無料ブログはココログ

« 私も生きていてもいいのだ(ワーキングプアⅢ) | トップページ | 一気に通知文を »

カークさんから今夜は年金をやりますねとコメント頂いたのでみんなの幸せのために全文コピペでお知らせします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今頃、全ての人の年金の名寄せは出来ないと白状した政府。 なぜ今頃なのか? 解散の直前だと非常にマズイからだと、解説する人もいる。 長年の政府の国民に対する背信行為を忘れてはならない。 「百年安心」と言っていたのはついこの間であることを思い出せ。 別の見方をすれば、今の政府に官僚を管理する能力は無いと言う証明でもある。

〇       〇         〇

平成19年12月17日(月) 午後10時~10時59分
総合テレビ
http://www.nhk.or.jp/special/onair/071217.html
年金記録は取りもどせるか
~社会保険事務所からの報告~

収めたはずの年金保険料の記録がない。はたして年金記録は取り戻せるのか。
今回、その最前線、社会保険事務所の1つにカメラを入れ、作業を全て記録できることになった。
政府は、5000万件を超える“宙に浮いた年金記録”の照合作業を来年3月までに終える予定だが、現場での作業は困難を極めている。舛添厚労大臣は、最終的に解明できない年金記録も出てくるとしているが、実はその実態は想像以上に深刻である。
なぜ適切な年金の管理ができなくなったのか、過去の記録管理の実態と経緯が明らかになることで、背景に社保庁の組織の構造的問題があったことが浮かび上がってきた。業務量の増大に対する人的な手当てや予算の配分が不十分で、改善が行われないまま業務管理が甘くなり、モラルの低下が進んでいった。
番組では、社会保険事務所の実態とOB職員の証言、内部資料などをもとに、杜撰な記録管理の全貌を明らかにする。さらに、浮かび上がった組織の構造的な問題にどうメスが入れられるのか、検証する。

激励を込めてクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもをお願い致します
FC2ブログランキング
→こんなのも始めましたこれもよろしくお願いします。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!


« 私も生きていてもいいのだ(ワーキングプアⅢ) | トップページ | 一気に通知文を »

コメント

x第二迷信さん
コメントありがとうございます。
国民年金7万円だけでは暮らせませんね。
仰せのとおり「暮らせる年金」が必要です。

「一気に通知文を」でも書きましたが、官僚組織の集団無責任体制がはびこっていたということも原因の一つとしてあると思います。

「消えた」責任の押し付け合いばかりが話題になっていますが、

最大の問題は「100年安心」のはずの年金を、国民年金では、
きっちり納めても7万円もらえないような根本問題。

「消えた」のを復活させても、生活できないような年金だったら、
意欲もわかんと思います。
(年金記録が消えるような生活歴そのものが「弱者」の象徴だったりします。終身雇用されて、退職しても「天下り先」があるような役人には理解できまいが)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/17391352

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜は年金:

» 07年12月17日 月曜日 報道2001より [護憲+グループ・ごまめのブログ]
07年12月17日 月曜日 報道2001より  現在は報道バラエティーの花盛りだ。其れをみんな見てみたいのだが身は一つ一日の時間は24時間そうは多くは見ることができない。そして、メーンパネラーや司会者によって好き嫌いはあり、不思議なことに好きなタイプほど視聴率は低いようだ。  その中のでは竹村健一と田原総一郎は、最も嫌いなタイプだ。たが考えてみると報道2001は報道バラエティーでは一番長寿かも分からない。    私の場合嫌いな奴の番組ほど見て観察をしている。そして彼等が何を考えているかを分析してみ... [続きを読む]

» 探偵のまねごとをしようというわけではありませんが [佐世保散弾銃殺人事件] [ペガサス・ブログ版]
別に探偵のまねごとをしようというのではなく,あくまで報道のあり方について注文をつけるためです.仮に馬込容疑者が真犯人だとしても,今の報道のやり方はやっぱりおかしいです.最も肝心な,事件と容疑者を直接結びつける事実について報道しようという姿勢が全くありません.メールだとか銃弾の数などというのは状況証拠に過ぎません. 購読している西日本新聞に関してですが,昨夜の応対担当者の,断定表現はまずかったとの「答弁」にもかかわらず,今日(17日)の朝刊はまたしても「・・・馬込容疑者が散弾銃を乱射し,八人を殺... [続きを読む]

» 広範な薬害被害者救済をなぜ国はためらう?責任がどこにあろうとも。 [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
前の記事、『将来の「被害者」のためにも「線引きのない一律救済」を望みます。(薬害肝炎問題)』 http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-530.html の続き...です。 アイスゆずさんの記... [続きを読む]

« 私も生きていてもいいのだ(ワーキングプアⅢ) | トップページ | 一気に通知文を »

カテゴリー