« 川越の奇跡7 | トップページ | 日米年次規制改革要望書自動翻訳 »

2007年10月22日 (月)

ライスショックの再放送を見た

20071015_416819
世界で作られるコシヒカリ

BSでライスショックの再放送を見た。
これほど日本の農業が危機に瀕しているとは思わなかった。
むしろ日本では一路に米が作れなくなりつつあるといった方が正確だろう。

たまたまあきたこまちの販売のお手伝いをしていることもあり、秋田での半年に及ぶ定点観測は強力なインパクトがあり都会に住んでいますが私には身近な問題です。
大潟村で大型農業のモデルと言われ一番裕福な農家と言われた人がもう駄目だと言っている以上、農水省の進める大規模化・集落営農は既に失敗していると思う。


他の国が100%近いのに日本だけ食糧自給率が39%というのは明らかに政策が間違っているでしょう。

内橋克人さんが言うように工業製品で外貨を稼ぎ食料を買うというのはいつ状況が変わるかもしれない。
他国に食料を依存して栄えた国はない。
農業を守るのは公的な費用だろう。

又井上ひさしもパンフを出しているように農業の持つ環境保全等の多面的な機能を評価しなければいけない。

以下各ブログから賛同する記事を紹介します。


NHKの問題提起力はすごいと思う。ワーキングプアの問題や今回のライスショックの問題。ワーキングプアの番組の中では、秋田県で昨年離農した農家が5000戸を超えていると指摘していたし、離農しなくても所得がわずかで税金を払えないと税務署へ駆け込む多くの人の姿を伝えていた。今回の番組のベースにもなっているのだろう。地方の衰退と農業従事者の高齢化、そして米価の落下が追い打ちをかける。
洛東BLOGライスショック(NHK)

一方、コメも野菜という種目として流通にゆだねた方がいいという学者がいる。
離農したところには、別のモノを植えたり、別な雇用を用意すれば言いという。
でも、それはどうか?
農業とは、自然を活かしてもいる、その土地で雇用を生んでもいる。
それが無くなると、人がいなくなり、自然が荒廃していく。
じゅずじの旦那

食品の値上げが相次ぐ中で、
お米の価格下落が続き、
日本の食料自給率は39%にまで下がっています。

他の先進国の食料自給率は、
オーストラリア237%、米国128%、フランス122%、イギリス70%・・・。

今現在は高い関税によって保護されているお米ですが、
WTOやFTA等の交渉によって、
関税等が下げられる方向に進んでいます。

このまま市場開放が進むと日本の農業は壊滅し、
食料自給率が12%に下落するという試算もあるそうです。
先日の所信表明演説で、福田康夫首相が
「高齢者や小規模な農家も安心して農業に取り組める環境を作る」と述べられましたが…。
まめなお茶屋さん

20071015_417158

自給率は日本だけ大幅ダウンしている。

今日はこんなところです。
どうぞ日本の農業への激励クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもをお願い致します
FC2ブログランキング
→こんなのも始めましたこれもよろしくお願いします。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!

NHKのホームページから

戦後日本の食を支えてきた「コメ」。中でも品質とうまさから、その頂点に君臨してきたのが「コシヒカリ」である。しかし、ここ数年、グローバル化が進む中、アメリカ・中国・台湾など世界各国が、この「コシヒカリ」素晴らしさに気づき、競うように大量生産に乗り出している。そして、今、こうした輸入米が、日本への逆流を始めた!!
食料自給率が40%を切った日本。食糧安全保障上、凶作や天候異変などが起きた時、危機的な水準(40%)だと、指摘する声も多い。戦後、日本の自給率を支えてきた「コメ」。しかし、今年、日本のコメは、大量流入する輸入米と長年続く消費の低迷によって、生産者価格は暴落している。さらに、WTOやFTAなどの交渉によって、最後の聖域「コメ」を守ってきた「関税」等が下げられる方向に進む中、離農の激増、自給率の低下は避けられないとみられている。「ライスショック」第一回は、日本最大のコメ産地新潟と世界各国の「コシヒカリ」に、今何が起きているのかを徹底追跡し、グローバル化が日本の食に何をもたらすのか?食料自給率40%をどう考えたらよいのかを、識者のインタビューを含め、考える。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/071014.html

食糧自給率が40%を切り、WTO・世界貿易機関でさらなる農業の市場開放が議論されている今年、日本の農業をめぐる政策は大きく舵を切った。全ての農家を支援してきた従来の方針を転換し、大規模化を条件に「強い農家」に支援を集中することにしたのである。農家はいま、かつてなく厳しい「選択の時代」を迎えている。
 農業の現場ではどんなことが起きているのか。わたしたちはあきたこまちの産地、秋田の3つの集落を半年以上にわたって定点観測してきた。
 そこで聞こえてきたのは現実と苦闘する多くの農家だった。大規模化で生き残りを目指すものの、後継者がおらずに高齢化が進み、コメ作りの将来が見えないと悩む中規模集落のリーダー。大規模化に乗れずにこれまでの支援が減ることになった中山間地の零細農家の一人は「代々続けてきた農家が重荷になってしまった」とつぶやく。そして、大規模化を40年近くにわたり実践してきた実験場・大潟村でも、消費者のコメ離れで米価の下落が続き、巨額の負債を抱える農家が続出している。
 グローバル化が進み、内外から市場開放を迫られている日本の農業。果たして、大規模化の道は、農業の再生につながるのか。そして、わたしたちは、外国産米の輸入と日本のコメ農家への支援をどう考えていけばいいのか。現場のルポと識者へのインタビューを材料に考えていく。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/071015.html

今日はこんなところです。
どうぞ日本の農業への激励クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもをお願い致します
FC2ブログランキング
→こんなのも始めましたこれもよろしくお願いします。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!

« 川越の奇跡7 | トップページ | 日米年次規制改革要望書自動翻訳 »

「テレビ」カテゴリの記事

コメント

買国双さん 初コメント有難うございます。 確かに大量生産大量消費の時代は終わったと思います。必要な物を必要な時に必要なだけ消費する賢い消費者でありたいと思います。

初めまして。
40反以上の農家なんて日本にそんなにいるか疑問ですよね。特に近郊農業でみたらかなり少ないですよね。
まあ私的には、自給率の低さも問題ですが、この低い自給率なのに食品を大量に作って大量に捨ててしまうこの風潮。これなんとかならないんでしょうか?大食いって自慢にならないと思うんですけど・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/16834643

この記事へのトラックバック一覧です: ライスショックの再放送を見た:

» マスメディアに「いちゃもん」 [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
(人気blogランキング参加中。) 「かめ?」のgegenga師匠からコメントで、『いちゃもんはもっと下品につけましょう!「クソ」とか「ケツの穴」などの言葉を多用すると、言語指導の方が現れて面白いですよ。』というご指... [続きを読む]

» NHKスペシャル「陸軍・特攻隊とは何だったのか・学徒兵たちの戦争」 [ツァラトゥストラはこう言っている?]
私はあまりテレビは見ないのだが、気になる番組は見ている。 日本で生活している者ならば誰もが耳にしたことがある言葉。特攻隊。その特攻隊に所属していた人たちの証言などを交えて、その実情の一端が放送された。これは貴重であり有意義なことだと思う。 思ったことはいろいろあるが、まとめる時間がないので一言だけ。 特攻隊で死ななかった人があんなに多い(半分以上?)とは思わなかった。そもそも飛行機が動かなかったり、故障などによって、たどり着くことさえできずに不時着したりして特攻できなかったのだ。 その事実は... [続きを読む]

» コメの市場開放と農業の行く末 [自営業者のきままな毎日]
このところNHKで日本の農業をテーマにした番組を放映している。 先週末はコメを中心とした農産物の輸入自由化について一般視聴者をスタジオに迎えて討論していた。 [続きを読む]

» 07年10月22日 月曜日 守屋氏のテロップと学校給食 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
07年10月22日 月曜日 守屋氏のテロップと学校給食  何時ものように朝刊を見てテレビを見ているが、この世の中から明るい話がなくなった感じだ。政治家や官僚が関わる不正事件、母親が自分の赤ん坊を6階から投げ下ろす。伊丹空港だと思うが、先日、離発着航空機のニアミスがあったと思ったが今度は関空、日本は何もかんも狂っている。 1・守屋前防衛事務次官。皆さんは私よりよくご存じですから番組内のテロップ全集。{/arrow_r/}(ここをクリック) 2・府中市の学校給食費。親の中に給食費を払わない不良PT... [続きを読む]

» 現在、どの辺なのか? [no brain no pain]
新自由主義という楔 マーク・ライデル監督「ザ・リバー」 アメリカの農村を襲った、自然災害よりも怖ろしい巨大資本の在り方を静かに告発した佳作。   :: :: :: 実は、観た当時、逆境に立ち向かう因習的な男(トム)を巡る家族や共同体における葛藤や絆を描いた、比較的良質な社会派ドラマだという認識しか持てなかった。 しかし、復古的な軍国調を尊ぶような言辞を弄ぶ政治家がマスコミで持上げられるような風潮に批判的な、幾つかのブログにお邪魔しては、より深い世相の背景について教えられるうちに、この作品が... [続きを読む]

» 年次改革要望書 「郵政民営化」部分の訳 [とむ丸の夢]
米国の年次改革要望書はそのうち外務省の和訳が出るだろうと思ってましたが、やはり気になったのでちょっと読んでみました。 かなりな部分で前年2006年と同じ文面が見られたのですが、特有の用語は出てくるし、複雑怪奇な郵... [続きを読む]

» CIA誕生と謀略の歴史 [観劇レビュー&旅行記]
 フランシス・コッポラとロバート・デ・ニーロ制作になる、CIA草創期の内幕を描く映画「グッド・シェパード」を見た。 (2007年10月21日 0:15〜3:15) ロバート・デ・ニーロ自身も年配... [続きを読む]

» 映画『六ヶ所村ラプソディー』 [ペガサス・ブログ版]
「六ヶ所村ラプソディー」の上映会に行った。会場は福岡市唐人町の甘棠館(かんとうかん)show劇場というところ。小さなホールで、100ほどの客席はほぼ満員だった。 映画は、六ヶ所村で、そこの再処理施設とかかわりながら生きる人々の生活と思いを淡々と綴る。映画の後のトークで鎌仲監督は、この施設への賛成・反対にかかわらず、公平に撮りたいと思ったと言っていた。登場する11名をあえて賛成派/反対派に分ければ、4対7で反対側が多いが、ラッシュ(文章なら草稿に相当)の時点では前者がゼロだったらしい。そこで監督... [続きを読む]

» 食料自給率39% [JUNSKYblog2007]
NHKでは今週、食料自給率とコメ生産の課題について、幾つもの番組を放映している。       (グラフはNKHホームページより)  上のグラフの右側が切れている時は、ブログの表示幅を広げるか、全画面表示に! まず「ライスショック」という2夜連続の特集で、コメ生産の異常な事態を現地への密着取材でレポートした。 第2夜は再放送で深夜見たが、途中で寝てしまった。 第1夜は、カリフォルニア、中国、台湾でのコシヒカリの生産とこれに伴う矛盾。 第2夜は、政府主導での、国内で集落単位の農業集団化による“大... [続きを読む]

» 2007年10月18日付け「日米規制改革要望書」の内容紹介をしているブログと論評記事・コメント [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
(人気blogランキング参加中。) 「今年の日米規制改革要望書(2007年10月18日付け)が発表されました (追記あり)」 http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-442.html と 「報道されなければマスメディアに文... [続きを読む]

» 日本では犯罪に怯えながら暮らさなければならないらしい [薫のハムニダ日記]
なんだか日本の一部の方たちから非常に評判の悪い『New York Times』の記事によると、路上犯罪が比較的低い日本においても人々は犯罪に対する不安感を募らせており、こんな衣装が考案されたんだそうです。 こう着て・・・(↑) こうなるらしい・・・(↓) いや、逆に目立ってますってば 他にも・・・ 消火器ボックスに偽装するランドセルとか。 きゃ~、防犯以前に、男の子が赤いランドセルだなんて、「粋すぎたジェンダーフリー」だわ~。ステキぃ~。さ... [続きを読む]

» 07年10月23日 火曜日  まだ戦後は続いている。 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
07年10月23日 火曜日  まだ戦後は続いている。  21日の日曜日にMBSとNHKで、二つの全く異なった戦時の放送があった。  MBSは元シベリア抑留者の石元砂雄(83)さんのシベリア抑留時代の当時の体験談。多くの兵士が過酷な条件の中で多くの戦友が餓えと重労働の中でばたばたと亡くなっていく。 (シベリア抑留者は・約60万人といわれている)      私も忘れていた、この話をしても現在この現実を知っている人は人口の何%いるのだろうか。間違ったているかも分からないが、当時、ラーゲル?でろくな... [続きを読む]

» 木を見て森を見ない 〜「酸素自給率」のこと [ストップ !! 「第二迷信」]
 以前、バイオ燃料の話題をあげたあと、コメントを頂いたり、よそでコメントしたりしたのも含め、おさらいを。先に結論を言えば、「我々の吸ってる酸素は、森林が作り出したものではない」ということ。 地球上に存在する「炭素原子」の数は限りがあり、それが、「単体」...... [続きを読む]

« 川越の奇跡7 | トップページ | 日米年次規制改革要望書自動翻訳 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 717短歌・俳句勉強会
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ