無料ブログはココログ

« ある俳句会二次会句会(秋雨・サラダ) | トップページ | 琉球の心 武力使わず 自然を愛する »

水澄む(9月の俳句)(改)

9月の俳句9句です。

兼題4句(兼題 水澄む 大)

眼下なる吹割の滝水は澄む


水澄むや湯滝の落ち行く原生林


水澄むや竜頭の滝の割れし先

大いなるマックに乗りし秋の空

秋の空ハンバーガーに乗りにけり

雑詠5句

たそがれの与論島なり夏は果つ

猫好きを送る宴や星月夜

南北線ゆったり座る九月尽

そのかみの「ふとかむこさん」秋となる

そのかみの「ふとか婿さん」愁思かな

文人や秋の虫とも競い泣く

文人や虫と競いて泣きにけり


今日はこんなところです。
激励のクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもをお願い致します
FC2ブログランキング
→こんなのも始めましたこれもよろしくお願いします。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!

« ある俳句会二次会句会(秋雨・サラダ) | トップページ | 琉球の心 武力使わず 自然を愛する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/16603871

この記事へのトラックバック一覧です: 水澄む(9月の俳句)(改):

» ファンタ・グレープの香りのする花 [世界平和を実現しよう]
font size=3 color=black 今の季節咲いている花で、 つたカズラというつる性の植物がある。 木に巻きついたりして枯らしたりする。 つるの部分は 太くなると1センチぐらいの直径の大きさになる。 色も緑から茶色に変わる。 母はそれを縄の代わりにして、 薪の束を縛るのに使っていた。 このつたカズラの花の香りがコカコーラ社の font color=purple>..... [続きを読む]

« ある俳句会二次会句会(秋雨・サラダ) | トップページ | 琉球の心 武力使わず 自然を愛する »

カテゴリー