無料ブログはココログ

« 7人の[・・・to mama!」 | トップページ | 王室のあり方についてのマイルドな批判(クイーン) »

少し前の記事ですが2006年7月31日の日経の夕刊に井上ひさしさんの言葉が紹介されていました。

それはホリプロダクションの1階に飾られている色紙だそうです。

それは井上ひさしさんが作家としての自分を戒めるために書いた言葉だそうです。

それは三つの部分からなっています。

その一つは

むずかしいことをやさしく

(これは何事においても基本でしょう。特に子育てと仕事では・・・)

その二つはやさしいことを深く

(これは文学活動や研究活動では大事ですね。一行の文章の為に膨大な時間をかけることも必要)
(このブログは対極を行っていますが・・)

その三つは

ふかいことをおもしろく

(これが井上さんの面目躍如といったところです。)

(ブーフーウーやひょっこりひょうたん島の時代から面白さを中心にすえてきた井上作品は多くの人に支持されてきました。ペンクラブ会長や9条の会の呼びかけ人になって社会的発言を重ねるようになってその社会性も面白さに加えて今井上戯曲の面白さは抜群です。)


このブログもふかいことをおもしろく書いて行きたいと思ってはいます。

(面白くない!)

ご参考

ホリプロ堀威夫氏のダイアンモンド経営者倶楽部の講演


皆様の引き続く応援クリックをよろしくお願い致します
人気ブログランキングへ

こっちもクリックをよろしくお願い致します
FC2ブログランキング

« 7人の[・・・to mama!」 | トップページ | 王室のあり方についてのマイルドな批判(クイーン) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/15088815

この記事へのトラックバック一覧です: むずかしいことをやさしく:

» 政権党と財界のおいしい関係 [とむ丸の夢]
 お昼の支度に台所に行くと、テレビでは国会中継。 自民党議員の質問に文科大臣やアベ首相が答弁に立っていました。 結局その3者が口を合わせて言っていたことは、「金がすべて」「金が一番」という人間を育てた戦後教育... [続きを読む]

» 教育関連三法案〜責任を取るのは誰か [津久井進の弁護士ノート]
 教育関連三法案(学校教育法,地方教育行政法,教育職員免許法)について,昨日,委員会で決議され,本日,衆議院で可決される予定です。 <1>  物事の進み方というのは,山に登るのに似ています。  上に上がっていく... [続きを読む]

« 7人の[・・・to mama!」 | トップページ | 王室のあり方についてのマイルドな批判(クイーン) »

カテゴリー