無料ブログはココログ

« イラク内戦説は疑問 | トップページ | 9.11 »

ちょっと古い記事ですが・・・

[憲法9条を変えて何が悪い]
憲法問題を学ぶ講演会の講演を聞きました。
講演:「憲法9条を変えて何が悪い」
講師」水島朝穂(早稲田大学教授)
この水島先生という人は話がすこぶる面白い。感覚も若くもっと話や本に触れたいと思った。以下短歌人の特徴である箇条書きにて要点を若干紹介します。
・ 平和のスリーナイン
憲法9条と憲法99条(憲法尊重擁護義務)をあわせて平和のスリーナインと言うそうです。
・ 立憲主義と民主主義は違う。
憲法とは為政者を縛るもの。国民の守るべき規範ではない。
「憲法を暮らしの中に」というのは憲法の意味合いから言って間違い。
絶対主義的権力は絶対的に腐敗する。(プルトン卿)
違憲審査権を中国に・・
裁判所の論理は人権と権力の分立
裁判所の論理は「思想・学問に立ち入ってはならない。」
(オームの裁判は全てオームの勝ち)
・ 憲法9条の意味は?
9条をいじろうとするのは権力者の規制緩和の要求。
日本国憲法は日本政府に精神性の高い命題を与えた。
31か条の人権条項がある(31-40条は全て刑事手続き)(権力者を疑っている)
歴史へのまなざしを欠いた憲法論は危ない。
・ 日本国憲法の出来るまでの歴史
明治40年の植木枝盛の憲法案には今の憲法より進んでいることもある。
(死刑廃止、女帝の規定あり)
鈴木安蔵(植木枝盛の研究者)の憲法研究会の案が日本国憲法の基礎になっている。
(これが翻訳されベアテさんなどGHQで多く採用され更に日本語に翻訳された>)
明治は天皇と戦った人の歴史でもある。
基本的人権は過去幾多の試練を経て出来たもの
・ 前沖縄県出納長 山内徳信さんの話
沖縄・読谷村の挑戦ttp://www.asaho.com/jpn/book/yomitan.html(山内・水島共著)
憲法に復帰したのであって日本国に復帰したのではない。(憲法愛国主義)
・ 保守派の各人の憲法問題への反応
後藤田正春や野中など元田中派→権力の怖さをよく知っている。
財界人→アジアで儲かるためには9条必要
それが自民党に微妙に反映している。
・ 9条を変えると何がどう悪くなる?
「社会権・災害被害者の権利・災害被害者の人権」などは全て付け足しの議論狙いは9条
① 9条が軍事合理性を否定している事を否定することになる
国連憲章で武力行使・戦争を否認→日本国憲法は武力威嚇・武力の保持を否定。
軍隊は中立性を保てない。
国連PKOは撃たれても割って入る思想
日本の外務省は北米局を中心に武力威嚇のカードが欲しい
テロの原因は飢餓・貧困・差別、武力の行使は新たな憎しみを生むだけ
コソボではミノシェビッチが退陣しそうになった時にNATOのセルビア空爆が起こりSTOPした。
(そのまま解決したら欧州で軍隊がいらなくなるから)
② 日本国民の自由を守れなくなる。
(すでに東京都では日の丸・君が代を大きな声で歌わせられる事態となっている。)
(徴兵制が次のステップとなる)
③ アジア民衆に対する平和の公約を破ることになる。
日本人の国民投票だけでなくアジア民衆の了解がいる。
→96条からは無理だが前文の「戦争の惨禍・・」からこれは言える。
憲法九条を変えなかったら初めてアメリカとの適当な距離をとることになる。
(ある86歳の財界人の言葉)

「国民的憲法合宿」完全ドキュメント~憲法96条を考える。
一泊2日で6人の一般の人が全員一致の結論を出す番組。~第96条・国民的憲法合宿
http://www.fujitv.co.jp/nonfix/library/2005/456.html
フジテレビの上層部で没になった?→ホリエモン事件で復活し?3・29に放映された。
最初は憲法改正に賛成が多かったが6人全員一致で最終的に出した結論は「改正案に結論を保留する」ということになった。
「憲法とは為政者を縛るもの。」ということを初めて知った人が多い。

9条の平和的合理性を世界に!

改憲派と揺るぎある護憲派に憲法9条を守ることの大きな意味を!

その気のある方は
人気ブログランキングへ


« イラク内戦説は疑問 | トップページ | 9.11 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/12975678

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法9条を変えて何が悪い:

« イラク内戦説は疑問 | トップページ | 9.11 »

カテゴリー