無料ブログはココログ

« 連句紹介(9月27日の日経の夕刊) | トップページ | 水澄む(9月の俳句)(改) »

ある俳句会二次会句会(秋雨・サラダ)

目黒の駅前の高田屋で行われたある俳句会二次会句会からです。

兼題は秋雨・サラダです。

私の投句から 
(※は先生の評)(#は他の人の評)
(→は改作)です

ブレザーに包まれ秋雨の句の出来ず(0票)
(※結論が出ている)

ブレザーに包まれ秋雨の句をひねる

そばサラダ主役となりし秋の宴(1票)

句敵を酔わせて目黒に秋の雨(1票)

十六夜や女相手に野暮サラダ
(#女相手は女を見下している感じがする、野暮サラダはわからない)

秋雨や乙女後相手に野暮を言う

サラダ食えばジャスの高まる二次句会
(#季語がない)

きのこサラダジャズの高まる二次句会


他の人の句も全句紹介します。

初紅葉ちりばめてみてサラダかな 菫子
(#比喩であればそれらしく)
一皿のサラダ語るや暮れの秋 菫子

秋雨や耳傾ける風呂の中 菫子

秋雨や今日も向き合ふ己が心 菫子

貝割菜サラダに顔をのぞかせて 角之助

花野来てサラダの蓋を開けにけり 角之助
(#意味が少し分かりにくい)

サラダ食む居待ち突きの見えずなり 角之助

木に会ふと書いて檜や秋の雨 角之助

サラダ置く月の光のうすみどり さとし

秋雨と土のにほひのサラダかな さとし

秋雨に染渡る滲まざる灯をともしけり さとし

流るるもの流れぬものに秋の雨 さとし

歌詠みの顔を挙げゆく秋の雨 さとし

十六夜の明るさサラダの苦さかな さとし

秋雨やしずかな鴨と出遭ひをり 匡夫

秋の雨青信号の長きかな 匡夫

十六夜のこと話しつつさらだかな 匡夫

さらだ菜を持つともやさしとも思ふ 匡夫

いかがかなきのこサラダと僕の夢 舞

秋の雨北ウイングにゆがみけり 舞

思い切って雨に出てゆく恋の秋 舞

夜半の秋サラダ嫌ひという人と 舞

秋を産む女と暮らしサラダばかり 舞

秋雨や部屋の鉢物外に出す 淘平

秋雨や河原を見たく歩を延ばす 淘平

秋の日の射す食堂やサラダ食ぶ 淘平

秋の夜妻手作りのサラダ食ぶ 淘平


新企画第二弾いかがでしたでしょうか?
今後句にはなるべく写真をつけようと思います。

どうぞ激励クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもをお願い致します
FC2ブログランキング
→こんなのも始めましたこれもよろしくお願いします。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!

« 連句紹介(9月27日の日経の夕刊) | トップページ | 水澄む(9月の俳句)(改) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/16613311

この記事へのトラックバック一覧です: ある俳句会二次会句会(秋雨・サラダ):

» 紙面から 沖縄 アベ 郵政 [とむ丸の夢]
 日曜の朝、遅い朝食を済ませて新聞を見ると、第1面に大きく「沖縄11万人『検定撤回』を」の文字。昨日のテレビでも、広い会場をぎっしり埋め尽くした様子が映し出されていました。 あの自公推薦で沖縄知事選を制した仲井間... [続きを読む]

» 中国と日本、日本の「忘年会」「新年会」と「二次会」3 [中国から見た中国と日本の違い]
 労働と休憩を適宜にすることができない日本人が多い。仕事のときになると、無我夢中で一生懸命に仕事をする。遊ぶときとなると、思う存分遊び、とどまりどころを知らなくなる。だから、その人を見るとき、酒を飲んだときの言行を、日ごろの行いや態度と中々結び付けられな...... [続きを読む]

« 連句紹介(9月27日の日経の夕刊) | トップページ | 水澄む(9月の俳句)(改) »

カテゴリー