« 「博多町屋」ふるさと館他 | トップページ | 十日恵比須 »

2007年1月 9日 (火)

実りある憲法九条論議

「べそかきpaintboxの言いたい放題」さんの「痛快、壮快、闘ひ抜ひて勝て」

という1月7日の記事を引用して「痛快、壮快、闘ひ抜ひて勝て」という記事を書いてコメントを書いた。 それについて憲法九条問題が論議になったので紹介します。 こんな落ち着いた大人の論議をどんどんしたいものだ。

1. Posted by 大津留公彦    2007年01月07日 16:15 4 記事を紹介させて頂きました。 民主党に憲法擁護の立場に立って欲しいので余計な事も書いたことをお許し下さい。 相互リンクもお願いしたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。

2. Posted by paintbox    2007年01月07日 17:42 大津留公彦さん ご紹介頂きまして、ありがとうございます。 護憲派と言っても、いわゆる「九条の会」のように条文を全くいじってはいけないと言うのでは、イラクに自衛隊が派遣され、さらには、専守防衛さえ満足でないのに、海外派兵部隊「中央即応集団」を整備するんだ、などということになってしまいます。 現行九条の条文では、「戦争放棄」の国是を守るには不十分です。 民主党でも、私の支持しているグループでは、より九条の精神を徹底すべく、ここに専守防衛の限界を書き込むべきだ、と、主張しています。 特に、私は、祭政分離を謳っている憲法第一条の天皇象徴制を守るべき(皇国史観復活となる「天皇元首制」に反対)と考えていて、自分では、(条文主義でなく、憲法の精神を守るという意味で)究極の護憲派だと思っています。

3. Posted by 大津留公彦    2007年01月07日 19:56 4 憲法九条は戦力の保持そのものを放棄している世界でも先駆的なものです。 >イラクに自衛隊が派遣され、海外派兵部隊「中央即応集団」を整備する のは為政者の勝手な行為で憲法九条はそれを許していません。 アメリカと日本のネオコンを批判し今憲法を変えてアメリカと一緒に戦争をする国にさせないことが最も大事です。 民主党が「憲法九条を守る」という立場に立てば日本の政治は変わります。 それでなければ選ぶところのない不毛な二大政党論に国民は泣かされることになり、国民はそれとの闘いをせざるをえなくます。 今年の選挙は改憲派と9条派の闘いだと思います。 ともあれ今後ともよろしくお願いします。 私のブログの「よくおじゃまするサイト」に登録させて頂きました。

4. Posted by paintbox    2007年01月07日 21:00 大津留公彦さん 憲法九条は、よく言われていることですけれども、「戦力不保持」に「前項の目的を達するため」という制限をつけていて、「国際紛争を解決する手段として」の戦力は不保持となっているので、国民の生命と財産を守るために、自衛の戦力を持つことまで反対する民主党の議員はいないと思います。 集団的自衛権については諸説ありますが、小沢さんの「集団的であれ、個別的であれ、専守防衛に限る」という言い方で良いのではないかと、私は思います。 民主党は、枝野幸男さんなど、オープンな議員さんが多いので、民主党支持と言うことでなくても、お近くの国会議員事務所まで出向いて、秘書の方とお話ししてみるとか、ホームページで調べるか事務所に電話をして、国政報告会に参加して質疑の時間に質問・意見なさってみてはいかがでしょうか?

5. Posted by paintbox    2007年01月07日 21:15 (つづき) > イラクに自衛隊が派遣され、海外派兵部隊「中央即応集団」を整備するのは為政者の勝手な行為で憲法九条はそれを許していません。

私もそう思いますが、イラクに自衛隊が派遣されてしまい、小泉首相が違憲に問われていないのもまた現実であり、国民の中に、国際貢献のために日本も紛争地域に兵力を出すべきだということを言う人が少なからずいるのもまた現実です。 > アメリカと日本のネオコンを批判し今憲法を変えてアメリカと一緒に戦争をする国にさせないことが最も大事です。 リベラルの会の藤末健三参議院議員(ブログはhttp://fujisue.net/)は、多分、そういう意見だと思います。 ですが、解釈変更で米国との共同行動も自衛の範囲だと強行されてしまえば実質的に交戦と同じなので、私は、明確に九条の条文の中に、自衛権の限界を書いてしまうべきだと思うのです。

6. Posted by 大津留公彦    2007年01月07日 23:57 4 >イラクに自衛隊が派遣されてしまい、小泉首相が違憲に問われていないのもまた現実であり、国民の中に、国際貢献のために日本も紛争地域に兵力を出すべきだということを言う人が少なからずいるのもまた現実です。 小泉首相の責任はブッシュと同じくいずれ責任を問う日が来るでしょう。 何せウソの固まりの中でアメリカのネオコンが始めた前代未聞の戦争ですから・・ 去年の選挙でアメリカの民主党がやったように今年の選挙で日本の民主党も犯罪的イラク戦争加担の責任を追及すべきです。 ここで専守防衛という文言を入れるだけにせよ改憲を言う事は相手の術中に嵌る事です。 そんな小手先の事で平和は担保されません。 以下続く

以下続く 7. Posted by 大津留公彦    2007年01月07日 23:58 4 最も大事な事はアジア人2千万人日本人310万員の血であがなった世界遺産にも匹敵する憲法九条の価値を世界にも日本にも広げる議論が今日本国民にも世界の人たちにも共通に求められています。 まだ読まれていなければ太田光さんと中沢新一さんの「憲法九条を世界遺産に」をお読みになる事をおすすめします。 この本に関する記事をを3件トラックバックさせていただきました。 憲法九条は地球上の全ての人たちにとっての世界遺産です。

8. Posted by paintbox    2007年01月08日 13:22 大津留公彦さん > ここで専守防衛という文言を入れるだけにせよ改憲を言う事は相手の術中に嵌る事です。 そんな小手先の事で平和は担保されません 戦争に至る道のりを検討した本を読むと、条文主義はとても危険なように思えます。 現に、イラクに自衛隊が派遣され、恐らく、イラクやアフガンに連れて行かれるであろう海外派兵部隊が準備されつつあるのです。 現行の憲法9条では戦争放棄を貫徹する力が不足しているということです。 50年後に、歴史が小泉政権を検証してくれたところで、その間に無駄死にさせられた人の命は帰ってきません。

9. Posted by 大津留公彦    2007年01月09日 01:31 4 >戦争に至る道のりを検討した本を読むと、条文主義はとても危険なように思えます。 そうです。条文に専守防衛をを書き込んだところであまり意味がありません。 戦争をさせない国体的、国際的な運動の広がりが大事です。 その為には9条の精神を輸出する事はあれ9条を変えることは世界に流れに逆行します。 民主党が自民党と同じ改憲政党でないなら安倍首相が改憲すると言っている訳ですから選挙で憲法を争点にすべきです。 >現行の憲法9条では戦争放棄を貫徹する力が不足しているということです。 憲法九条に力が不足しているのではなく、ネオコンに対峙出来ない国民の力が不足しているのでしょう。 特に民主党の第二自民党とまで言われる戦争反対の意思の力が決定的に不足しているでしょう。 何でもいいから民主党に白紙委任するという訳には行きません。

10. Posted by paintbox    2007年01月09日 21:34 大津留公彦さんへ 議論が、平行線になっているので、逃げているとお感じになると思いますが、下記にてレスと致します。 http://blog.livedoor.jp/paintbox77/archives/50899582.html 国民の力が不足している、と、言うのでは、やはり「あの戦争」の失敗を繰り返すことになります。 民主党の力が不足しているのは確かです。福島瑞穂さんに「この体たらく」と言われようとも、衆議院の112議席では、305議席の自民党には対抗できません。 > 何でもいいから民主党に白紙委任するという訳には行きません。 この言い方を、安倍政権に対して主張して頂きたい、というのが、私の希望ですが、大津留さんの想いの通りに主張を続けて頂ければよろしいのでは、と、私は思います。

11.Posted by 大津留公彦

「憲法論議が重要です」を読ませて頂きました。改めて憲法九条問題以外は「べそかきpaintboxの言いたい放題」さんは私の考えと近いと思いました。 (文章力は私よりあるとも思いましたが・・) >国民が憲法に無関心でいる間に、憲法9条の条文を全く変更せず、次々と憲法解釈を歪めて、イラクに自衛隊を派遣することをきっかけとして、世界のあちこちに軍隊を派遣し戦闘を行ってくる日本にしてしまうことが、日本の国益に沿うのか、 憲法九条がある限り自衛隊は「戦争」は出来ません。 >「憲法」を、そして日本をどうするのかというテーマが、有権者の喉元にまで突きつけられていると私は思います。 これが参議院選挙で有権者にも自公にも民主党にも問われる最大の争点です。 とりあえずここで議論を一休みしたいと思います。 私のブログにも一連のやりとりを紹介させて頂きたいと思います。

参考になったらクリックを!→人気ブログランキングへ

« 「博多町屋」ふるさと館他 | トップページ | 十日恵比須 »

「憲法九条」カテゴリの記事

コメント

nobさん
コメントとTB有難うございました。
早速私のブログでも紹介させて頂きました。
このサイトは素晴らしいです。
よくお邪魔するサイトに貴ブログと本ブログを登録させて頂きました。
遅ればせながら「おすすめサイト」への登録ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

大津留さん、こんばんは。
興味深く読ませていただきました。

ブッシュ大統領がイラクへの2万人派兵を打ち出し、日本政府がこれに応じて空自の派遣延長を検討するなど、またイヤな空気が漂ってきたなと感じています。

アメリカ、イラク、日本の関係を分かりやすい絵本にして下さった方々がいます。
TBさせていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/13412013

この記事へのトラックバック一覧です: 実りある憲法九条論議:

» 新憲法草案が通ると住民投票ができなくなるよ。 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
天の瞳 幼年編〈1〉 「子供に教えるとか、しつけるとか、そんな傲慢なことをいうなって。子供に添うてやれって教えてくれたの。20人の子がいたら20通りの添い方がある。それを考えるのが保母の仕事だって」 昨年なくなった灰谷健次郎さんの小説「天の瞳」の冒頭部分に出て....... [続きを読む]

» 国民投票法をめぐる「民主党の限界」 [花・髪切と思考の浮游空間]
2人の対談からはじめたい。 杉 国民投票法案に関する主要な論点は何でしょうか。長 まずは、国会での発議から国民投票まで、一定の熟慮期間を置く必要はないか。それから、改正案を一括して投票にかけるのか、それとも個別の論点ごとにするのかというところでしょうか。私自身は、発議から国民投票まで2年以上の熟慮期間を置くべきだと思います。改正の可否について多角的に検討し、国民の間で論議する余裕をとるという意味もありま... [続きを読む]

» 伊吹文部科学大臣の疑惑 [津久井進の弁護士ノート(ブログ)]
 朝日新聞のスクープ記事ですが,伊吹文部科学大臣に,政治資金収支報告書に虚偽記載の疑いがあることが分かったそうです。 (→記事はこちら)  ところで,伊吹文明文部科学大臣のホームページ(→HPはこちら)におい... [続きを読む]

» From Vienna (Wien) [観劇レビュー&旅行記と日記]
Now I stay Vienna Austria for my business trip with my coalleagues. There are four members includ me and today is the fifth day of our trip. Everything are going well and the company which was invited us to Vienna treat us very kindly and honestly. T... [続きを読む]

» 右の翼左の翼(その1) [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
なんか・・ものすごく濃いネット生活を送った10日間でした。 右の翼の方も左の翼の方もた〜〜くさん来られている、今だから書くべき事を毎日考えているお玉です。 今日は最近本格的に復活している三輪のレッドアラートさまがおっしゃる、右や左の壁取っ払ってとにかく次の....... [続きを読む]

» 改憲を考えるシリーズ 〓憲法は押し付けられた憲法か? [日本国憲法擁護連合〜法大OBのブログ]
憲法改正が議論されるが、とりわけ「押しつけ憲法」論が改憲論者から声高に唱えられる。今日はそのことにふれてみたい。 そもそも、「押しつけ憲法」論とは、「現行憲法は日本が占領されていた時代にGHQよって強制されたものなので無効だ」という主張だ。この主張は今に始まったことでない。すでに、1950年代から改憲論者や自民党よって展開されてきた主張である。 2001年2月に活動を開始した衆参両院の憲法調査会でも、自民党委員からの強い要求で活動開始から何度も「日本国憲法の制定経緯」についての調査が行なわれた。... [続きを読む]

» アメリカと日本の関係がよくわかる「絵本3部作」完成! [★平和と健康★ 守ろう生かそう憲法9条25条]
 ブッシュ米大統領が10日、イラクに2万人以上の大部隊を派遣すると発表しました。これにはさすがのアメリカ議会も「ベトナム戦争のように泥沼化する」と反発の声が上がっています。  ところが日本政府は「イラク安定化のための米国のさらなる努力」と評価し、その応援策として、7月で期限が切れる航空自衛隊派遣を延長しようとしています。  なぜ日本政府はここまでアメリカに追随するのか、わかりやすく説明してくれた絵本が完成しました。  (文)マイリンさん (絵)うさあさん  <第1話>アメリカくん... [続きを読む]

« 「博多町屋」ふるさと館他 | トップページ | 十日恵比須 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ