無料ブログはココログ

« 一本道 | トップページ | 戦争被害受忍論を破る!(東京大空襲訴訟) »

上昇するには戦争しかない

前回に続いて言ノ葉工房の記事若者難民は死しかないのか。
を紹介します。
どうもこのサイトを毎日チェックするようになってしまった。

朝日OPENDOORSより

2007年1月号on the edge 崖っぷちに立つ若年フリーター 編集部・高橋純子

この記事を読みながら悲しくてたまらなくなった。

2006年9月11日。田島靖さん(仮名、31歳)は、千葉市内の福祉事務所を訪ねた。

 収入も、貯金もない。8月中旬から、職を探して派遣会社やコンビニ、スーパーなど10社以上に履歴書を出し、面接を受けたが、全部落ちた。両親は10年前に離婚。母親とはそれ以後ほとんど連絡をとっていない。父親からは「援助しても意味がない。縁を切る」と言われていた。5歳しか違わない継母には、頼れるはずもなかった。

 家賃はすでに4カ月、光熱費も2カ月滞納していた。電話は8月中旬に不通となり、電気は9月下旬に止めると通告されていた。

「なんとか助かる方法はないだろうか」。進退窮まった田島さんは9月4日、かろうじてインターネットにつながる自宅のパソコンに向かい、検索エンジンに「生活相談」と打ち込んだ。ホームレスの人たちのブログを読み、そこで初めて、生活保護という制度があることを知った。だが、働いていない人間が、お金をもらって助かろうというのは後ろめたく、すぐに申請する気にはなれなかった。「生活保護を受けるなんて、誰だって嫌ですよ」

 1週間、「後ろめたい」と「助けてほしい」を何度も行ったり来たりしてやっと福祉事務所を訪ねた田島さんだったが、応対した職員は、田島さんの訴えをのらりくらりとかわすだけだった。それこそが、彼の仕事のようだった。
 
「法律的には、生活保護の申請は誰でもできます。でも簡単には受け付けられません」
「どうにかなりませんか」
「緊急貸付金という制度はあります」
「じゃあ貸してください」
「無理です」

続きは">ブログ記事を見て下さい。


田島さんのような困窮する若年フリーターは、粗いセーフティーネットの編み目から落ち、「見えない存在」にされてしまっている。

もうひとつ紹介します。
このサイトに紹介されている
ジャンジャンの記事パネル討論「生きづらい社会の中でしあわせに生きるには」 2007/03/06
からです。
雨宮処凛さんと川田龍平さんのパネルディスカッションです。


まず雨宮処凛さん

高校を卒業後、上京し、2浪を経てフリーターになったそうです。ちょうど就職氷河期と言われた時代で、まともな職につけない「典型的な1人」だったと述べ、フリーターはどこにも属していないので、「自分がただ1人で社会に浮遊している感覚」だったと、当時の不安定な精神状態について語りました。21歳のとき右翼団体に入り、2年ぐらい活動したそうです。どこにも所属していないので一気に国家に共同体として所属できた、とそのときの思いを説明しました。

 左翼の集会にも行ったそうですが、なにを言っているかわからず、右翼の方は、あなたたちが生きづらいのは戦後の日本が間違っているからだ、というようなことを言ってくれたのでスッと入れたそうです。いま言われている、右傾化や雇用不安やフリーターの問題はすでに10年前から始まっていて、いわば時代の先取りをしていた、と語りながら、右傾化とフリーターは関係がある、との見方を示しました。

 ──雨宮さんが右翼のパンクバンドに入ったキッカケは? 拠り所だったのか。

 雨宮 そうかもしれない。20歳のときオウム事件が起きた。物質主義、拝金主義否定に共感するものがあった。バブルが崩壊し、それまで信じていたものを信じることができなくなった。社会に対する不信感があった。『論座』という雑誌に、31歳、夢は戦争とあったのでビックリした。格差が固定化し、フリーターは高収入が得られない。上昇するには戦争しかない。戦争で人が死ねば雇用が流動化する。それぐらい切実な状況。自分がいまもフリーターだったら、夢は戦争かもしれない。天変地異が起きない限り、自分は一生時給1000円で働かなければならないかもしれない。それがフリーター時代の恐怖だった。

次は川田龍平さん

 

名前を出したことで反応はあった。励ましの手紙が何千通もきた。電話もきた。中学の同級生からもきた。なにかできることはないかと言われた。講演会や厚生省の前で人間の鎖をやった。手紙の中にリストカットをした人がいた。川田さんのことを知って命の大切さを考えさせられた。明日から頑張って生きていくという手紙をもらった。その人を救ったと思ったら、名前を出してよかったと思った。いままで学校に行けなかったけど、明日から学校に行くと言ってきた人もいた。学校に行かないと教えてもらえないこともある。いじめ自殺の場合は逃げることが大事だが、学校に行かなくてもいいかというとそうじゃない。学校で学ぶことは大事。

ひらのゆきこさんという記者の感想は

参院選に立候補する準備をしているという川田さんは、選挙についての発言はしないということで予め打ち合わせをしていたようですが、質疑応答のとき都知事選のことを質問した人がいて、質問に答えながらどのへんまでが差し障りのある内容なのか、自分でも迷うことがあるらしく、「この話はしてもいいんですか?」と司会の人に何度も聞いているのが見ていて微笑ましく、真面目で誠実な人柄であるとの印象を受けました。

この二人の若者の未来に日本の未来を見たい。


言の葉工房にあった
三人デモ
を紹介して終わりです。

日本の若者頑張れ!!

参考になりましたら→人気ブログランキングへ

こっちも登録しました→FC2ブログランキング

« 一本道 | トップページ | 戦争被害受忍論を破る!(東京大空襲訴訟) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/14211370

この記事へのトラックバック一覧です: 上昇するには戦争しかない:

» 東京大空襲の日 [きまぐれな日々]
このところ、当ブログでは連日、東京都知事選の話題を扱っている。四国の田舎者が何を言うか、と思われるむきもあるかもしれないが、私は過去にはのべ7年間ほど東京都民だった時代もある。7日と8日の記事で触れた下北沢にも友人... [続きを読む]

» 東京大空襲の日に [あんち・アンチエイジング・メロディ]
今日はもう一つ記事を上げます。今日、3月10日は「東京大空襲」の日です。 [続きを読む]

» 若者難民は死しかないのか。 [言ノ葉工房]
♪世界中に建てられてる どんな記念碑なんかより  あなたが生きている今日は どんなに意味があるだろう         by the blue hearts 意味あるってよ あるってね 先日歯医者へ行ったときの隣のおじいちゃ... [続きを読む]

» 分散という選挙戦術  【無党派層対策】 [らんきーブログ]
思い出すだけでも気分が悪い、悪夢の郵政選挙での造反議員は37名いた。 そのうち2名は小選挙区での立候補は辞めたので、実質35名の造反組とレッテルを貼られた造反議員の選挙区に、刺客と呼ばれる真正自民党公認候補が送り込... [続きを読む]

» 初めてITの意味を知る [知らない言葉の意味を知る]
IT革命 IT業界 ITバブル。 このITはずーっとInternetの略だとおっさんは思っていた。 [続きを読む]

» パート春闘 JPUはどうするのか? [アッテンボローの雑記帳]
 3月9日付毎日新聞朝刊「07春闘 格差を問う」にJPU中央執行委員長菰田義憲( [続きを読む]

» 格差社会からレボリューション [BLOG BLUES]
いま思えばですが。世界が最も輝いていた年、1969年。 僕は、高校1年生だった。作家村上龍は、高校3年生だった。 その作家の追憶から生まれた作品「69」。僕の最も愛する小説であり、 僕のことを知りたかったら村上龍の「69」を読んでくれよ、 あの小説の主人公は、僕です。と言って憚らなかった。 それっくらい強いシンパシーを抱いている。 思うに村上龍は、 日本人社会特有の横並び意識、 閉鎖的ムラ体質が、嫌で嫌で たまらない人間なのだろう。 もう、よーく分かります。 分かり過ぎるほ... [続きを読む]

» 『定めの時〜物理学者W・パウリの宇宙時計より 』 [『定めの時』]
個人の幸福追求に応用できる部分を『人生秘中の奥義書』として発表し、『定めの時〜物理学者W・パウリの宇宙時計より 』では、 「人類の行く末」の急所どころと思われる部分を論理的に説明しました。 [続きを読む]

» いつもご愛読いただいておりまして、ありがとうございます。 [いじめ問題に悩むお父さんお母さんへ]
一人で闘わず、仲間と共に闘おう。 [続きを読む]

» いじめは、加害者との闘いではない・・・ [いじめ対策]
いじめを受ける被害者にとって・・・ [続きを読む]

» 心理カウンセラーの私にできること [いじめ、いじめ問題、いじめ対策、いじめ原因、いじめ自殺、いじめ対応アドバイス、子供いじめ、いじめ親対応、いじめ相談、学校いじめ]
かつての私も、いじめの標的にされていた・・・ [続きを読む]

« 一本道 | トップページ | 戦争被害受忍論を破る!(東京大空襲訴訟) »

カテゴリー