無料ブログはココログ

« 「日本国憲法 誕生」を再度見た | トップページ | 碓田のぼる 歌集 「花昏からず」を読みました »

映画「サウスバウンド」を見た

South_600_2


映画「サウスバウンド」を見た。
豊川悦司と天海祐希が主役
むしろ主役は家族で移住する西表島
海が綺麗だった。

前半がなければ後半もないのだけれど圧倒的に後半がいい。
小説は後半が追加だったようだが映画は前半をもっと削ってもいいと思った。

実際の撮影は沖縄の北部の古宇利島(こうりじま)
撮影後の上原家の家は移築され一般公開される予定の由
最後の海辺のシーンは本部町

「町営住宅は家賃2万円」というところで隣の同行者が反応した。
沖縄がだんだん私に近づいてくるような気がする。

以下引用です。

父は元過激派だ。
税金なら納めん!学校へなんか行かなくていい!!
沖縄を舞台に型破りな父親と少年の交流を描いた豪快エンターテインメント。

全力疾走しているんだけど、“何か変”な親父、上原一郎。
いつも親父の行動が恥ずかしくてしょうがない洋子、二郎、桃子。
そして一見フツウの母さんだと思っていたさくらまでもが…!?
「税金など払わん、学校へなんか無理に行かなくていい。文句があるなら国民辞めちゃおー」
子供の迷惑顧みず、ハチャメチャでブッとんだ大人が目前の“悪”に向かって突進する。すべてを捨てて突然沖縄へ移住し組織を相手に大立ち回り。子供から見たらとんでもなく過激な親父。ところが決して嘘はつかず、表面的な正義は振りかざさず、ある夢に向かって突き進む…そんな親父に、子供たちは、
「ボクたちの親父って、すげぇ!」と親を見直してゆく。
父親のちょっと時代ずれした孤高の戦士的雰囲気のおかしさ。母の変貌…。
「サウスバウンド」はとにかく破天荒な面白家族を子供の目線で描いたニュー・ファミリームービーなのだ!

角川映画サウスバウンドの解説より


youtubeのEien no Uta [永遠の詩] by Mika Nakashima [中島美嘉]です。
映画のシーンも挿入されています。
ヒットしそうな感じです。

DATA
公開日: 2007/10/06
製作年: 2007
製作国: 日本
上映時間: 114分
配給: 角川映画
キャスト&スタッフ
監督: 森田芳光
原作: 奥田英朗「サウスバウンド」(角川文庫)
脚本: 森田芳光
出演: 豊川悦司 天海祐希 田辺修斗 松本梨菜 北川景子 松山ケンイチ


どうぞ激励クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもをお願い致します
FC2ブログランキング
→こんなのも始めましたこれもよろしくお願いします。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!

« 「日本国憲法 誕生」を再度見た | トップページ | 碓田のぼる 歌集 「花昏からず」を読みました »

コメント

美爾依 さん
コメントありがとうございます。
年の為に言いますと私は元過激派ではありません。
敢えて言いますと今過激派です。(笑)

大津留さん、
コメントとアルファブロガーの応援ありがとうございました。こうして応援してくださる方がいっらっしゃることを知ってとても嬉しく思います。

この記事で紹介されたサウスバウンド、とても面白そうな映画ですね。主人公が元過激派というところが誰かを思い起こさせ、最高だと思います(笑)。

これからもどうぞ、宜しくお願いいたします。

トラバが飛ばせないので、コメントで失礼します。

やっぱり映画も後半がいいんですねえ。
映画は観るかどうかわかりませんが…

コメントとTBありがとうございます。
こちらの内容も、昨日UPした時より相当追記しましたので、皆さま また遊びに来てください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/16693360

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「サウスバウンド」を見た:

» 新自由主義経済の結末はバブル崩壊か恐慌 [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
経済に詳しくない私がこのような記事を書くのは僭越と言うものだが、経済に詳しくなくても、過去30年間の日本の世相を見てくれば、ある程度のことはわかるというものである。 「新自由主義」と言う言葉は、比較的新しく言われるようになった言葉だし、特に新自由主義の..... [続きを読む]

» 天海祐希が元過激派をクールに熱演 [観劇レビュー&旅行記]
本日公開の『サウスバウンド』を見ました。 森田芳光監督による熱い思いを込めた映画です。    (画像は大津留公彦のブログ2より再転載) 80年代に“過激派でアナーキスト”(と、子どもに教えている)だった... [続きを読む]

» サウスバウンド(上・下) [どくしょ。るーむ。]
この本はBack seat dogさんから紹介していただきました。 著者:奥田 英朗 出版社:角川文庫 紹介文: 精神科医・伊良部も変な人でしたが、本作品のお父さんも変わり者です。 元過激派で、「税金は納めない」「学校へは行かなくて良い」という父。 変なヤツと思い....... [続きを読む]

» こころ の 力(ちから) [観劇レビュー&旅行記]
沢尻エリカが主演して今話題の「クローズド・ノート」を見た。 題名を見て、スリラーものか怪奇ものか学園暴力やイジメものかと思っていたが(勉強不足です!)、全くそういう傾... [続きを読む]

» 映画『サウスバウンド』 [紫式子日記]
★公式サイト チケ屋で鑑賞券買ったら、 もうどこもやってなくて焦った#%E:196%# 有楽町シネカノンにて、無事に。 最近有楽町の映画館にお世話になってるな。 いぁー、面白かったです。 奥田英郎原作なだけありまして、 ギャグが冴えてました。 館内が一斉に笑えるのは、 よい映画の証拠だと思う。 元過激派の両親が 中心になってる映画なので、 思想的な偏りとかが ちょっと心配でしたが、 全然そういうのでもなかったです。 どれかと言うと 「正義」にスポットが ... [続きを読む]

« 「日本国憲法 誕生」を再度見た | トップページ | 碓田のぼる 歌集 「花昏からず」を読みました »

カテゴリー