最近のトラックバック

アクセスカウンター

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 不忍池 | トップページ | 2007啄木祭参加記 »

2007年5月20日 (日)

新しい啄木(短歌)

新しい啄木(短歌)

本日の啄木祭の舞台に会った絵と今日採れたての短歌8首です。

風受けて蓮の葉一斉に開くなり一斉に閉ずまでのあいだを

蓮の葉を動かしているその君は丸々と太ったあの鯉だろう

夕陽浴びる不忍池の蓮原に啄木祭の余韻が残る

柔らかい三枝昴之の講演に新しい啄木を捜す夕焼け

シドニーのオペラハウスの帆のように蓮の葉開く意志あるごとく

手間暇のかからぬ詩型百年の後の世までも残るという君

(日本人の幸せの一つ)と言い切りし二十四才の啄木の謂い

ワーキングプア,啄木の歌とセットとなる百年続くうたの力よ

クリックをよろしくお願い致します
人気ブログランキングへ

こっちもクリックをよろしくお願い致します
FC2ブログランキング

« 不忍池 | トップページ | 2007啄木祭参加記 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい啄木(短歌):

» 荒っぽい、とは総理のことですよ。 [とむ丸の夢]
辺野古への自衛艦の派遣も、やっと数日前から新聞に載るようになりましたね。「海自の必要性にも疑問」という見出しが見られるように、結構批判的な記事を書いてくれています。  自公の支援で知事になった仲井真氏でさえ、現況... [続きを読む]

« 不忍池 | トップページ | 2007啄木祭参加記 »

無料ブログはココログ

カテゴリー