無料ブログはココログ

« チック・コリアvs上原ひろみ | トップページ | 戦後史と選挙を学校で »

現実の生活感覚から遊離せず

ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)の記事
【東京都知事選】三浦小太郎氏の評論『マジョリティの意識に届く言葉を』~「フツーの都民」のハートに火を付けられなかった浅野史郎・吉田万三の両氏

が考えさせるものがあった。

右よりの論者三浦小太郎氏の文章の紹介だが今回の東京都知事選の総括として考えさせるものが私にはありました。
どういう風に受け止められるかは各人の問題だと思います。

最後の文章のみ引用しますので全文を是非お読み下さい。

私は現在の東京マジョリテイのあり方を全面肯定しているのではない。このような現実のどこを評価し、又問題と思われる点をどう改革すべきかという問を、政治的な運動や思想に携わる人間は今真摯に考えなければならないことを訴えたいのだ。ここで最低限認識しなければならないのは、自らの考える理想像をマジョリテイの現実の生活感覚から遊離した形で投げかけた言葉は、決して彼らに届くことはないという冷厳な事実である。「福祉」「弱者救済」「差別反対」であれ、又「愛国」「民族の誇りと伝統」「自由と民主主義の東アジアでの拡大」であれ、おそらく東京マジョリテイはいずれの言葉もその心に響いてはいない。これらの主義主張が間違っているというのではない。このような主張が政治運動、又現実の行政の中で語られるとき、それだけの偽善を背後に伴う危険性があるかという一点を認識する程度には、マジョリテイは確かに成熟したのだ。

 勿論、以上のような現状判断に対しても、私と左派系の方々では認識に様々な違いはあろうと思う。一つの提起として受け取っていただければ幸いである。その上で、私はそれがいつか、右の立場から、この問題をどう克服し、石原氏とは違う「右」の姿勢を示したいと思う。(終)

考えさせられた方は人気ブログランキングへ

こっちもクリックを→FC2ブログランキング

« チック・コリアvs上原ひろみ | トップページ | 戦後史と選挙を学校で »

コメント

マジョリティの生活実感と政党の主張について。
左、中でも日本共産党の主張は、マジョリティの実感に必ずしも合わせていないのではないか?
共産党はかって「前衛党」姿勢を強く出していた。つまり指導政党としてマジョリティより前に居たのではないか?その後、大衆的でなければならないとして「大衆的前衛党」と言っていたが、それでも前衛党の立場に違いない。
最近、そのような言葉をあまり目にしないが、それでも、未だ人類が実現していない社会主義を標榜し、それを大衆に説いていく立場にあるので、いわゆるマジョリティの意識より前に出ている。
そうである限り、共産党は常に「5%政党」(せいぜい10%政党、もちろん京都など一部は20%近い指示を売るが平均的には数%)にとどまるのではないか?
そしてそれでよいのではないか?
人類の先駆けであるので、それがマジョリティとなるのは、何世紀か先のことで、人類が相当に成長した時点であろう。
それまで「長くて悲しき5%政党」として魁の役を果たすことを使命としているように思える。
現在の指導層がどう考えているか知らないが、やっていることの結果はそうでしかないように見える。
これではあまりにも悲愴か?

JUNSKY さん
ご無沙汰です。
BLOG BLUESさんもtb出来ないとご自分のブログに私へのコメントを書かれていました。
他にもtbできない方が居られるようなのでココログに聞いて見ようと思います。

本記事の内容はじっくりと考えて見たいです。

相変わらずgooからTBが通りません。
>自らの考える理想像をマジョリテイの現実の生活感覚から遊離した形で投げかけた言葉は、
>東京マジョリテイはいずれの言葉もその心に響いてはいない。

というのは、確かに考えさせられます。
「東京マジョリテイは、それほど貧困なマジョリティでは無い。」ということでしょう。
特に日本共産党のビラを見ていると「極貧層」にターゲットを置いているようで、そのことが既にマイノリティ対象に訴えかけているということであり、多数派を獲得できるはずが無い、という現実を突きつけられます。
格差の拡大で極貧層が増えているが、その人びとはまだ決して多数派ではなく、そのうえ、そういう極貧層が自民党に期待し、公明党に吸引されているというのが実際のところではないでしょうか?
戦略そのものが間違えているのかも知れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/14690463

この記事へのトラックバック一覧です: 現実の生活感覚から遊離せず:

» 米国議会に、慰安婦問題はどう報告されたか [とむ丸の夢]
 数日前に、従軍慰安婦問題の背景に関する報告書が米国議会調査局から出されているのを知り、あわててこれを読んでみました。 この全23ページにわたる報告書については、特に元慰安婦の証言を否定したい人たちの間でちょっと... [続きを読む]

» 改憲手続法案は、中身がスカスカのまま、参院で超・拙速突貫審議か?・・・国民はしっかりウォッチを! [日本がアブナイ!]
    13日、憲法改正手続き法案(いわゆる国民投票法案)が衆院で可決された。  またコチラに書いた米軍再編法案<正式名は、駐留軍等の再編の円滑な実施に関する 特別措置法案というそうだ)も可決された。  これでこの二つの法案は、衆院を通過して、参院に送られることになる。 <それにしても、国民投票法案が可決した瞬間、安倍首相が拍手する姿の嬉しそう だったこと。(--)>  そして12日には、憲法調査特別委員会の中山会長が発した「国民の手に主権が確立 される」との言葉にブチ切... [続きを読む]

» 強行採決に対する各TV局の報道 [Like a rolling bean (new) 出来事録]
今日は人生最悪の誕生日だったと思う。いつもは家族とケーキを囲むけれど、今年はありません。 ただ、見方を変えれば、この日を一生忘れられないという特典はわたしにはあるのでしょう。 asahi.com? 国民投票法案、与党単独で委員会採決 13日に衆院通過 2007年04月12日18... [続きを読む]

» 都知事選の敗因を考える [かめ?]
※4/11追記しました。 ごんさんの この選挙に関しては 散々予想できた敗因なんてもういいんでねえの このお言葉に、深く共感。 でも、やはり、1度はキチンと考えておくべきだろう。 都知事選で石原が勝ってしまった理由を。 それは・・・... [続きを読む]

» JANJANに載った読売記事をめぐる「博士の独り言」批判の件 [きまぐれな日々]
今日(4月16日)は、当ブログの開設1周年記念日なので、それを書いてお茶を濁すつもりで、昨日のうちに記事を書き上げていたのだが、そうもいかなくなった。 私の管理している裏ブログ 『kojitakenの日記』 が、右派系の人気ブ... [続きを読む]

» 安倍内閣の暴挙への国民それぞれの思い・・・ [わんばらんす]
先日・・ ◆ 華氏451度 からTBいただいて、そこでちょっぴり コメントした際に、他のかたのコメントがとても気にかかったので、 勝手ですが紹介したいと思う。エントリーは下記です。 国民投票法案、委員会で可決... [続きを読む]

» 山下智久★あびる優との2ショット写真流出! [ 山下智久★あびる優との2ショット写真流出!]
交際が噂されるNEWSの山下智久(22)とあびる優(20)がツーショット現場を今日発売の「女性セブン」がついにキャッチ!…5月下旬、東京も梅雨入りかと思わせるような大雨の夜の午後9時過ぎ。赤坂の繁華街で2人の姿が目撃されたという。大通りに面したコインパーキングに1台の高級外車が止まり、そこから降りてきたのは山下智久とあびる優>>>画像 <<<... [続きを読む]

« チック・コリアvs上原ひろみ | トップページ | 戦後史と選挙を学校で »

カテゴリー