トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« にあんちゃんと楢山節考 | トップページ | 聖樹(短歌) »

聖樹(俳句)

道二つ分けて聖樹の光かな
賑わいに聖樹輝き我群れず
靴音の高き師走のオフイスかな
通勤靴履き替えて寒きオフイスかな
はかりごと冷たい雨に打たれつつ
この街の魅力は師走に輝けど
この道は先見通せる師走道
冬道をこれからも行く太き道
マフラーをくるっと巻いていざゆかむ

参考になりましたら →人気ブログランキングへ


|

« にあんちゃんと楢山節考 | トップページ | 聖樹(短歌) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖樹(俳句):

» クリスマスに死刑を執行する国、ニッポン [薫のハムニダ日記]
死刑執行:4人に 安倍政権で初 1年3カ月ぶり ◇死刑制度の維持したい法務省の強い意思  9月末に就任してからまだ日の浅い長勢甚遠法相が25日、一度に4人もの死刑執行を命じたことは、毎年執行の実績を積み重ねることで、死刑制度の維持を確かなものにしたい法務省の強い意向を反映している。杉浦正健前法相が死刑執行命令書への署名を拒否したまま退任したことから、同省としては今月の執行を逃せば14年ぶりに「死刑執行なし」になるという事情があった。 (毎日新聞 2006年12月25日) 今日、12月25... [続きを読む]

受信: 2006年12月25日 (月) 16時00分

« にあんちゃんと楢山節考 | トップページ | 聖樹(短歌) »