無料ブログはココログ

« マイセン展 | トップページ | 荷車の歌 »

京橋のフィルムライブラリーで行われているチャップリン没後30年記念のチャップリンと日本展に行きました。
秘書の高野虎市の遺品展でした。
チャップリンの秘書は一時期全て日本人だったそうです。
展示室には映画に関する興味を誘う物がたくさんありました。

チャップリンの日本

チャップリンの日本

チャップリンの日本

激励のクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもをお願い致します
FC2ブログランキング
→こんなのも始めましたこれもよろしくお願いします。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!

« マイセン展 | トップページ | 荷車の歌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/17099024

この記事へのトラックバック一覧です: チャップリンの日本:

» 「チャプリンの独裁者」でのチャプリンの演説−1 [JUNSKYblog2007]
去年から、この演説について取上げてきましたが、 この正月に、もう一度通しで見ました。 また、最後の7分の演説は日本語字幕と英語字幕で見直しました。 そして、やはりこの英語での演説を多くの皆さんに御紹介したいと思い、DVDを一時停止にしながら、英語字幕を書き取りました。 A4用紙に4枚に及ぶ演説ですが、これを何回かに分けて御紹介いたします。 *************************** I’m sorry, but I don’t want to be an emperor.  Th... [続きを読む]

« マイセン展 | トップページ | 荷車の歌 »

カテゴリー