無料ブログはココログ

« 9・9憲法を考える歌人の集い | トップページ | 自分自身のあり方を静かに見直す機会 »


ガーベラ
花言葉は『崇高美』『神秘』。

9月の短歌8首です。

先に書きました現代短歌研究会に触発されてできました。
ちょっと力が入っています。
やはり刺激は必要ですね。
まだ校正中ですのでご指摘頂ける方はよろしくお願いします。

短歌の友と短歌でない友のご助言を頂き校正しました。

志村さんのご指摘で一部訂正しました。

哲久の熱き激しき生き方にわが身の回り振り返るかな

哲久の激しさ貫く生き方にわが身の回り振り返るかな

哲久の熱き激しき生き方にわが身の回り振り返るかな


短歌とはかくも力のあるものか書き込み一つにそれを感じる

短歌とはかくもパワーのあるものかコメント一つにそれを感じる

短歌とはかくも力のあるものかコメント一つにそれを感じる

森井マユミの哲久に向くまなざしに応えるものが我にありけり

森井マユミの哲久に向くまなざしよ我に応えるものがありけり

森井マユミの哲久に向くまなざしに我に応えるものがありけり


この夏の終わりの一日を慈しむ哲久がかくも熱く語られ

この夏の終わる一日を慈しむ少女は哲久を熱く語れり

この夏の終わりの一日を慈しむ哲久は少女に熱く語られ

現代の短歌を評論する会に居心地の良さと座りの悪さと

現代の短歌を語る会にある居心地の良さと座りの悪さ

現代の短歌を語る会にある居心地の良さと座りの悪さと


言葉遊びをやんわりたしなむ人が居て効き過ぎしクーラー少し和らぐ

短歌とはかくも遥けき詩形かなその骨太き全てを容れる

短歌とはいとも遥けき詩形かなその骨太き全てを容れる

短歌とはかくも遥けき詩形かなその骨太き全てを容れる


公園に虫は鳴き居り歌人は歌詠みにけり矛盾はあらず

どうでしょう?

どうぞ激励クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもをお願い致します
FC2ブログランキング
→こんなのも始めましたこれもよろしくお願いします。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!


哲久の熱き激しき生き方にわが身の回り振り返りおり(るかな)

短歌とはかくもパワー(力)のありしかと(あるものか)書き込み一つ力(にそれを)感じる

(森井マユミの)哲久に向く森井マユミのまなざしに応えるものが我にありなむ(けり)

この夏の終わる(りの)一日(を)慈しむ哲久(が)かくも熱く語られ

現代の短歌(を)評(論)する会に居て心地の良さと座りの悪さと

言葉遊びをやんわり糾す(たしなむ)人が居り(て)効き過ぎた冷房(しクーラー)少し和らぐ

和歌織りて(短歌とは)かくも遥けき詩形かなその骨太き全てを容れる

公園に虫は鳴き居り来る人は(歌人は)歌詠みにけり矛盾はあらず

« 9・9憲法を考える歌人の集い | トップページ | 自分自身のあり方を静かに見直す機会 »

コメント

志村建世 さん

短歌の基本に触れるコメントありがとうございます。
かなり元に戻しました。

短歌は専門ではありませんが、作者本人らしい最初の発想に惹かれる場合が多いのです。技巧よりもメッセージという好みの問題でしょう。差し出て失礼いたしました。

志村建世 さん

コメントありがとうございます。

主に短歌の友の指摘を受けてのものですが・・
困った・・・

率直に申し上げまして、大半は校正する前の方が好ましかったと思います。これは私の意見です。

歌人JUNSKYさん

添削ありがとうございました。
かなり大胆な添削ですね。
考えてみたいと思います。

今後とも歌を作られたらいいと思います。


それでは、素人訂正を
( )内を削除、( )の前に

哲久の熱き激しき生き方にわが身の回り振り返りおり(るかな)

短歌とはかくもパワー(力)のありしかと(あるものか)書き込み一つ力(にそれを)感じる

(森井マユミの)哲久に向く森井マユミのまなざしに応えるものが我にありなむ(けり)

この夏の終わる(りの)一日(を)慈しむ哲久(が)かくも熱く語られ

現代の短歌(を)評(論)する会に居て心地の良さと座りの悪さと

言葉遊びをやんわり糾す(たしなむ)人が居り(て)効き過ぎた冷房(しクーラー)少し和らぐ

和歌織りて(短歌とは)かくも遥けき詩形かなその骨太き全てを容れる

公園に虫は鳴き居り来る人は(歌人は)歌詠みにけり矛盾はあらず

******************
哲久が 誰かも知らぬ ど素人
  言いたい放題 やりたい放題 

玄人に 余計な説諭 する人も
  友だちゆえと 大目に見てよ

これくらい 僕にもできる なまいきに
  やってみたけど この程度だよ

(去年の一句 俳句)
木洩れ日の 千鳥が淵に ふる晩夏

「すべてを容れる」31文字の不思議さに、私も同感します。長歌から生まれながら、上句の緊張と下句の詠嘆という、絶妙なバランスを獲得しました。日本文学の代表選手と言えると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/16342635

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌とはかくも力のあるものか(改2):

» 07年9月5日・水曜日  政治の乱れはそく社会にも反映する [護憲+グループ・ごまめのブログ]
07年9月5日・水曜日  政治の乱れはそく社会にも反映する  内閣を改造して顔ぶれを見ていると、少しはましかいなと思っていたら、新聞種には事欠かない。  私も昔、ある政治団体に属していたが、選挙の時には秘書さんに選挙違反について細かく注意をされた。  と言うことは秘書と名が付けば、何が違反かは知っているはずである。  与謝野官房長官は連座制は過酷すぎると言うが、もし、秘書が己の知らないところで違反をしたとすれば、その政治家は秘書を御しきれない人物だと判断せざるを得ない。だからこのような人物が政治... [続きを読む]

» 「ファスレーン365」を締めくくる“Big Blockade”にぜひ日本市民のプレゼンスを! [ファスレーン365]
「ファスレーン365」を締めくくる10月1日の“Big Blockade”にぜひ日本市民のプレゼンスを!      ファスレーン365日本実行委員会 豊島耕一      toyoアットマークcc.saga-u.ac.jp      職場電話/fax... [続きを読む]

» 刑事弁護人の役割の小さな矛盾 [アルバイシンの丘]
 最近,また光市母子殺害事件に関するブログ記事が目に付くようになった.特に最近多いのが,光市母子殺人事件に対する弁護活動に対する攻撃,およびそれに対抗する擁護論の対立である.私が以前,記事に書いた頃は遺族の本村氏をめぐる議論が多かったと思う.明らかに話題がずれてきている. この弁護活動に対する批判は,信じられないことに,『極悪人を弁護するとは何事だ』というレベルのものが多い.こういうのは論外であるので,話題にはしない.今回の話題は,この論外の攻撃に対する擁護側の論理についてである.  すなわち,『... [続きを読む]

« 9・9憲法を考える歌人の集い | トップページ | 自分自身のあり方を静かに見直す機会 »

カテゴリー