無料ブログはココログ

« [愛妻記」か「武士の一分」か | トップページ | 藤原紀香さん『不都合な真実』観る »

シックハウス・化学物質過敏症と闘う

Logo
今夜の「ガイアの夜明け」でシックハウス症候群の患者の実態にショックを受けた。
家に50分しか居られず昼間は河原に、夜は友人宅を点々とする杉崎家の母と娘の姿には驚いた。
妻が花粉症で娘がアトビー性皮膚炎の我が家でも起こりうる話だと思いました。
リフォームの話もしているのでリフォーム後シックハウス症候群になった話は人ごととは思えなかった。

日本古来の建築技法を取り入れた工法は大事だと思った。
接着剤は手作りの米のりやニカワ、防虫・防カビには柿渋を使うという日本古来の建築技法を取り入れた工法は大事だと思った。
シックハウスになりにくい住宅を早く作ってほしいと思います。
政府の患者への救済措置とこの開発への支援の取り組みも必要だと思います。

少し気になったのはダイワハウスの高機能フィルターを使用した換気システムの紹介があったが広告の最後のシリーズでダイワハウスが出てきたことだった。
企業名が出てくる場合はその企業のcmを外すか、cmが出る場合は企業の紹介を外すのが民放の番組制作に関わる者のこころがけるべきことではないだろうか?

以下ホームページからの引用です。

タイトル
家があなたを壊すとき 〜シックハウス・化学物質過敏症と闘う〜

【内容】
建材などから放出される化学物質で体を蝕まれ、自分の家に住めなくなる人がいる。いわゆる「シックハウス症候群」だ。そしてシックハウス症候群になった人の多くが、家の外でも微量の化学物質に反応してしまう「化学物質過敏症」になるといわれている。専門家の調査によると現在、日本には化学物質過敏症だけで70万〜100万人の患者がいるという。
番組ではシックハウスや化学物質過敏症に苦しむ人々の日常生活を取材。このほか、日本古来の知恵を生かした住宅造りや換気をテーマにした住宅など、企業の取り組みも取材する。

★ある日突然シックハウスに
大阪にある吹角アレルギー科の吹角隆之医師のもとに、全国からシックハウス症候群や化学物質過敏症の患者が押し寄せている。名古屋に住む若野桂さん(39歳)も、その1人。若野さんは、板金工場だった場所を4000万円かけて自宅に改造した。シックハウスの知識を持っていた若野さんは、床には無垢材を使い接着剤も使わなかった。しかし、入居したその日から夫婦ともに呼吸が止まりそうになって夜中に眼が覚め、そこからシックハウス症候群、さらには化学物質過敏症とみられる症状に苦しみ始めた。
誰もがある日突然陥るかもしれないシックハウス症候群、そして化学物質過敏症。それは、どのようにして引き起こされるのだろうか。

★住む家がない・・・彷徨う患者たち
広島県に住んでいた平原年秋さん(58歳)・千加子さん(51歳)夫妻はあるときシックハウス症候群となってしまい、千加子さんは1年間寝たきりの生活をするほどの重症に陥った。150件の民家を見て回った末、行政をあげて有機農業に取り組む島根県柿木村に4年前に移り住んだところ、千加子さんは症状が落ち着き、外出もできるようになった。そして、化学物質過敏症患者のために役に立ちたいと、NPOも立ち上げた。
しかし、昨年夏ごろから異変が生じた。カビに反応しはじめるようになったのだ。やむなく再び家探しに奔走するが、住める家はなかなか見つからない。
一方、相模原の河原で強風に晒されながらビニールシートを敷いて佇むのは大学2年生の杉崎暢子さん(20歳)と母の順子さん(51歳)だ。2人はピクニックに来ているのではない。家にいると呼吸が出来ないほどの症状になるため、やむなく河原で過ごしているのだ。
2人の症状が出始めたのは数年前。近隣の工事で使われた化学物質が家に流れ込んだことが原因とみられ、順子さんは工事当日から胃痙攣などの重い症状が起き、暢子さんは極微量の化学物質に反応するようになった。一方、父の義文さんと次女には自覚症状は出なかった。
義文さんは暢子さんと順子さんの送り迎えや雑用を一手に引き受け、2人のために機械設計士の仕事も一時中断した。同じ家にいて化学物質過敏症になる人間とならない人間がいる場合、家庭内で亀裂が生まれることも多い。かつては杉崎家もそうした状況で、順子さんは誰にも理解されず苦しんだと言う。
一方、暢子さんは教師になりたいという夢を抱いて大学に通っている。しかし、キャンパスには香水やタバコ、そしてインクなどの化学物質が溢れている。暢子さんは夢の実現のために、何とか授業を受けたいと大学側、そして学友たちに訴えかけた。果たして、その結果は・・・。

★シックハウス対策に企業も動く
国も対策に着手している。厚生労働省は原因となり得る化学物質の基準値を順次定めているが、限界も指摘される。指定されている物質以外にも反応を引き起こすものがあったり、基準値以下でも反応を起こす人がいるのだ。
民間企業も取り組みを積極化している。大和ハウスは電機メーカーと共同で高機能フィルターなどを活用した換気システムを開発。一方、無添加住宅社長の秋田憲司さん(47歳)は健康な生活を送れる住宅を考えるにあたって、日本古来の建築技法を取り入れた。接着剤は手作りの米のりやニカワ、防虫・防カビには柿渋を使うというものだ。シックハウスになりにくい住宅は、実現するだろうか。

参考になりましたら→人気ブログランキングへ

« [愛妻記」か「武士の一分」か | トップページ | 藤原紀香さん『不都合な真実』観る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/13816579

この記事へのトラックバック一覧です: シックハウス・化学物質過敏症と闘う:

» スバル 「企業の犯罪」 あんくる トム 工房 より [JUNSKYblog2007]
当ブログもBOOKMARKしている 【あんくる トム 工房】のブログが 「企業の犯罪」という題目で、シリーズ追究をしています。 これは、一般市民にはちょっと解りにくい、車の「購入希望者紹介制度」とでも言う自動車関連業界内の制度に関わる不正疑惑追究の連載です。  その第1回目は、先だって1月25日にUPされたもので、 「人をだましたものは、あとで大損をする というのが今日の中国語のテキストの中の格言でありました。不二�... [続きを読む]

» イスタブリッシュメントと血のつながり [とむ丸の夢]
久しぶりに暇を楽しみ、気になっていたことを考えてみました。私たちの国を覆う、世襲、そして閨閥のことです。 4男5女の子供をもうけ、女の子を次々にヨーロッパの王室へ嫁がせたのは、いわずと知れたイギリス・ヴィク... [続きを読む]

» 07年2月7日・水曜日  竹中工務店の61億円追   米国批判は面と向かって言おう [護憲+グループ・ごまめのブログ]
 07年2月7日・水曜日  今日の関西朝日新聞のトップは竹中工務店の61億円追徴とあった。これらゼネコンは政治と密接に絡んでいるのだから腹を立てても、それをぶっけるとこはない。我々は一円十円単位だが億というと頭の中で整理がつかない。と言う事はその感覚でも貧富の差があるのだ。         仮名言葉についてはいろいろ今まで書いたが、渡辺地域活性化担当相が横文字ばかりが多すぎるとの批判もあるとのこだわり�... [続きを読む]

» NHK 日本共産党を意図的に無視 [ポラリス−ある日本共産党支部のブログ]
2007年2月7日(水)午後7時のNHKニュースで、 柳沢厚労相が、先の「女は産む機械」発言を謝罪する記者会見で、自らの自発的辞任は拒否した上で、女性の人権をないがしろにする懲りない発言をしたことを紹介していま... [続きを読む]

» ちょっと本気で聞いて!w [欲望でできています。]
この話は、本当にビックリするよ。あまり人には言わないでねw [続きを読む]

» 広島県旅行 [広島県旅行情報]
広島県旅行のご案内 [続きを読む]

» 頭痛と薬の怖い関係 [DIYで日曜大工]
僕は夜遅くにやってるNHKの番組を見るのがけっこう好きです。 高校講座や試してガッテン!とか。 今回は頭痛についてでした。 頭痛って病気?という質問に対しては違うでしょ!と答える人が殆んど。 それくらい、頭痛持ちの人って多いんですね。 ... [続きを読む]

» 接触性皮膚炎の種類別原因《接触性皮膚炎の原因を整理しよう!》 [接触性 皮膚炎☆接触性 皮膚炎の基礎知識]
接触性皮膚炎(かぶれ)にもいろいろ種類があります。そのほとんどは、刺激性接触性皮膚炎、アレルギー性接触性皮膚炎です。それぞれの原因物質に興味を持ちまとめてみました。刺激性接触性皮膚炎ヤマイモ、アロエ、キウイ、パイナップル絶対的刺激物質(強酸、強アルカリの薬品等)相対的刺激物質(界面活性剤、有機溶媒等)など アレルギー性接触性皮膚炎特定の化学物質(アレルゲン:ハプテンと呼ばれる分子量1000以下のもの)ウルシ、ハゼ、ギンナン、マンゴー、サクラソウ(プリムラ・オブコニカ)キク、サ...... [続きを読む]

« [愛妻記」か「武士の一分」か | トップページ | 藤原紀香さん『不都合な真実』観る »

カテゴリー