« 岩田和輝君を探してます。 | トップページ | 2008年度、啄木コンクール」の作品を募集 »

2007年12月30日 (日)

「歴史は私に無罪を宣告するだろう」

070401_a_01


今日(12月29日(「カストロ・人生と革命を語る」というフランスのテレビ局のキャスターがインタビューしたものの再放送がBS1で 5回4時間以上に亘ってあった。
このインタビューはほぼ5年前のものだが、カストロは現在病床にある。
これだけの長時間のインタビューはもうないだろう。


それだけでもこの番組は歴史的な意味がある。
日本のテレビ局がこれをやれなかったのが残念である。

私はカストロを見直した、というよりも発見したといった方が正しいかもしれない。
カストロの生の声をじっくり聞いたのがはじめてであるが上に4時間も聞いた。
アメリカなどの目で見たカストロ像を我々は植え付けられている。
「激情家で乱暴な暴力革命論者・・・」など
私はカストロは知的で人間的にも素晴らしい人物だと思った。
4時間も話を聞けばその人の人となりは大体分かる。

(我が人生の同志である妻と一緒に見る事が出来たことも良かった。)

番組の中で出てきた囚われていたときのカストロの「歴史は私に無罪を宣告するだろう」という言葉は今年なくなった日本共産党の宮本顕治の、『「人類の正義に立脚する歴史の法廷」は必ず弾圧者の誤りと自分たちの正しさを証明するだろう』という言葉とよく似ている。
カストロの生年月日は1926年8月13日、宮本顕治は1908年10月17日、宮本の方が18年年上だが同じ時代を生きた革命家の歴史に対する共通の確信の言葉といえるだろう。
フィデル・カストロ氏に一日も長く生きて欲しいと思うと共に、故宮本顕治氏の冥福を祈ります。

別記事で明日以降各回を紹介します

以下番組のホームページからのシリーズの紹介です。

革命運動の指導者となって50年目の2003年1月、キューバの国家元首であるカストロ議長はテレビカメラの前で、自らの人生と政治を振り返る6時間以上に及ぶ長時間インタビューに初めて応じた。インタビュアーはフランスの外交専門誌「ル・モンド・ディプロマテック」の編集長、イグナシオ・ラモネット氏だ。

政治よりも山登りに興味のあった青年が革命家となり、国家元首としてキューバの運営を統率するまで、革命闘争の内幕、盟友チェ・ゲバラに対する熱い思い、アメリカとの数々の衝突、そしてキューバと世界の未来について、カストロはカリスマ的ともいえる絶妙の話術で語り尽くした。

国際的に非難されている反体制派への人権侵害についての厳しい質問には、カストロ議長は「アメリカが私のゲリラ戦術を真似て、キューバ国内の反体制派をゲリラに仕立て上げている。国家秩序を乱すゲリラに対しては、それなりの処置はやむを得ない。しかも、アメリカは私にアイデア使用料さえ払っていない!」と、ユーモアさえ交えながら、したたかに切り返す余裕を見せる。

インタビューの随所に見え隠れするカストロの世界観は、いま中南米で台頭著しいベネズエラのチャベス大統領をはじめとする左派政権に、大きな影響を与えていて、現在のアメリカと中南米の微妙な関係を考える上でも興味深い。

病気療養中と伝えられるカストロ議長の、まだ全身にエネルギーがみなぎる最後の姿と肉声を伝える貴重な記録を5夜連続で、一挙放送する。

そして第一回「革命家誕生」のあらましです。

1万ヘクタールもの土地を所有する大地主の息子として生まれたカストロ。なぜ恵まれた境遇の中で、反逆者としての精神を培ったのかという質問に、「父はスペインの貧しい農民出身で、金持ちの身代わりとして徴兵され、派遣されたキューバで成功をつかんだ。自分の幼少時代には家庭はまだ貧しく、周囲にいたのは貧しい労働者階級の人々だった。のちに自分が特権階級となった時、そこに社会システムの矛盾を見た」と答える。

そして10歳の時、字の読めない料理人のために毎日スペイン内戦の新聞記事を読み上げたことや、規律の厳しいカトリック系の学校で監督官と衝突し、理不尽にも退学処分となったことなど、幼少期のエピソードを披露。

大学入学時には政治より登山に熱中していた青年が、当時盛んになり始めた中南米諸国の民主化運動に感化されて革命に目覚めたこと、1952年の軍事クーデターでキューバの統治者となったバティスタ政権を覆すため、シボレーを自ら運転し、1200人の同志をリクルートしたこと、政府軍の兵営を奇襲したが、手違いの連続で玉砕したモンカダ兵営襲撃事件の顛末など、破天荒だった少年、青年時代を語る。

原題: Moi,Fidel Castro
制作: Temps Noir(フランス) 2004年

激励を込めてクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもをお願い致します
FC2ブログランキング
→こんなのも始めましたこれもよろしくお願いします。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!

« 岩田和輝君を探してます。 | トップページ | 2008年度、啄木コンクール」の作品を募集 »

「テレビ」カテゴリの記事

コメント

コミュニストさん
あけましておめでとうございます。

私もこの記事には残念な気持ちでした。
(定年前に退職する教員が定年退職者を“逆転”/神奈川県)

教育と教育を支える教師を支えない政治は未来を支えるものではないでしょう。

今年もよろしくお願いします。


管理人様へ
>キューバに学ぶべきは医療・教育・そして政治家の品性と知性でしょう。
確かに仰るとおりですね。しかし言葉を返すようで申し訳ありませんが、コミュニストにはカストロが軍隊や医師を育てるために教育を重視していたのが印象的でした。

こんな記事がありました、ご参考までに。
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiidec0712482/

憲法の理念すすめる教育の裾野崩す保守政権

コミュニストさん
ども・・

キューバに学ぶべきは医療・教育・そして政治家の品性と知性でしょう。

国会の各委員会がキューバ視察をしたらいいと思います。

キューバ革命の成功は教育重視にあり!カストロが何度も強調していた!日本との違いが浮き彫りに!

文科省国家の計を踏みはずし子らの未来をまた切り捨てむ

それにしてもインタビュアーに対するカストロの応対は、知的ですばらしかった!

CASANEGRAさん
コメントありがとうございました。

>
吉田太郎氏の著作などでもキューバには興味を持っていましたが、これを見て行く機会があればぜひ行きたいと思いました。

私も吉田太郎さんのホ-ムページを見ました。rhttp://www14.plala.or.jp/Cuba/index.htm
映画「シッコ」でマイケルムーアがアメリカより進んだキューバの医療制度を紹介していたのが気になっていましたがこの番組を見て私もキューバに行ってみたくなりました。
今後ともよろしくお願い致します。

小生も4月にこの番組を見て、先日の再放送も見ました。
これほど中身のある話ができる人はなかなかいないですね。少なくとも日本の政治家には。
吉田太郎氏の著作などでもキューバには興味を持っていましたが、これを見て行く機会があればぜひ行きたいと思いました。

岩渕剛さん
コメントありがとうございます。

>暗殺は殉教者を生むだけで、味方に利益はないのだというのです

まさに今この言葉が世界に必要ですね。
この番組のことは更に書きます。

今後ともよろしくお願いします。

私もあの番組をみていました。
ああやって、みずからの信条を語ることのできる指導者はりっばなものだと思います。
暗殺は敵を殉教者にするだけで、革命には有害なものだと言い切ったことも、なかなかだったことでしょう。

大津留さん、早速にも私のリクエストにご賛同いただき恐縮です。

さて、私が推薦したブログで一つ採用されたことがありますが、「NPJ お薦め ブログ/HP/論評」の選考嗜好は私から見るとどうかなと思われるものが多く、また自己推薦は認めないものと思われます。

まぁ、イベント情報の一つとしてテレビ番組を推薦すれば間違いなく採用されると思いますので、「この夏のテレビの平和特集」に取り上げたような番組の情報をドンドン送り込んでください。

コミュニストさん
コメントありがとうございました。

>三十一文字の世界に誘い、想像力を掻き立ててくれる短歌の役割も大きいと思う今日この頃です。
格差こそ諸悪の権化負け組の心ひろげむ瑞穂の国へ 

短歌の価値を評価いただきましてありがとうございます。
石川啄木初め庶民派短歌の先達達に成り代わりましてお礼申しあげます。

是非20首作って啄木コンクールにも応募下さい。

ゴンベイさん
NPJを紹介いただいてありがとうございました。
早速記者登録し本記事を投稿致しました。
1・17のNPJ設立記念集会には参加しようと思います。
オーマイニュースには記事を出していますがコメント欄がネットウヨばかりで辟易していました。
NPJに新しい市民ジャーナリズムの誕生を期待したいと思います。

私も視ました。巷間で言われているカストロ像とは全く違っていましたね。如何にアメリカのデマぶりがひどいものか、反面教師となりました。フランスのメディアに拍手です。それを報道したNHKにも拍手をおくります。遅かったんですが。今中南米に拡大している新自由主義に対する新しい実験、これを新しい自由主義の拡大というコピーの影で多くの庶民が泣いている経済大国ニッポンでどのように生かしていくか、来年が楽しみですね。
三十一文字の世界に誘い、想像力を掻き立ててくれる短歌の役割も大きいと思う今日この頃です。
格差こそ諸悪の権化負け組の心ひろげむ瑞穂の国へ 

政治見識を醸成するのに適当なテレビ番組はもっと視聴されるべきだと思いますが、なかなか番組欄をチェックしているブロガーはいないのが現状ではないでしょうか。
私は以前NPJに対して或るテレビ番組を紹介して掲載してもらいましたが、NPJからの返信には「テレビ番組までなかなか目が届かない」とのことでした。
大津留さんはブロガーにしては珍しくテレビ好きだと思います。ご自身の嗜好を生かしてNPJに番組を推薦していただければ幸いです。

参考:NPJ「お薦め イベント情報」で【「2008年1/7(月) NHK BS2で16時半
 「小田実 遺す言葉」 再放送」】と紹介があります。

NPJ News for the People in Japan
http://www.news-pj.net/index.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/17518310

この記事へのトラックバック一覧です: 「歴史は私に無罪を宣告するだろう」:

» 2007年の回顧と、2008年への展望 [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
長らく記事更新を休止しておりましたが、年末ともなり、今年を振り返ってみたいと思い、記事を書きます。毎日更新するのは、もう少し後になってからになると思いますが。 さて、2007年を振り返りまして、やはり感慨深いのは、7月参院選での自民党大敗北と、その後の..... [続きを読む]

« 岩田和輝君を探してます。 | トップページ | 2008年度、啄木コンクール」の作品を募集 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ