最近のトラックバック

アクセスカウンター

« 嘘800円問題で辞任?罷免しかない! | トップページ | 熱海の大浴場 »

2007年7月10日 (火)

ねむの花

我が家の庭にねむの花が一斉に咲きました。

ねむの花

ミモザといいバランスです。

ねむの花

ねむ雑学です。

以下引用

名前の由来は夜間は葉を閉じて「ねむる」からです。

英名「silk tree」

季語は「ねむの花」で夏。

芭蕉の奥の細道で

「象潟(きさがた)や雨に西施(せいし)がねぶの花」

という名句があります。

象潟は秋田の南で日本海に面した象の鼻のような水路が海につながっている名勝。
芭蕉は「松島は笑うが如く、象潟はうらむがごとし」といっているのは、太平洋に面した表日本の松島と裏日本の象潟との比較でしょう。

この句は解釈が難しく「雨中の象潟では、あたかも西施が悩ましげに眼を細めて眠っているように、ねむの花が雨に濡れて咲いている」という、芭蕉には珍しく、新古今的な技巧の句です。また故事来歴を知らないと発想が湧いて来ません。昔の人はこのような中国の古典が常識であったようで・・・・スゴイデスね。

「西施」とは越国第一の美女で、中国の春秋時代(BC770ーBC403)呉王夫差(ごおうふさ)に負けた越王句践(えつおうこうせん)が西施を献上し、呉王は彼女の虜となって越王に滅ばされてしまうのです。
「顰(ひそ)みに倣(なら)う」という有名な諺があって、これは西施が心臓病のために苦しげに眉をひそめたのを、醜女が見て美しいと思い、自分もそのまねをしたのですが、それを見た人が気味悪がって門を閉ざしたと言う事で・・・いたずらに人のまねをして世の物笑いになる事を言うようです。
芭蕉の句もこの故事を下敷きにしています。

西荻大全9月の西荻の花より

ねむの花 尖りし心 静めけり 

公彦

激励クリックでも・・・
人気ブログランキングへ
こっちも・・・
FC2ブログランキング

« 嘘800円問題で辞任?罷免しかない! | トップページ | 熱海の大浴場 »

我が家の庭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ねむの花:

« 嘘800円問題で辞任?罷免しかない! | トップページ | 熱海の大浴場 »

無料ブログはココログ

twitter

  • kimihikoootsuru
  • 短歌と俳句に関するつぶやき
    TwitterPowered by SEO対策119
  • ">twitter
  • twitter trackbackpeople
  • twitter(@kimihikoootsuru)(評論)
  • twitter(@ootsuru)(文学)

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ウェブページ