無料ブログはココログ

« 横浜薄暮 | トップページ | ファスレーン365日本チームの参加者募集 »

ささやかな思考の足跡ー 小さな力かもしれないけれど、精いっぱい生きる記録としてーというブログによくおじゃましている。

短いけれども時事ネタをよくこなしている。

気になる記事があった。
子どもの権利条約を敵視する靖国派の動きだ。
国際的に認められた条約を否定するとはなんという恥晒しかと思う。

息子がイギリスに留学しているときに誤解から退学処分になるか自分で辞めるかという事が起こりパブリックスクールの校長と話をしに行ったことがある。

そこで校長に「子どもの権利条約を知っているか?」と問い「存在は知っている」と返事が返ってきた。
これは重要な条約なので読んで欲しいと持参した本の最後に英語文があったのでプレゼントした。

ここには「子どものべストインタレストは守られなければならない」と書いているので押さえつけるような校則の変更はやめてほしいと要望し結局退学にはならずに自分で辞めることもしなかった。
(結局しばらくしてやめるのだが・・)

子どもの権利条約はこれからの子育ての重要な指針である。
山谷えり子はいい加減に盲動をやめてほしい

以下ささやかな思考の足跡からの引用です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

May 19, 2007子どもの権利条約を敵視する靖国派 最近、タカ派(靖国派)の政治家の動きが話題になっているわけだけど、その関連で、ちょっと注目して、調べているのが彼らが異様なほどに子どもの権利条約を敵視していること。男女共同参画ということについて敵視しているのと同様である。
 日本会議の地方議員懇談会というところのHPでは、盛んに子どもの権利条約の攻撃をおこなっているし、山谷えり子氏が塾長をしている(していた?)女性塾という団体は、はっきりと敵視した政策的課題をかかげている。子どもの権利条約は、日本の伝統的な家族を尊重しないというのだ。でも、日本の伝統的な家族とは何なんだろうか?

 最近、タカ派が持ち出す議論に、「親学」というのがあるけれど。この「親学」の乳幼児期版の本を読んでいて、思うことは、子どもの成長を、すべて親子関係に矮小化していることだ。冷静に考えてみれば、子どもの発達をささえるものは、(親子関係が大事だと言うことは否定はしないけれど、それは親子と言うより信頼できる人間関係というべきものだ)親子関係だけではない。たとえば、ハイハイが十分保障される環境など、すぐ思いつく。それは、社会的な関係へと開かれたものだ。それをすべて、親子の関係への矮小化していく。
 つまり、子どもの発達を社会的な権利として承認しない思考がここに垣間見える。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
クリックをよろしくお願い致します
人気ブログランキングへ

こっちもクリックをよろしくお願い致します
FC2ブログランキング

« 横浜薄暮 | トップページ | ファスレーン365日本チームの参加者募集 »

コメント

JUNSKY さん
コメントありがとうございました。
毎日のように悪法が成立して反対する方も大変ですが政権基盤はその度に壊れていっていると思います。
そう思わないとやって居られません。
JUNSKYの書かれたジェームズ三木さんの講演記事7のようにお金でない生き方をしたいものです。

まさに、この西日本新聞のタイトル通りの法律が自公与党によってごり押しされた。
 このところ、国民の運動や野党の反対にも拘わらず、国会で多数を占める自民党・公明党の与党連合が、国民に犠牲を押し付ける幾多の『悪法』が毎日成立している。

 この『米軍再編推進法』は、普天間基地の移転がデッドロックに陥っている中で、移転に積極的に協力した自治体にだけ補助金を交付するという「お金で釣る」法律である。
 そればかりでは無い。この法律では、米軍が米国の領土に移転するのに掛かる費用を日本国民の税金から払ってあげましょう、というトンデモナイものでもある。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/15170491

この記事へのトラックバック一覧です: 「子どもの権利条約を知っているか?」:

» 07年5月23日・水曜日  「私は貝になりたい」 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
 今朝の番組でスマップの中居君が「私は貝になりたい」の主役で再映画化されると言っていました。        思えば、昭和33年にフランキー堺がC級戦犯で絞首刑になり、その処刑される時に「もし生まれ変わるなら海底深くの貝になりたい」と言ったと記憶している。映画を見終わった後に彼方此方ですすり泣きが聞こえたことを思い出す。私も涙が止まりませんでした。娯楽の少ない時代、何故か三度も見たと記憶しています。  一兵士が、上官の命令で捕虜を殺害した咎で死刑になった主人公。  当時は、上官,言うなれば星一つ多く... [続きを読む]

» 07年5月23日・ 改憲までのハードル [護憲+グループ・ごまめのブログ]
 先日から辺野古の米軍(=自衛隊)基地建設問題でブログの皆さんは情報をいろいろ書き込んでおられる。  私は庁が省に昇格したときから、自衛隊が正面に出てくると思っていましたから別に驚かなかったが、その反面、国民投票法や護憲についての事柄が少なくなったのが寂しい。  メディアは改憲までに五つのハードルがあると言っていたが、私たちが護憲反対に直接手を出せるのは何かと見てみると、夏の参議院選挙と国民投票の二回しかない。  其の五つのハードルを番組を参考に作って、護憲+の視聴覚コーナーに入れたので御覧いた... [続きを読む]

» 親と子に必要なものは [とむ丸の夢]
「親学」は必要か、の見出しが目についたのは、21日月曜日の毎日。「夜回り先生」こと水谷修さんと、元ヤンキー、現教育再生会議担当室長の義家弘介氏の顔がそこにありました。2人のそれぞれの人生を刻んだ顔。 親に子育てに関... [続きを読む]

» 5月22日、日本共産党大演説会に参加しました [嶋1971☆たしかな野党を応援し続ける勇気を!]
 場所は、なんばの大阪府立体育会館。私は今回、会場の設営から参加しました。   [続きを読む]

» 日本チームの参加者募集 [ファスレーン365]
日本チームの行動が2ヶ月後に迫りました.募集要項をお知らせし,参加を呼びかけます. 末尾にもありますが,ファスレーン基地のあるスコットランドでは,核兵器廃棄を基本政策に掲げるスコットランド民族党(SNP)の党首が... [続きを読む]

» 法大の益森君を死に追い込んだ公安を許してはならない!こうした被害者を二度と出さないために [日本国憲法擁護連合〜法大OBのブログ]
公安がターゲットを自殺に追い込むことは、元沖縄県警公安デカだった島袋の著作でも明らかにされている。 島袋の証言によると、民青の大学生をスパイ化したあげく自殺させてしまったという。受け取り方はさまざまだが、自殺に追い込んだ人物が売り物である著作に平然と書いてしまう神経は、度し難いといわざるをえない。一応、島袋氏は創価学会員らしく自殺に追い込んだ自分の責任を自己批判的に述べるポーズをとってはいる。 昔であれば、小林多喜二などのように左翼を拘束してリンチして殺してしまうのであろうし、南米チリのピノチェ... [続きを読む]

» 子供の英語力を沢山伸ばそう!! [驚きの激安・格安・親子留学方法!]
初めまして、ブログ楽しく拝見させていただきました!^^ 実はこの度、『驚きの激安・格安・親子留学方法!』というブログを立ち上げたので トラックバックをさせて頂きました。m(_ _)m 親子留学を検討中の方には非常に有益な情報だと思っておりますので ぜひ訪問いただければと思います。 万が一不要な場合はお手数ですが削除ください。 大変失礼致しました。m(_ _)m ... [続きを読む]

« 横浜薄暮 | トップページ | ファスレーン365日本チームの参加者募集 »

カテゴリー