ28cmという
札束を「一箱に1000万円」入れるのは大きさ的には十分だと思う。

宴席は昨年9月14日夜、東京・銀座の高級料亭「吉兆」の2階で行われた。
出席者は石原知事と三男の宏高衆院議員、糸山氏、水谷被告、埼玉県の石材業者T氏の5人
告発したのは吉兆会談に付き添った福島の建設談合で脱税に問われている水谷被告の「金庫番」と言われる女性経営者。

ここまで具体的な事実が指摘された以上石原慎太郎都知事は辞任すべきだろう。

Photo_4

焼酎がなければ随分軽い「森伊蔵」だったことだろう。

せめて綺麗なおちょこで「森伊蔵」の一杯でも飲みたいものだ。

以下9つの記事を紹介します。

1.06年12月8日付け日刊ゲンダイは、予告的にこう報じました。

「昨年秋の総選挙で三男の宏高氏(42)が当選した直後、福島県知事汚職で登場した水谷建設の元会長(61)と親子で祝宴を開き、500万円を手渡されたのではないかという。三男の資金管理団体などの政治資金収支報告書には記載されていないが、紙袋が料亭に運ばれたのは間違いないとの証言もある。(中略)疑惑の祝宴は石原ファミリーを直撃することになるのか」

2.12月10日付しんぶん赤旗日曜版はこう報じました。
これが決定打になりこのあと多くのマスコミが取り上げるようになりました。
但しこの時点では2000万ではなく500万でしたが・・

『当時、糸山事務所の秘書室長だった人物(現在退職)は編集部に証言しました。
 「会合の数日前、糸山氏から『宏高氏に当選祝いを渡そうと思う。水谷氏に五百万円出してほしいから連絡してくれ』と指示があった」
 「以前から知り合いだった、水谷氏の知人女性に『当選祝いを持って行くので水谷さんとして五百万円を用意してくれないか』とお願いした」
 女性は会合の当日、「紙袋」持参で元秘書室長を訪問しました。
 「中の札束は確認していないが、当然五百万円だと思った。紙袋は経理担当の別の秘書に『水谷からの例の五百だよ』と言って渡した」と元秘書室長は話しています。

3.週刊新潮06年12月21日号は上の赤旗日曜版の記事を紹介した上でこう某女史の話を具体的に報じている。
この具体的生々しい証言は作り話では絶対にありえないでしょう。

「私が持っていった時、(糸山事務所秘書室長)は、この金を「森伊蔵」の箱に詰め替える、といってました。糸山さんが、自分で1000万円、また、この日の会合に参加する埼玉の石材業者が500万円、そしてこちらの500万円を合わせて、2000万円にして、渡すというのです。(糸山事務所秘書室長)さんとは別の秘書二人が「森伊蔵」の箱に詰め換えたそうです。あとで聞くと、私がつけた熨斗袋を破り、また、現金を100万円ずつ束にして結んであった。UFJ銀行の封筒もとって、数えなおしたそうです。わざわざA4の紙を切って白い帯を改めて作り、封をしたと聞きました。」
「一箱に1000万円ずつ入れて、二箱にしたそうですが、1000万円の束を八つずつ縦にして居れ、残り二つは、アーチ状に折って上に乗せたと聞きました。そうしないと小さな「森伊蔵」の箱には1000万円が入らなかったのです。」

4.「週刊朝日」06年12月22日号は、
会合に出席した「キーマン」の500万円を含めた現金2千万円が焼酎の箱に入れられ、石原都知事に渡されたほか、知事の政治資金収支報告書にその記載がないとする証言を掲載している。

5.夕刊フジ12月11付けは夕刊フジ 石原ファミリー“金銭授受疑惑”…糸山氏「選挙妨害」としてこう報じている。

 この宴席について、石原知事は「私は糸山君を昔から知っていて、(宏高氏の)当選祝いをやろうということで会に行った」(東京新聞8日朝刊)といい、宏高氏も「水谷氏とはその時が初対面。その後ああいう(脱税)事件が起きて驚いた」(赤旗日曜版10日付)と出席は認めている。
 ところが、この宴席に絡み“金銭授受疑惑”が浮上している。

 水谷被告に近い関係者はこう語る。

 「宴席の前日(13日)、糸山氏の秘書室長(当時)から水谷氏と懇意な女性経営者に『(吉兆で)当選祝いを渡したい。水谷氏の方で500万円を用意してほしい』と電話があった。水谷氏と相談して女性経営者が立て替えた。14日午後3時半過ぎ、女性経営者は銀行で新札に替えた500万円を包装紙に包み、三田にある糸山タワーの糸山氏の事務所に届けた」

 「当選祝いは水谷氏側の500万円と、糸山氏の1000万円、石材業者T氏の500万円を合わせた2000万円らしい。女性経営者は糸山氏の別の秘書から『お金はお土産として渡す(高級焼酎の)森伊蔵の箱2つに入れた』と聞いたが、後で調べると、宏高氏や石原知事の政治資金収支報告書には掲載がない。不信感が重なった女性経営者は今週中にも、糸山氏に500万円の返還請求訴訟を起こす」

 これと符合するのが前出した赤旗の記事。糸山氏の元秘書室長は、女性経営者に500万円を用意するようお願いしたことと、女性経営者から現金が入ったとみられる「紙袋」(=包装紙)を受け取ったことを認めているのだ。

 事実なら、政治資金規正法違反の疑いもある驚くべき話だが、石原知事は先週末、日本テレビの「(吉兆で)金銭の受け渡しは?」との取材に、「私は関係ない。糸山さんに聞いてくださいよ」と答え、宏高氏も「金銭は一切頂いていない」と金銭授受を否定している。

 キーマンである糸山氏は夕刊フジ取材に「ガセネタ。石原知事の続投阻止を狙う選挙妨害であり、恐喝未遂事件ですよ」といい、こう説明する。

 「あの夜、吉兆で宴席があったのは事実。私が米国出張中に秘書がセットしたもので、私も石原知事も水谷氏とは初めて会った。宴席費用の68万円は払ったが、新人議員の宏高氏に私が1000万円も渡すわけがない。大体、森伊蔵の箱に1000万円は入らない」

 「20年も国会議員をやってきて(政治資金関係の)法律は熟知している。マスコミに『水谷氏が特捜部に金銭授受を認めた』という情報が流れたようだが、不正があれば、私も石原知事も事情聴取を受けているはず。それは一切ない。逆に、水面下で金銭の要求のようなものはあった。向こうが提訴するなら、(恐喝未遂などで)捜査当局に相談したい」

6.しんぶん赤旗日曜版12・17号
石原親子の問題やダボス会議などの海外出張の問題を都議会で取り上げたことが載っています。

7.週刊ポスト 1.1/5号の記事「石原慎太郎スキャンダル包囲網に出口なし!?」によると

糸山関係のNPO法人「糸山政経塾」の専務理事で埼玉県の霊園開発業者が吉兆会談に同席し東京進出を「請託」したと言う。これは贈収賄になる可能性が出てきたと言う事だろう。

糸山氏に500万円の返還請求訴訟を起こす女性経営者の弁護士は有力検事のOBの法律事務所で水谷被告の弁護士も東京地検特捜部長経験者のようだ。
検察は連携して巨悪に立ち向かっているのだろか?

片や東京都の管轄下の警視庁捜査四課が「恐喝未遂」容疑で吉兆会談の写真を民主党やマスコミに持ち込もうとしていた人物の内偵を始めたと言う記事もあった。

石原側と検察側がせめぎあっているということだろうか?

8.週刊現代12・30号の「親バカ子バカ石原慎太郎一家の‘都政私物化‘」では
4ページわたる写真が外遊関係のデータと共に紹介されている。

9..しんぶん赤旗12月24日付には
糸山氏の元秘書室長、水谷被告の知人女性、水谷被告本人からの証言が出ている。
去年の総選挙でも石原氏の3男に50万円の現金が渡したことや水谷建設が企業ぐるみ選挙を行った事が書かれている。

本多勝一氏と斉藤貴男氏のコメントの紹介されている。
本多氏は「こんな男の正体を書かないできたマスコミにあり」と言い
斉藤氏は「石原氏は都政をさんざん私物化してきたのに、多くのマスコミが口をつぐむ状況がありました。」
と一様にマスコミを批判しています。

しかし斉藤氏は同時にこう結んでいます。

「マスコミが動き、書き始めました。次は選挙民の良識が問われます。」

この平成版越後屋事件は今年から来年にかけての一大事件になるでしょう。

良識ある選挙民としてはマスコミの良心にも期待をしたいところです。

参考になりましたら →人気ブログランキングへ

« 自分の子供を「余人をもって代えがたい」という親 | トップページ | にあんちゃんと楢山節考 »

コメント

日本国憲法擁護連合さん
更にどうも・・
早速オーマイニュースに投稿しました。

長々と書き込んでしまってすいません。それだけ私は石原という男が大嫌いで仕方がないからです。こいつは正真正銘の軍国主義右翼です。徹底的に叩いて打倒するほかないと思っています。ともにブログから石原辞任キャンペーンを展開していきましょう!私が東京から福岡に帰ったのは、石原というファシストが都政を牛耳りだしたからです。石原が辞任したり打ち倒されれば私は東京で生活したいのです。ということで、失礼しました。

日本国憲法擁護連合さん
私の記事よりも長いコメントをわざわざ書いていただいてありがとうございます。
石原氏は辞任していただくしかないでしょう。

石原の醜態が露呈してきています。石原の徹底したネガティブキャンペーンを大展開しファシスト石原を辞職に追い込みましょう!ブログで石原大キャンペーンを展開しましょう。ハイエナと石原に名指しされた日本共産党、その機関紙しんぶん赤旗の石原疑獄の追求はさえています。石原は気に入らない町を浄化すると称して、ファシスト的に展開してきましたが、ようは自分の懐にカジノだのオリンピックなどの利権を一手ににぎりたいということだったようです。このへんも絶対金にまつらう話があるはずですから徹底的に調べ上げましょう。噂ではカジノは新たな警察利権だともいわれ、石原が警察官僚を都政に参画させ異様な人事をやってきたのもそんなところにありそうです。石原の前の都知事だった青島さんが最近なくなられましたが、石原都政も終焉させましょう。東京をファシストの手から奪還する世論運動をまきおこしましょう!

石原都知事ファミリーへの「2000万円ウラ献金疑惑」で、新たな証言が出てきた。銀座の高級料亭
「吉兆」の宴席に同席した水谷建設の水谷功元会長(61=脱税事件で公判中)が初めて口を開いたのだ。
 水谷建設グループは、昨年秋の総選挙で、東京3区の石原宏高議員(42)の選挙に社員を総動員、
決起集会では水谷元会長が50万円の祝儀を差し出したことになっている。そして宏高議員当選から3日後
の9月14日、吉兆に写真のメンバーが集まり、1000万円ずつ入った焼酎「森伊蔵」の箱2つが都知事側
に渡ったとされている。

 この2000万円のうち500万円が水谷元会長の分で、会長と親しい女性が立て替えたという。
 その知人は本紙の取材に、「1000万円は都知事と親しい糸山英太郎元衆院議員が負担、残りは石材会社社長
と水谷さんが500万円ずつです。水谷さんの熨斗(のし)紙をつけたお金を糸山事務所に運んだ」と答えている。
 石原親子は金銭授受をすべて否定、糸山元議員も「作り話」としているが、本当はどうなのか。同席した関係者
が2000万円ウラ金を認めたのに加え、水谷元会長も18日発売の「週刊朝日」の取材で、「その話は聞いた」

「(都知事は)感謝していた」などと答えている。50万円と500万円の“献金” を認識しているというのだ。
「当然、水谷元会長や関係者は、検察の事情聴取でも同じ話をしている。検察は“500万円では少なすぎる”と
事件化には躊躇(ちゆうちよ)しているが、これだけ報道されると無視もできない。年明け1カ月くらいが、事件
になるかどうかの分かれ目でしょう」(司法関係者)
 石原親子は眠れない夜が続く。

■ソース(日刊ゲンダイ)【2006年12月18日掲載記事】
http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/21gendainet02029835/

http://www.asahi.com/politics/update/1218/003.html
朝日新聞夕刊2006年12月18日 
-------------------------------------------------
四男のスイス公費渡航 「私も頼んだ」と石原都知事
2006年12月18日10時16分

東京都の石原慎太郎知事の四男、延啓(のぶひろ)氏(40)が04年1月、スイスに公費で渡航していた問題で、
石原知事は17日夜に出演したフジテレビの番組で、「私からも『君やってくれ』と息子に頼みましたよ」と述べ、
自らの関与を認めた。

延啓氏は、スイスで都が開いたパーティーで、演目の大鼓演奏の舞台背景制作者として公費渡航した。
石原知事は、延啓氏の知人の大鼓奏者から、事前に「(延啓氏に)頼んでいいか」と相談を受けていたことを明らかにした。
その上で、知事からも延啓氏に依頼した理由について「ただ働きする人間はそう簡単に見つからない。
東京のためによかれと思っただけ。費用対効果の問題だ」と弁明した。

事前調査と合わせ、約130万円の旅費を支出したことには、「執筆料を払ったわけでなく、
自費で行くまでの仕事じゃない。だから旅費は公費で出した」と説明した。
-------------------------------------------------------------
最後の、「自費で行くまでの仕事じゃないから公費で出した」って・・・・
「ただ働きする人間はそうはいない」って言葉と完全に矛盾してるんですけど・・・

★水谷建設 選挙前にも宏高衆院議員に裏金疑惑
ソース http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/society/story/17gendainet02029786/

 日刊ゲンダイ本紙が13日、詳細に報じた石原慎太郎都知事(74)と三男・宏高(42)
親子の2000万円疑惑――。宏高氏は「2000万円はもらっていない」と完全否定したが、
金銭授受疑惑はそれだけじゃなかった。次から次に出てくる疑惑に、石原親子はどう答えるのか。

 豪華な和室に並んで写る7人の人物――。問題の料亭会合の写真だ。撮影されたのは昨年の
9・11総選挙の3日後。東京・銀座にある高級料亭の一室での一枚だ。宏高を中心に、石原
知事、水谷建設元会長の水谷功(61=脱税で起訴)、元衆院議員の糸山英太郎氏(64)、
糸山政経塾生である埼玉の石材業者らが写っている。この宴席で、幻の焼酎「森伊蔵」の空箱
2つに詰められた2000万円の受け渡しが行われたとされる。
 宏高議員は本紙の取材に対し、「2000万円も森伊蔵ももらっていない。水谷氏とはそれ
までお会いした記憶もない」と言ったが、この会合に参加していた水谷の知人は、「水谷会長
と宏高氏は以前も別の会合で同席したことがある」と語った。しかも、そこでも金銭の受け渡
しがあったというのだ。

 「写真の祝宴が開かれるちょっと前、8月22日のことです。総選挙に出馬予定の宏高氏の
決起集会が品川のホテルパシフィックで開かれ、私と水谷会長もそこに参加しました。私たち
は受付で宏高氏の秘書の島田氏に、会長から50万円、私は自分の会社名義で5万円を渡した
んです。宏高氏は会場の中にいたから、私たちに気付いたかどうかは分かりませんが、水谷建
設からは選挙応援のために社員まで動員していた。私と会長が渡した55万円について、島田
氏は『あとで領収書を送る』と言いながら、送ってこなかった。政治資金収支報告書にも記載
されていませんでした」
 この知人によると、水谷が宏高に献金をしたのは、この日が初めて。
 糸山氏から「宏高を応援してやってくれ」と頼まれたのがキッカケだったという。気前のい
い政界のタニマチだった水谷はあいさつ料のように50万円を渡し、人も出して応援した。
その延長線上に2000万円疑惑が重なるのである。

 石原宏高氏はこう語った。
「島田秘書に確認したが、50万円も5万円も受け取っていないと言っている。渡したと言う
人からの連絡もない。領収書を発行して欲しいのであれば、改めて、事実を調べて政治資金収
支報告書も修正するが、そのような申し出もない。ホテルパシフィックのパーティーは800
人が来て、壇上であいさつしたので、水谷会長に会ったとしても記憶にない。水谷建設の人に
選挙応援をいただいた認識はなく、糸山先生の関係の応援だと思っていた」

 この説明で、有権者は納得できるだろうか。

四男への仕事依頼、「自ら仲介」石原都知事が認める
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061217-00000115-yom-soci

東京都が2004年1月にスイス・ダボスで開いたパーティーで、石原慎太郎都知事の
四男の画家(40)が大鼓演奏の舞台背景の絵などを制作し、旅費など計175万円が
公費から支出されていた問題で、石原知事が17日夜、フジテレビの番組に出演し、
「私からも四男に『君やってくれるか』と頼みましたよ」と述べ、自らが仲介したことを認めた。

石原知事は「急に決まったことだったので、『四男に頼んでいいか』と聞かれ、私も『いいよ』と答えましたよ」
と明かした上で、「画料を受け取っているわけではない」として、旅費を公費から出したのは問題ないと
改めて強調した。

都はこれまで「四男に制作を依頼したのは大鼓演奏家側の意向で、知事の口添えはない」と説明。
石原知事も7日の都議会で「(パーティーの企画を)受託した会社から委託され、派遣されたもの」と答弁していた。

★石原宏高氏の疑惑秘書、辞職へ…不透明授受に関与か

・巨額脱税事件で起訴された「水谷建設」元会長、水谷功被告(61)との宴席が発覚した
 自民党の石原宏高衆院議員(42)。新たに一部週刊誌で、水谷被告らから秘書に
 現金がわたっていた疑惑が報じられたが、この秘書が今月末で辞職することが14日
 分かった。一体何があったのか。

 辞表を提出していたのは石原氏の公設第一秘書S氏。かつては石原事務所の金庫番と
 いえる事務局長を務めていた。

 石原氏については、昨年9月14日夜、東京・銀座の高級料亭「吉兆」で、父親の石原慎太郎
 都知事(74)と水谷被告、糸山英太郎元衆院議員(64)を加えた宴席での“2000万円
 授受疑惑”が注目されているが、14日発売の「週刊新潮」は、水谷被告と懇意な女性
 経営者の証言として、新たな疑惑を報じた。

 同誌によると、昨年の総選挙直前、東京・品川のホテルパシフィックで石原氏の支援
 集会が開かれた。この場で、水谷被告から50万円、女性経営者から5万円がS秘書に
 渡されたが、これが石原氏の政治資金収支報告書に記載されていないというのだ。

 この疑惑は報道関係者の間に広まっており、その真偽をめぐり新聞や週刊誌の記者らが
 S秘書に取材をかけており、突然の辞職情報に「裏に何かあるのでは?」と憶測が
 飛び交った。

 石原氏は14日午後、本紙取材に「S秘書に確かめたが『55万円は受け取っていない』と
 言っている。水谷氏側から『領収書がほしい』との要請も一切ない。S秘書は品川区長選が
 終わった10月初め、一身上の都合で辞表を出しており、今回の騒動とはまったく
 関係ない」と話している。
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_12/t2006121425.html


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/13170553

この記事へのトラックバック一覧です: 2000万円の森伊蔵:

» 3選を狙う石原都知事の公私混同 [S氏の時事問題]
<都知事選>石原氏が3選出馬表明へ  東京都の石原慎太郎知事(74)は7日午後に開かれる都議会本会議で、来年4月8日投票の都知事選に3選を目指して出馬することを正式に表明する。自民党の代表質問に答える。09年10月の2016年夏季五輪開催都市決定に向け、引き続き招致活動の先頭に立つなど3期目の都政運営にあたりたい考えだ。石原知事は今年5月にテレビ番組に出演した際、初めて3選出馬に意欲を示した。さらに、8月の五輪国内�... [続きを読む]

» 保守化した日本は世界から孤立しつつあるのか [薫のハムニダ日記]
早いもので、2006年も残りわずか数日となりました。毎年この時期になると思うのですが、今年は特に時間が経つのが早かったような気がします。それだけいろいろとあったということなのでしょうけど。 んで、今年一年を振り返る報道の企画モノというのが今月に入ってからいろいろとありますね。下の記事は聯合ニュースが2006年の主要国の動きをまとめた記事の日本編です。それではどうぞ。 ≪2006国際≫⑧“強い国家”志向、保守化した日本 改憲推進など国家主義の深化-国際的孤立の憂慮も 【東京=聯... [続きを読む]

» 06年12月24日・日曜日 メリークリスマス 地方議員はボランティア [護憲+グループ・ごまめのブログ]
06年12月24日・日曜日 メリークリスマス  報道2001は何時も見ている。竹村健一氏がメディアに登場した当時は彼を尊敬の眼差しで見ていたが、あまりにもアメリカよりの発言が多く嫌いになってしまった。  これはどの番組にも云えるが、その発言内容は私個人としてみていて気に入ったもの気に入らないものが有るので適当にセレクトして見ている。  今朝は、珍しく面白い話が聞けた。  今日のパネラーは日本新党代表の田中康夫氏 自... [続きを読む]

» とんまつりよ永遠なれ [BLOG BLUES]
三浦しをんの「三四郎はそれから門を出た」は、 実に魅力的な書評エッセーであり、俎上にのぼったどの本にも 食指が動いたのだが、就中、天性のユーモリストたる著者をして 『笑い死ぬこと必至』と太鼓判を押させた、みうらじゅんの 「とんまつりJAPAN」(集英社文庫)は、ソッコー、 ゲットと相成りました。とーぜん。 僕は、昨秋の郵政選挙以来の、余りと言えば余りな政治および 政治報道の虚妄に腹を立て、当ブログを開設したのだが。本来、 非政治的な人間であり、政治についての意見表明など「なんだか... [続きを読む]

» ファシスト石原糾弾!動画特集〓1 [日本国憲法擁護連合〜法大OBのブログ]
ファシスト石原糾弾!動画特集〓1ということで今日はこれをご紹介します。石原は、法律は他人がつくった文言にすぎないといっていますが、それではご自分の条例は自分がつくったから従えというつもりなのでしょうか?これじゃあ駄々っ子もいいとこで、そのまま大人になったようなのが石原だといえるでしょうか?これでは法治国家という言葉が大好きな人たちはどうなってしまうのでしょうか?おっと、その実態も石原は口を滑らしてうっかり暴露発言してしまったということでしょうか?ともかく、こんな方は退場していただくしかありませ... [続きを読む]

» 世界まる見えテレビ特捜部 人気バラエティーの情報です [世界 まる見え テレビ 特捜部]
北野たけし、所ジョージ、楠田枝里子司会によるバラエティー番組、世界まる見えテレビ特捜部の情報です。 [続きを読む]

» 退職願いはどう書くの? [退職願いの書き方]
退職願い、退職届け、辞表の書き方・書式を、例文(文例・フォーマットでお教えしています! [続きを読む]

» 【タク@ホスト流】至急!限定!今日まで~!【月収100万円】 [ホストでも出来るメルマガ・ブログ・アフィリエトで初心者があっさりサックリ月収100万円]
1月31日までに登録の方100Pプレゼント!!是非!あなたの清き一票お願いいたします!(選挙かっ!いや戦争ですw)→人気blogランキング一日1クリックお願いいたしますm(_ _)m⇒ クリックで救える命がある。※企業名をクリック後、クリ...... [続きを読む]

« 自分の子供を「余人をもって代えがたい」という親 | トップページ | にあんちゃんと楢山節考 »

カテゴリー