無料ブログはココログ

« 夕凪の街 桜の国(人の言葉や表情で) | トップページ | 山里の墓標(学徒兵木村久夫の遺書から) »

戦争に何の倫理があるのだ

8月16日(木)に以下の日本戦没学生記念会〈わだつみ会〉が主催する江戸東京博物館ホールで行われた上映会に参加した。
10:30~17:20の最初から最後まで映画を見た。
一日映画を見ていたのは生まれて初めてでした。
先にオーマイニュースの「短歌は歴史を記憶する」で紹介した「8.15を語る歌人の集い」で配られたチラシを見てゆきました。

前に少し書いた
ことがありますが中学1年の夏休みに道徳の教材を作るという事で先生の家に何人かで通って「きけ わだつみの声」を朗読してテープに吹き込んだことがあります。

そういう意味では『きけ、わだつみの声』は私には特別な意味があり、この映画は見たい映画でした。

戦争の無意味さを私の体の中に叩き込んだ一日となりました。

多くの戦争体験者がご覧になっていました。

新しく本郷に出来たという「わだつみのこえ記念館」にも行ってみようと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「わだつみのこえ記念館所蔵映像史料の上映」 上映作品:
①『日本ニュース』77号「学徒出陣」1943年 日本映画社 
②旧作『きけ、わだつみの声』 監督:関川英雄 1950年 東映 
③長編ドキュメンタリ『上海』 監督:亀井文夫 1938年 東宝 
④長編ドキュメンタリ『戦ふ兵隊』 監督:亀井文夫 1939年 東宝 
⑤『農民兵士の声が聞こえる――700通の軍事郵便から』 1980年 NHK
⑥『山里の墓標――学徒兵木村久夫の遺書から』1995年 高知放送 
⑦NHKニュース(06.11.29)より「わだつみのこえ記念館会館」 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それぞれ内容が深く記事を別に書くかもしれません。
この関連で15日の読売新聞にこんなニュースがありましたので紹介します。
確かに来場者はじっと見入っていました。

「最後になるかも」息子亡くした101歳母、車いすで参列

長男の松岡欣平(きんぺい)さんは、東大経済学部在学中の1943年12月、学徒動員で出征した。
20歳だった。

(日記から引用)
<九月二十七日 自分は命が惜しい、しかしそれがすべてでないことはもちろんだ。(中略)死、死、一体死とは何だろうか。(中略)政府よ、日本の現在行っている戦は勝算あってやっているのであろうか>
 <十月四日 もう学問など出来ぬと半ば捨て鉢とでもいう気持ちになると、小説がむやみに読みたい。(中略)ああ もっと本を読んでおけばよかった>
 <十一月某日 俺(おれ)は気が狂いそうだ。(中略)戦争、戦争、戦争、それは現在の自分にとってあまりにもつよい宿命的な存在なのである。世はまさに闇だ。戦争に何の倫理があるのだ>

 欣平さんの日記やはがきは、「日本戦没学生記念会」(わだつみ会)に寄贈された。16日まで東京・墨田区の江戸東京博物館で開かれている戦没学生の遺稿展で展示されている。この日、20歳で死と向かい合った学徒の思いに、来場者はじっと見入っていた。

(2007年8月15日15時32分 読売新聞)

どうぞ激励クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもをお願い致します
FC2ブログランキング
→こんなのも始めましたこれもよろしくお願いします。
BlogPeople
key=0f0d4a545e5c1512">
このサイトのあなたのレビュー!

« 夕凪の街 桜の国(人の言葉や表情で) | トップページ | 山里の墓標(学徒兵木村久夫の遺書から) »

コメント

私もネット署名を勧めているのですが、

ネット署名については、個人情報の問題もあり、
また、より多くの数を集めることを至上目的とするよりも、署名を通してつながりを広め、世論の喚起を!という気持ちもあり、あまり積極的には話をしてきていない。といっても、ネット署名をやらないと決めているわけではないので、メンバーでそのような提案があったことを踏まえ
話し合ってみたいと思います。

ってな感じです。
現時点ではダウンロードして郵送となります。

凹 さん
コメントありがとうございます。
署名に協力したいのですが、電子署名はありませんか?

はじめまして。九条リンクからきました。
TB、2件。
「戦争に何の倫理があるのだ」に反応。

ただ今署名活動中。ご協力いただけたら幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/16142375

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争に何の倫理があるのだ:

» 159090 世界の反米国際統一戦線でアメリカの戦争勢力の呪縛を封じ込めよ [サラリーマン活力再生]
159090 世界の反米国際統一戦線でアメリカの戦争勢力の呪縛を封じ込めよ   猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 07/08/16 PM02 『国際的連帯で侵略勢力を封じ込めよ!』リンクより転載します。 ---------------------------------------------------------------- 戦後60年以上が経過し、世界情勢は大きく変化しました。 旧ソ連の崩壊で超大国はアメリカ1国となり、経済のグローバル化が中国、インド、ブラジルなど第三世界... [続きを読む]

» 今、辺野古で起きていること [WONDER ANGEL]
Excite 沖縄知事が政府の姿勢批判 アセスの方法書送付で 沖縄の辺野古に新しく米軍基地を建設するという計画を日米両政府が決定してから。今年で10年がたちます。 この間沖縄では、県民の約8割から9割の人が「新基地建設反対」の声をあげ、基地建設を止める為の座り込み運動を続けてきました。 ところが、日本政府はこのような地元の人々の必死の声を全く聞き入れず。五月には「基地建設を推進するための」事前調査を強行。海上自衛隊まで動員したのです。 米軍基地の建設に、なぜ自衛隊が動員されるの... [続きを読む]

» 8歳でした。 [WONDER ANGEL]
当時、私は8歳でしたが数え年ですから満で言うと7歳です。 突然入ってきた兵を出迎えた父はいきなり銃で撃たれ私の目の前で死にました。 私たちは机の下に隠れましたが、母は引きづり出され抱いていた1歳にもならない赤ん坊は壁に打ちつけられ死にました。それから母は服を全部脱がされました。叔母も机の下から引きづり出されそうになりましたが叔母は力が強く動きませんでした。そうすると兵は赤ん坊を抱いたままの叔母を撃ち殺しました。 祖父母が来て私と兄弟たちは奥の部屋のベッドに逃げて隠れました。母の泣き叫ぶ... [続きを読む]

» 小池“国防相” 沖縄県と密約!? [JUNSKYblog2007]
小池“国防相”と守屋事務次官との確執で、ひとたび内閣改造後に先送りされていた事務次官人事で、急転直下官邸が動き、後任に増田好平人事教育局長(56)を起用することを決めた。 小池氏が「組織中の組織自衛隊を預かっている」と言っていたことにも象徴されるように、暴力装置をもった組織中の組織である自衛隊をコントロールするべきTOP2が言い争っていては、国が国なら、また時代が時代なら、クー・デ・ターさえ起こりかねない憂慮すべき事態であった。 この不安定な状況を打開できないで現場任せという状態が10日以上も続... [続きを読む]

» [暴政]美しい国が煽る「死のバブルの増殖」と国民主権の後退 [toxandriaの日記、アートと社会]
[注記]  ●当記事の主な部分は、一旦、[toxandoriaの日記/2007年春、ドイツ旅行の印象・最終回/フランクフルト・アム・マイン編、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20070817の「絵画解説」と「プロローグ」の部分で書いたものとほぼ重なります。 ●しかし、先の記事では「... [続きを読む]

» [東京新聞]米大使の同意要請を拒否 小沢氏、テロ特措法延長で [+++ PPFV BLOG +++]
民主小沢代表、テロ特措法延長反対を改めて表明(日本経済新聞2007/8/7) http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20070807AS3L0705807082007.html 民主党の小沢一郎代表は7日午後、党本部で記者会見し、秋の臨時国会で最大の焦点となるテロ対策特別措置法の延長問題について..... [続きを読む]

« 夕凪の街 桜の国(人の言葉や表情で) | トップページ | 山里の墓標(学徒兵木村久夫の遺書から) »

カテゴリー