無料ブログはココログ

« 嘉穂劇場第九コンサート | トップページ | ワイルドスワンは? »

武士の一分

Photo_2
「武士の一分」を見ました。
今年のベストテンに入る映画でした。

最初の山田洋次のシナリオは「愛妻記」だったという。
それではあまりいい題ではない。
やはりこの映画は「武士の一分」でなければならない。

「武士の一分」は「愛妻記」に関わっている。

なぜあだ討ちするのかときかれキムタク演ずる新之丞が
『「武士の一分」にかかわる事でございます。』と応える。
なんだか忘れられないフレーズになりそう。
Photo_3

ネット上の書き込みで最後の盲目の主人公が妻の手を取ってそれと理解するシーンは「街の灯」を思わせると言うのがあったがまさにそうだと思った。
「愛妻記」と名前を付けなかったことでこの映画は類いまれな「愛妻記」となった。

山田洋次は江戸時代の平和を高く評価する。
欧米の知識人は幕末の穏やかで謙虚で礼儀正しい日本人と農村の風景がユートピアのようだと語っている由

この映画は復讐劇、愛妻劇そして日本の文化の再評価劇である。

加世役の壇れいは元宝塚で中国公演では「楊貴妃の再来」と言われた由。
Photo

参考になりましたら →人気ブログランキングへ


« 嘉穂劇場第九コンサート | トップページ | ワイルドスワンは? »

コメント

大津留さんが『壇れい』を知っているとは意外でした。
私のブログにも書きましたが、素顔は美形なのですが、化粧負け(宝塚風化粧のことですが)していつも何か変な顔になっていたのが宝塚時代でした。
この映画では素顔の美しさを活かすメーキャップとなっていました。
最後の方の宝塚公演では、「王家に捧ぐ歌」で、エジプトの皇女・アムネリスを演じて存在感がありましたし、歌はあまりお得意ではなかったのですが、この公演ではアルト系の太いドスの利いた風格のある声をだしていました。
主役アイーダ(エチオピアの皇女)は、男役TOPの安蘭けい(現在星組TOP)、エジプトの将軍ラダメスには先だって星組を退団した湖月わたるが扮していました。この「王家に捧ぐ歌」は911を意識して宝塚オリジナルで創作された演目で、宝塚の歴史に残るものとなると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/13130020

この記事へのトラックバック一覧です: 武士の一分:

» 「日本国憲法は押し付けられたか?」−5 [9条の会を応援する有志のブログ]
憲法「押しつけ」論の幻 長いプロローグでした。 ここからが本編です 現憲法の骨格は日本からの提案だった! 「主権在民」 も 「象徴天皇」 も占領軍の最初の構想では明確ではなく、特に天皇の扱いには占領軍も苦慮していた。 そこに、在野の「憲法研究会」(鈴木安蔵他7名)が早くも1945年12月26日に「憲法草案要綱」を首相官邸に提出し、記者団に発表した。 「憲法研究会�... [続きを読む]

» 日本の民主主義の成熟度を採点しよう [とむ丸の夢]
『エコノミスト』の付属シンクタンクEIUが世界167ヵ国の民主主義の成熟度を評価して、日本を台21位としたことは前の記事で書きました。が、この結果は私たちの実感とかけ離れているような気がします。 そこでもう一度、私たち... [続きを読む]

» 武士の一分 [観劇レビュー&旅行記と日記]
12月1日ファーストデイ・スペシャルで、1000円で、この日公開されたばかりの、山田洋次監督の時代劇三部作の最後をかざる「武士の一分」を見た。 9時15分からのレイトショー。 比較的大きな会場に、半分くらいの入り。 さすが、山田洋次監督。 いわゆるチャンバラシーンは無く、当時の武家の宮使えの日常を描いてゆく。 今回は「お毒見役」。 6人のお毒見役が、殿様が食べる食材を分担して毒見をするという仕事である。 同�... [続きを読む]

» 「アイーダの信念」 [観劇レビュー&旅行記と日記]
11月11日放映の宝塚版・アイーダ「王家に捧ぐ歌」は御覧になりましたか? アイーダが歌う「アイーダの信念」の歌詞。 空で覚えている内容に付き、間違いがあるかも知れません。 お気付きの方は、お知らせください。 【誰かが言った。 「神は愛なのだ」と・・・  「愛ゆえに人は戦う」と。 (これはブッシュの発言を示唆)     私はこたえる。「騙されはしない」と。  「そんな言葉は誤魔化し... [続きを読む]

» 提案・保坂展人氏にランキング登録の勧め [あんち・アンチエイジング・メロディ]
今日もランキングの話しで恐縮だが、1位になった意味を考えたい。これは、私にとって事件である(笑)と同時に、私たち真に平和で暖かい社会を願う者たちが、「仲間」をつくる事、そして真実を知ってもらう事の重要性を考えたとき、日本社会では、ネットにおいても「ランク付け」が「たかがランキング」とは言えないようなのだ。... [続きを読む]

» 06年12月20日・水曜日 JR脱線事故と献金自粛 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
06年12月20日・水曜日  今日の新聞もテレビはJR脱線事故と首相が支持率回復のため大手行から献金自粛だ。           兎に角、銀行から献金を受けると国民の理解を得られず支持の低下につながるというのだろう。  国民のみなさん。だから 安倍首相は偉いのではなく、国民の信頼を損ね参議院で敗北すれば、今回の臨時国会に提出した様な自民党の提出した25法案全てが成立の様な芸当はできなく。彼が一番望んでいる憲法の改正も覚束無くなくなるので銀行からの�... [続きを読む]

» 09年12月21日・木曜日 本間会長の辞職と安倍さんはお坊ちゃま [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年12月21日・木曜日            政治とは違うが、元東京都知事の青島さんと私にとってはユニークな感じ野女優さんでムーミンの声の吹き替えをされていた岸田今日子さんが亡くなられた。  心から御悔やみ言いたい。  寂しいのはこりごりだが,其れも時代の流れだから仕方がない。  今年は私たち年代の有名人が沢山お亡くなりになった。私の回りにも黄泉の国に旅立った人が多かった。それは私が其れだけ歳�... [続きを読む]

» 日本の民主主義の成熟度を採点しよう 2 [とむ丸の夢]
 昨日に引き続き、日本の民主主義の成熟度を採点しよう! 恐れ入りますが、初めての方は昨日のエントリー、第1問から見てください。 [続きを読む]

» 壇れいの透明感に魅了される〜「武士の一分」に慟哭 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 強烈なアッパーカットを食らったような気分になった。久しぶりの心底からの感動。絶対見逃すまいと思っていた山田洋次監督の「武士の一分(いちぶん)」のラストシーン。どうやってハッピーエンドにするのかと思っていたら、そう「飯たき女」なんですな。実にうまい(原作....... [続きを読む]

« 嘉穂劇場第九コンサート | トップページ | ワイルドスワンは? »

カテゴリー