無料ブログはココログ

« 教訓1 | トップページ | 日本スリーデマーチ »

落合監督は辞めたらどうだろうか

日本シリーズの優勝決定の試合で8回まで完全試合だった山井投手を落合監督が変えたことはどうしても理解できない。
完全試合は過去15人しかやってない。
日本シリーズでは一人も居ない。
そういう意味では落合監督は歴史的快挙を潰した監督となった。

エンターテインメントに華がなくなって人は面白がるだろうか?

勝てばいいというのは金をもうければいいと言うのにつながる
個人を潰して組織の反映はない。

大リーグでは投手が個人記録を作っているときはその投手を代えたりバントで揺す振ったりしてはいけないという暗黙のルールがあるらしい。
確かに日本ハムのヒルマン監督はバントの構えさえさせていない。

落合監督は辞めたらどうだろうか。
日本一にもなったことだし思い残すことはないだろう。

スポーツライターの玉木正之氏も激しく怒っている。
「これが野球やというのであれば俺は野球ファンをやめる!」とまで言っている。


公式ウェッブサイトから毎日の記事を紹介します。

11月1日(木) コラム2本書いて日本シリーズ。アッタマに来た。これが野球か!?野球の醍醐味はどこへ消えた!?ナンデ完全試合の山井を変えるねん。Wシリーズでもたった1回の記録をナンデ潰すねん!野球の最も美しい瞬間を消したのは誰や!スポーツに対する冒涜や!これが野球やというのであれば俺は野球ファンをやめる!これが落合野球やというなら…。日本一になったんやからサッサと辞めてほしい。午前中に中日新聞に優勝予定稿のコメントを電話で送っていたが急遽電話して削除してもらう。100年に1度あるかないかの凄い興奮の瞬間よりも53年ぶりの優勝を確実にしたかったというならナント小心な夢のない野球か!本当に気分が悪い。
11月1日(木)つづき フジテレビの「スポルト」に出た落合監督が話してた。「今だから話せるけど」山井に「豆ができた」んやって。そやから「投手コーチの判断は早かった」んやって。そうか。「日本シリーズ完全試合」を断念するほどの「豆」やったんやね。そらシャーナイわな。それほどの「豆」やったんならシャーナイわな。「日本シリーズ完全試合」を断念せんとアカンような「デッカイ豆」で「痛い豆」ならシャーナイわな。投手コーチが判断したなら監督としてはシャーナイわな。しかし俺の気分は…。俺の気分くらいドーデモええけど絶対に二度と見られないと断言できるほどの最高に美しい野球の瞬間が消えたことは…。そうか。「豆」やったんか。それは俺の「価値観」では理解できん。「価値観」が違うんやからドーデモええワ。一所懸命応援した自分が虚しい。「日本シリーズ完全試合」に興奮した自分が阿呆やった。それだけのこっちゃ。
11月1日(木)深夜 午前4時。気分がむしゃくしゃして眠れへんので書く。スポーツには必ず勝利と敗北がある。勝利を喜び敗北を悲しむのは「関係者」だけである。しかしスポーツには勝利と敗北に関わりない人々の心をも動かす瞬間がある。その瞬間こそ尊くスポーツが多くの人々に愛されている理由といえる。勝利と敗北だけが全てならそのスポーツは卑小な存在に留まるだろう。まぁ「豆ができた」んやからシャーナイけどね。しかし「金儲けをしてどこが悪いんですか」と嘯いた守銭奴の言葉が思い出されてならない。世の中おかしいで。いや邪推は止めよう。本当に「豆」で投げられなかったのだ。仕方なかったのだ。投げられないほどの「豆」だったのだ。それを事実と信じないと来年から野球を楽しめなくなる…。ダルビッシュは美しかった。もちろん山井も岩瀬も。
11月2日(金) 朝起きて友人からのメール。MSN産経ニュースというところが小生のHPを見たらしく『落合采配に玉木氏も激怒「中日新聞への寄稿やめる」』というタイトルでニュースを配信してるらしい。これはちょっとニュアンスが違う。「寄稿」というと「原稿を書く」こと。小生はドラゴンズ優勝の喜びの輪の中に入る気になれなかったからあらかじめ電話で喋っていた「優勝コメント」(中日のスカウト陣の素晴らしさが優勝の一因…等)の削除を電話で申し出ただけ。原稿を書いたり書こうとしたわけではない。「落合采配」にはテレビでもいろいろ「賛否」両論出てるけど「豆」やったらシャーナイで。投げられへんほどの「豆」やったら…。
11月2日(金)つづき じつは昨夜気分回復のためにDVDで映画『フラガール』を見る。悪くない映画やけど「賞総ナメ」はデキスギやろ。他にエエ映画はなかったんかな…と思いながらも元気づけられる。朝大阪へ。野球の最も美しいシーンが潰れた寂しさ悲しさを『ちちんぷいぷい』で思いっきり熱を込めて話させてもらう。でも中日ファンは喜んでるんやな。気持ちはわかるけどタイガースが同じシチュエーションで藤川を最後に出しても同じことを話したやろな。往復の新幹線で『大清帝国と中華の混迷』読了。いい本です。勉強になりました。現在の日中関係だけを見ていてもわからないことがよくわかりました。そのまま帰宅。「中日ファンの優勝の喜びに水をさしたくないので」明日の『スーパーサタデー』生出演はドタキャンを申し入れ了承していただく。スタッフキャストの皆さんほんまにスイマセン。とにかく今シーズンの野球は終わった。さぁ今年中にもう一冊新書を書こう。タイトルは『スポーツ・ジャーナリズム』。

玉木正之公式ウェッブサイト/

落合監督の采配に疑問を持つ人はクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもをお願い致します
FC2ブログランキング
→こんなのも始めましたこれもよろしくお願いします。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!

« 教訓1 | トップページ | 日本スリーデマーチ »

コメント

おまけ。
日ハムが「バント」させなかったのは、
それが有効でないと判断しただけのこと。

1点差で、負ければ終わりのシリーズ最終戦(になった)。
1点をとりにいくことを最優先するのは、監督の使命。ダルビッシュを「パーフェクト」のお膳立てに使う気などない。

それまでの日ハムが、「セギノールの1発」に頼った得点しか上げられない流れで、
「にわか」のバントなど、出塁の可能性は少ない。
一昨年のロッテみたいに、西岡・今江がいて、相手チームが浮き足だってれば、セーフティバントは効果がある。(第二戦の西岡が、阪神の流れを止めた)

苦し紛れのバントなど、するほうがアホやわ。

日本シリーズを「大相撲」のレベルにしちゃいけないと思います。

はじめまして。

さて、落合監督に対して批判的なブログをよく見かけます。
それ自体はいいのですが、「野球をつまらなくした」とおっしゃる皆さんにお聞きしたい事があります。

今年、どれだけ野球の試合を見ましたか?

特に、中日の試合はどれだけ見られましたか?

まさか、普段は見てもいないのにこの試合「だけ」を見てああだこうだと言っていませんか?


もし、見ていたとしても、53年ぶりの日本一に喜ぶ中日ファンに冷や水をぶっかけるような言動は失礼ではないですか?
それでは、某ボクシング親子とレベルが同じですよ。

まぁ、私は中日ファンではありませんが(笑)。

私も、実況を聞いててびっくりしましたが、
あとで考えれば、「バッシング覚悟」で岩瀬を信頼して送った落合監督に納得してます。

山井君。くやしかったら、エースになれ。
山本昌なら、41歳でノーヒットノーラン達成しても文句はない。

「初登板でノーヒットノーラン」の記録だけ残して長続きしなかったドラゴンズ先輩・近藤真一なぞ、
栄光でも何でもない。

「大記録」は残さなくても「実績」を残した、元阪急の山田久志のほうがホンモノの記録。

まだまだ若いんだから、「ローテーションの谷間ピッチャーのまぐれ」でなく、実力で何度でも挑戦してくれ、と、エールを送ります。

この4回から豆がつぶれていたという話は当日はありませんでした。しかしもう一回投げたら投手生命がなくなるとは思えません。この前代未聞の記録は翌シーズン全部に匹敵するような大記録です。大リーグでは記録を作りつつある投手には話かけないそうです。本人が望んだのなら話は別ですが…

普段は野球なんかというか、テレビも見ません。webニュースでは落合監督が「4回から豆を潰して血だらけになっていた」「今日だけのことで、シリーズ初ということだが同時に選手生命を終わらせるかも知れない。だから交代させた」とありました。
これを見て、ああ、経営者感覚だな、と思いました。私は落合監督の判断を支持します。山井選手の後ろにいる家族の事と、記録とどちらが大事か?ファンというのは記録が欲しいのですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/16967346

この記事へのトラックバック一覧です: 落合監督は辞めたらどうだろうか:

« 教訓1 | トップページ | 日本スリーデマーチ »

カテゴリー