無料ブログはココログ

« きっこさんも石原批判! | トップページ | 六本松の写真 »

Window
今日のプロフェッショナル仕事の流儀を見ながら書いています。

今日は「迷わず走れ、そして飛び込め・専門看護師・北村愛子」

大学院卒の人しかなれないという専門看護師第一号のお一人で生き死にの境にあるひとばかりを見ているなのにすごく明るい。

常に患者さんに寄り添い手を握り姿勢がすごく低い。

こんな専門看護師や一般の看護師や医者の充実がいまの日本の大きな課題だと思います。
イギリスは増えてます。
日本は減ってます。
何が原因かは今日は述べません。


キーワードを記録します。

みんな生きる価値がある重要な人間

勇気を持つ事 患者さんが任せて下さる

前へ
 
プロッフェショナルとは責任をわかって必ず行動に移す人


楽しみにしていた娘の結納に間に合った人の笑顔で番組は終わった。

この番組は必ず考えさせるものがある。

私の推奨番組の一つです。

参考になりましたら→人気ブログランキングへ


Logowelcome

「弱さ」が持っている「強さ」がある
から

プロフェッショナルが専門職だとすると、自分ができることの限界を知るということが、プロになるための、非常に大事なステップだ。そして、その欠点を隠してしまうのではなく、わざと人に見せるようにすると、「あいつはあんなに困っているから助けてやろう」という人が出て来る。

 カリスマ的リーダーのあり方としても、1つ、そういう解があることを示唆された。一所懸命に生きていて、しかもこれが欠けているとはっきり外から分かることがあると、それを補ってあげようと人が集まってくる。

 目指している方向は説得力があり、それに真摯に向き合っていて、しかも弱点だらけの人は、人を引き付ける。

nhkのサイト

Photo_ps_1

参考になりましたら→人気ブログランキングへ

« きっこさんも石原批判! | トップページ | 六本松の写真 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/14011766

この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル仕事の流儀:

» 住宅造りまずは情報収集から [注文住宅の成功方法]
あなたはどんな家を建てたいですか。家族みんなの理想がありますよね。奥さんならまずキッチンや収納が気になるでしょう。旦那さんなら、自分の空間【書斎】が欲しいですよね。そしてみんなが集うリビングの空間設計など想像するだけでわくわくしてくることでしょう。しかし、みんなの意見を取り入れていたら、まず家つくりはできないでしょう。いや、可能な人もいるかもしれませんが、それはごく一部の【お金持ちさん】位のものでしょう。でもせっかく作る家ですので、なるだけ家族みんなの意見を取り入れた家にした...... [続きを読む]

« きっこさんも石原批判! | トップページ | 六本松の写真 »

カテゴリー