無料ブログはココログ

« 東京ミッドタウンに行きました | トップページ | 横浜中華街に行きました »

モネ大回顧展を見に行きました

Photo_11


日傘の女


新国立美術館のこけらおとしのモネ展に行ききました。

世界中のモネの絵が集められていました。

点描であっという間に風景を書いたモネは風景をあるがままに書いていたか・
自分のインスピレーションで書いていたか同行4人の話し合いになりました。


Photo_75

私はこのモネ17歳の時の作品「ムエルの眺め」の写真かと思うほどの精密さの水に写るポプラの陰にびっくりしました。
この絵は普段は埼玉県立美術館にあるそうで同じ埼玉県民としては何だか嬉しい。

この絵は後の睡蓮の抽象画のような世界と全く違います。
ピカソの若い頃の絵の精密さと同じくその後の絵と全く違います。

同行4人は4人とも4人なりに感銘を受けました。

7月2日までやっています。
建物の見学とモネの絵の鑑賞と両方出来ます。
ちなみに建物の設計はあの黒川紀章です。

今日も前クリック作戦で・・
クリックをよろしくお願い致します
人気ブログランキングへ
こっちもクリックをよろしくお願い致します
FC2ブログランキング

モネ展に行きました

エントランス

モネ展に行きました

建物全景

モネ展に行きました

3階の喫茶店(見学の後の討論会に最適)

モネ展に行きました

Photo_12

睡蓮(京都大山崎山荘にある)

ミッドタウンと美術館の間の通りのアジサイ

ホームページから


クロード・モネ(1840―1926)は、我が国においてもっとも人気の高い画家の一人です。その人気から各美術館の看板作品となっていることが多く、アンケートなどでも「ぜひ見たい」展覧会としてモネ展は筆頭にあげられます。
 本展は2007年1月に東京・六本木にオープンする国立新美術館の開館を記念して企画されました。フランスのオルセー美術館が所蔵するモネの名作をはじめ、アメリカのメトロポリタン美術館、ボストン美術館など、国内外の主要なコレクションから100点近いモネの作品が一堂に会する世界的にも稀にみる大規模なモネ展となります。さらに、モネの影響を受けた現代作家たちの作品を、モネの“後継者”として約20点展示します。質、量ともに最大級を誇る、「大回顧展 モネ」。ぜひご来場ください。

« 東京ミッドタウンに行きました | トップページ | 横浜中華街に行きました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/15469041

この記事へのトラックバック一覧です: モネ大回顧展を見に行きました:

» [戦争と平和]レオナルド・ダ・ヴィンチ、モネ、ドレスデンの光 [toxandriaの日記、アートと社会]
●たまたまチャンスがあり『レオナルド・ダ・ヴィンチ/天才の実像』(東京国立博物館)、『モネ展/印象派から現代へ』(国立新美術館)、ドイツ映画『ドレスデン、運命の日』(日比谷、シネ・シャンテ)を鑑賞してきました。 『レオナルド・ダ・ヴィンチ/天才の実像』(東京国立博... [続きを読む]

» 大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産 [隆(りゅう)のスケジュール?]
国立新美術館で開催されている「大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」を観に行きました。この展覧会は国立新美術館の開館を記念して企画されたもので、「フランスのオルセー美術館が所蔵するモネの名作をはじめ、アメリカのメトロポリタン美術館、ボストン美術館など、国内外の主要なコレクションから100点近いモネの作品が一堂に会する世界的にも稀にみる大規模なモネ展となります。さらに、モネの影響を受けた現代作家たちの作品を、モネの“後継者”として約20点展示します。(公式サイトより抜粋)」とのこと。 ~展示構成~第1... [続きを読む]

« 東京ミッドタウンに行きました | トップページ | 横浜中華街に行きました »

カテゴリー