無料ブログはココログ

« 「アベする」から「オザワる」へ | トップページ | 読売とナベツネは責任を取れ! »

ナベツネとロックフェラー

当分小沢ネタが続きそうだ
2つ記事を紹介します。

1つは防衛利権の力学
もう一つは小沢辞任へのナベツネとロックフェラーの影響力の話

なかなかすごい話が出てくる。

ペガサス・ブログ版

「週刊金曜日」最新号(11月2日付け)の「守屋疑惑で急浮上する防衛利権」という記事によると,防衛利権の中核を握るのは旧田中派で,経世会の分裂で自民・民主に分かれて存在するという.今回の会談の目的の一つに,この疑獄にどのへんでフタをするかという談合もあったのではないだろうか.
同記事は次のように締めくくられている.
防衛利権の闇をどこまで明らかにできるのか.民主党が真剣に取り組めば身内の血が流れることもありうる.だが,だからといって中途半端に矛を収めるようでは,防衛利権はなくならず,国民の信頼はいつまでたっても得られない.」

福田ー小沢談合について多角的な推理と活用をペガサス・ブログ版


もう一つはジャパン・ハンドラーズと国際金融情報

拙著『ジャパン・ハンドラーズ』で書いたように、ナベツネと中曽根はキッシンジャーに繋がる親米派であり、ネオコンには批判的だが、基本的にアメリカ追従型の提言を行う。55年体制の申し子のような人々である。 そのナベツネが、社主となる読売の社説を使って、大連立構想をたきつけており、読売の紙面がその方向で書かれており、客観報道というよりは、ニュースを作り出す姿勢が前面に出ている。読売は滅多に読まないが、今日はじっくり読んでしまった。「大連立を選択肢から排除することは責任政党の取る姿勢ではない」と書いており、大連立の試金石が、「給油の早期再開」とこれまたご丁寧に指摘してある。
このままの流れで行くと、給油法案は、参院で粛々と否決され、衆院での3分の2で再可決することで成立する。しかし、その他の重要法案についても民主党は同じ路線を取ったらどうなるか。読売社説は、「会期末を前にしながら、法案は一本も成立していない」と書いている。自民党は、その民主党の責任政党の資質を問題にして、総選挙に打って出る可能性が高い。政局は一気に流動化する。これが年末から4月までには必ず起きると思う。予算関連法案をどうするのか、という声が必ず上がってくる。
そういえば、福田首相は、1日夜に、ホテルオークラにある、日本料理屋「山里」で、五百旗頭真防衛大学校長、岡本行夫元首相補佐官と会食している。二人は、前者がリベラル系の、後者はやや保守系の親米派論客である。この二人からは、福田首相に対して、「給油を何とかしろ」というアメリカ側の意向が告げられたと推測できる。しかし、新聞は書いていないが、福田首相と会食したのは、この二人だけだったのだろうか。 山里という料理店は、米国大使館前のホテルオークラにあるのだが、この料亭で定期的に開催される会合が、「山里会」(やまさとかい)という。この山里会はナベツネとベテラン政治記者による会合だが、自民党の加藤紘一氏によると、「読売新聞社長の渡邉恒雄、政治評論家の中村慶一郎、早坂茂三らでつくる勉強会」だそうであるが、国民新党で出馬して落選した中村慶一郎氏、既にこの世にない早坂茂三以外に残っている主要メンバーが、ナベツネであるから、事実上、これはナベツネの最後の権力基盤であると見て良いだろう。山里会には、森前首相も時々参加していたようだ。安倍前首相時代に、評論家の宮崎哲弥と森、安倍が会食していたことが伝えられている。 今回の、大連立は、この山里会が仕掛けた大作戦だったようだが、これは失敗した。これで分かることは、自民党の大勲位とナベツネの政局に対する影響力が急速に低下していたが、今回の一件で完全に失墜したようだ、ということである。
私は昨日、山里会の情報操作が破れたと書いた。しかし、そうではなかったかもしれない。小沢は、言いしれぬ力によって辞任に追い込まれた。それだけの力があるのはアメリカしかない。

そう考えるべきで、首脳会談だけでもやらなければならない事情があったのではないか。客観的に観て、ここで連立を真っ向拒否して、民主党が自民を解散に追い込めば、公明党と裏で手を結ぶことで、政権交代は実現していたはず。まさに彼等はいま勝ちつつあった。しかし、ある方向からの情報で、小沢は「打ち方止め」を支持せざるを得なくなった。民主党は自民党との休戦協定に合意した・・・。

そして、最終的に小沢は刀折れ、力尽きた、というところだろう。ワシントンかウォール街の政治圧力でもあったのだろうか。

折しも、あのデヴィッド・ロックフェラー(92)が来日中。

(中略)

ロックフェラーは、自分が出資した新生銀行の誕生後の2002年にも首相官邸を訪れている。今回の来日中のロックフェラーはどういう発言を残すか、非常に重要な点である。

私の推測だが、小沢代表の行動が最近、浮ついた感じがあったのは、ロックフェラー来日の報を知ったからではないか。大連立には踏み出したくないにもかかわらず、福田との会見を二度も行うなど、与野党とも行動がどうもヘンだったのは、ロックフェラーが原因ではないか。小沢の師匠である田中角栄元首相は、金脈事件で記者会見をしたとき、「ロックフェラーにやられた!」と叫んだそうだが。

無論、ロックフェラー個人が手を下すわけはなく、ゲイツ国防長官や知日派のキッシンジャー国務長官の人脈が直接には日本の受け皿である財界人やマスコミ、政治家に働きかけたのだろうけれども。

(中略)

(腐ってもまだ)「世界皇帝」の地位にあるデヴィッド・ロックフェラーが無言の圧力を加えたのだ、とみなければ、最近の政局の不透明さ、不可解さは読み解けない。テレビメディアは多かれ少なかれ、渡辺恒雄の支配する「山里会」に頭が上がらない。

junskyさんのご指摘で分かりましたが肝心のデヴィッド・ロックフェラー関係の記事の引用が抜けていました。
羊頭狗肉でした。
失礼しました。
junskyさんありがとうございました。

激励のクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもをお願い致します
FC2ブログランキング
→こんなのも始めましたこれもよろしくお願いします。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!

« 「アベする」から「オザワる」へ | トップページ | 読売とナベツネは責任を取れ! »

コメント

やっぱり、まるごとネタ落ちだったんですね。
「明日の記憶」になられませんように!?

 ところで、このテンプレートは、本文欄の幅が狭いため、引用文はちょっとずつ細長くなって来て、読みにくいですね。
ひどいところは、1行に7文字しかなくて・・・
そろそろテンプレートの交換時期では?
朝晩は寒くなってきたことでもあります
し・・・

 そう言えば、このブログは開くまでに時間が掛かるんですよね。TOPに色々貼り付けすぎではないでしょうか?
重たい表紙と言えます。

JUNSKY さん

ご指摘ありがとうございました。
半分寝ながら書いていたので引用がばっさり抜けていました。

92歳の老人にそんなにパワーがあるなら我々の前途は明るいですね。

大津留公彦さんの元記事には、ナベツネについても、ロックフェラーのことも何も書かれていないが、『羊頭狗肉』というか、タイトル倒れというべきか・・・
【続き】を書くつもりだったんでしょうか?
最近は「牛頭豚肉」というのもはやったが (ミートホープ事件など)・・・

とどのつまり、小沢さんは、わが身可愛さから日本をアメリカに売ったということでしょうか? 
ここで思い出されるのが、松岡元農相の顛末です。あの事件の背後にあったものと今回の辞任劇の背後にあるものは同じではないでしょうが、同じような力の用い方をする勢力なんでしょうか。だとすれば、小沢さんのわが身可愛いというのもかなり切迫してものだったんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/16990464

この記事へのトラックバック一覧です: ナベツネとロックフェラー:

» いろんなニュース32 [言ノ葉工房]
みなさま、ミスタ鳩山おとうと邦夫は蝶々がお好きだそうですが、自身もどこかへ飛んで行きそうな奇言が目立ちますね。では、このニュースから。 小沢民主党代表が辞任表明、連立拒否決定で不信任と判断 11月4日19時14分配信 ロイタ... [続きを読む]

» 「小沢の辞任」…本質を見失わずにいよう [dr.stoneflyの戯れ言]
 ワタシの政治音痴は最近とくに酷くなっている。  この前も、明日(11/1)から値上がりするガソリンを、値上がりする直前に買い溜しようとした庶民が行列を作ったというニュースが流れていたのだが、そんな庶民のことを想いインド洋あたりで営業していたガソリンスタンドが救世主として帰ってくる(11/1)のだと思っていたら違っていたらしい。またまた、鳩山某という(一応)法治国家の法のほうで最上位の人が「友達のともだちはアルカイダ、みなんでひろげよう、ともだちの輪っ!! ってことでテロリストがウヨウヨ...... [続きを読む]

» 大連立 仕掛け人は中曽根・ナベツネ ライン? [JUNSKYblog2007]
 2007年11月5日の「報道ステーション」(テレ朝)を見ていたら、中曽根康弘元首相が、大連立を勧めたことを自ら語り、ネベツネ(讀賣新聞 渡辺恒夫氏)さんが随分以前から福田氏や小沢氏に個別に会っていたようだと言っていた。  中曽根氏が仕掛け人であることは、どうやら事実のようだ。 それを得意がって発言する中曽根氏も「老害」以外の何者でもない醜態であった。  中曽根氏といい、ナベツネ氏と言い、大正生まれの御老人であり、こんな老害人士に左右されている自民党総裁(首相)も民主党党首も無能というほかは無い。 ... [続きを読む]

» タヌキとムジナ合戦の果てに。。。 [Saudadeな日々]
小沢さんがウワサどおりワナにはまって民主党の代表を降りた。 (正確には、降板の意思表示をした。) ショックだけどそれほど驚きはなかった。 こういうブログ書いてるような人なら、分かるもんね。 ただ、予測できた危機を回避できなかったのが悔しい。 角さん時代からの兄..... [続きを読む]

» 小沢・福田事件の教訓:政党は有権者と「大連立」を――「アンケート民主主義」の薦め [平和への結集第2ブログ]
小沢民主党代表と福田首相による一連の密室会談、それに関連する騒動をひっくるめて、小沢・福田事件と呼んでおくことにします。時間がなくて書き始めが遅れましたが、言いたいことが多くなりそうなので、何回かに分けて、なるべく短めに書いていこうと思います。 法案が一..... [続きを読む]

» 老害ナベツネの「しゃしゃり」 [風に吹かれて]
数年前のプロ野球再編問題で、ナベツネがヤクルトの古田敦也選手会長(当時)に対し、「たかが選手が」という発言をしたけど、”たかが一新聞のオーナー”がなぜここまでしゃしゃるんだろうって思っていた。だけど、今回の自民党と民主党の大連立とやらを裏で仕掛けたのがこのクソジジイだと知り、「たかが選手が」と言ってたのは、ナベツネ自身が自分のことを「政治もプロ野球も、世の中のことを全て思い通りにできる権力者だ」と何年も前からこんなとんでもない勘違いをやらかしていたからだったんだなって改めて気づかされた。 ...... [続きを読む]

» 民主党・小沢党首 翻意して続投を決意?! [ポラリス−ある日本共産党支部のブログ]
 民主党の小沢党首の辞任表明は、民主党幹部の“熱意ある”説得によってひとまずは回避され、引続き「党」を率いてゆくことになったようです。  しかし、ひとたび「死に体」になった人を再び呼び戻すとは、ゾンビが党... [続きを読む]

» それでも大連立を目指すべきだ! 読売新聞 (11/5) [JUNSKYblog2007]
 きのうの記事で、中曽根元首相と讀賣新聞のナベツネが大連立の筋書きを書き、クロコ(黒子)もやった(中曽根氏本人の弁)ことを書いたが、11月5日の讀賣社説では、「それでも大連立を目指すべきだ」と書いている。  この讀賣の動向は、昨日の各局のニュース・ショーで、複数のコメンテイターが言及していた。   参議院選挙直後の8月にも、この伏線となる記事を書いたそうだ。  元の記事は、結構長いが、“歴史的文書”?になるかも知れないので、Web版から引用しておく。  もちろん、当ブログは讀賣新聞の論調とは全く異... [続きを読む]

» 経世済民な歌 [愚樵空論]
小沢一郎の辞任劇。大騒ぎした挙句、結局元の鞘に納まる模様。他人事ならそれもよかろうが。しかし、小沢一郎と民主党の関係は他人事なのだろうか? 私たち選挙民と小沢一郎&民主党の関係も、小沢辞意撤回で元の鞘に納まるか? これは... [続きを読む]

» 07年11月06日 火曜日 昨日の新聞とTVと民主党 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
07年11月06日 火曜日 昨日の新聞とTVと民主党  民主党が揺れている。  庶民が外野で見ていると、民主党は自民党の作戦にはまり込んだ感じがする。 1・ 実際に二人の間で何を話したかは等の本人しかわからない。スーパモーニングに二人の主張の食い違いのテロップがあった。    2・朝日新聞の・党首会談の内容をめぐる主な説明 {/arrow_r/}(ここをクリック) 3・朝日新聞の・小沢氏の辞意をめぐる民主党執行部との主なやり取り {/arrow_r/}(ここをクリック) 4・テレビ番組の... [続きを読む]

» 国民不在のドタバタ劇だ 【河北新報・社説】 [JUNSKYblog2007]
小沢氏の地元でもある東北の【河北新報】の社説です。 昨日御紹介した讀賣新聞とはスタンスが全く違います。 当ブログは、どちらかというと、こちらに近いと思います。 では、どうぞ。 ******************************************* 【今日も御覧頂きありがとうございます。 このブログを応援して頂ける方ははクリックを!】 ******************************************* 【河北新報・社説】    小沢氏の辞任撤回/国民不在の... [続きを読む]

» NONブログ開設致しました。ロックフェラーセンター [NONブログ]
株式会社NON公式ブログ開設致しました。更新中です。ご覧下さい。 [続きを読む]

« 「アベする」から「オザワる」へ | トップページ | 読売とナベツネは責任を取れ! »

カテゴリー