« リクエスト1位は「落陽」だった。 | トップページ | 土壁に影届き居り(12月の歌) »

2007年12月23日 (日)

民主主義~世界10人の監督が描く10の疑問 ▽米国▽ボリビア

BS特集 33か国共同制作 民主主義~世界10人の監督が描く10の疑問 ▽米国▽ボリビアを見た。

なかなか世界の報道陣の叡智と勇気を感じる番組だった。
番組ホームページから

2001年のアメリカ同時多発テロの後、アメリカによる一連のアフガニスタン攻撃、イラク戦争が続くなかで、ヨーロッパの公共放送を中心としたドキュメンタリー番組の編集長や制作者たちの間に「アメリカ流民主主義が世界の民主主義なのか」という疑問が広がっていった。2004年、彼らは「民主主義とは何か」を世界に問いかけるために「デモクラシー・プロジェクト」を立ち上げた。広く世界各地の映像作家の企画を募り、また世界の放送局に参加を呼びかけて国際共同制作のシリーズ番組を作ることを目指した。  プロジェクトの参加放送局はヨーロッパをはじめ北米、南米、アジア、中東など世界42局に上り、NHKは初期段階から参加した。プロジェクトのもとに集まった企画は500以上、この中から厳選の上で制作された10本がこの秋、世界200の国・地域、3億人の視聴者に向けてほぼ同時期に放送される。  「民主主義とは本来どういうものだったのか?」「貧困に苦しむ人々にとっての民主主義とは?」「21世紀の民主主義の形とは?」。世界10か国を舞台に10人の監督が「あなたにとっての民主主義とは?」を問いかける。

まず ▽米国
タクシー運転手ディラウエルは車の中から機械部品が見つかったというだけで客を運んでいる途中につかまりロケット攻撃の容疑で拷問に会い殺された。
同時に捕まった仲間はアメリカ軍にロケット攻撃の犯人として引き渡されグアンタナモ収容所まで送られる。
しかし何とロケット攻撃の犯人は捕まえたアフガンの政府軍だった。

この事件から民主主義の名の下にアメリカがやっていることが実行者のたくさんの証言で明らかになる。

アフガンのバブラムやイラクのアブグレイブやキューバの米軍のグアンタナモ収容所でおこなわれている拷問の様子が生々しかった。
・ 犬で威嚇する
・ 大音響やフラッシュで眠らせない。
・ つるしておく
当時のラムズフェルド国防長官は軍に次の指示をしていたという。
・ 情報収集を急げ
・ その為には手段を選ぶな
これが拷問の背景だと思う。

当時のパウエル国長官は取り調べで得た「イラクがアルカイダを教育している」という証言を信じたのが生涯の最大の恥だと言っているとか。

番組登場者の「虐待を残すことはアメリカ建国の歴史にそむくことだ」という趣旨の発言もあった。

8.3万人が逮捕されテロリストはほとんど居なかったがその多くは今後テロリストになるだろう。
こうして憎しみの連鎖は起こり世界にテロは拡散していくのだ。
 

2001年のアメリカ同時多発テロの後、アメリカによる一連のアフガニスタン攻撃、イラク戦争が続くなかで、ヨーロッパの公共放送を中心としたドキュメンタリー番組の編集長や制作者たちの間に「アメリカ流民主主義が世界の民主主義なのか」という疑問が広がっていった。2004年、彼らは「民主主義とは何か」を世界に問いかけるために「デモクラシー・プロジェクト」を立ち上げた。広く世界各地の映像作家の企画を募り、また世界の放送局に参加を呼びかけて国際共同制作のシリーズ番組を作ることを目指した。
 プロジェクトの参加放送局はヨーロッパをはじめ北米、南米、アジア、中東など世界42局に上り、NHKは初期段階から参加した。プロジェクトのもとに集まった企画は500以上、この中から厳選の上で制作された10本がこの秋、世界200の国・地域、3億人の視聴者に向けてほぼ同時期に放送される。
 「民主主義とは本来どういうものだったのか?」「貧困に苦しむ人々にとっての民主主義とは?」「21世紀の民主主義の形とは?」。世界10か国を舞台に10人の監督が「あなたにとっての民主主義とは?」を問いかける。

番組ホームページから
「米国“闇へ”」 Taxi to the Dark Side
 民主主義の膝元でテロ撲滅の美名の下“拷問”が容認されるのはなぜか?アフガニスタンで、テロリストと疑われ捕えられ、死亡したタクシー運転手の事例を軸に、アフガニスタンやキューバのグアンタナモで“拷問”に関わった調査官、被害者へ取材、またアメリカの政策決定者への取材を重ね、拷問現場の証拠写真で構成する番組。
(アレックス・ギブニー監督 米国)

次は▽ボリビア

こちらは南米初の原住民族出身の大統領エバ・モラレス大統領の誕生の物語
モラレス大統領の誕生と同時に下院議員に当選した若いシングルマザー、ジョバナと支持者の確執なども描かれるが国作りの若々しいエネルギーに満ちていた。

モラレス大統領の就任時に他の人と並んでゲバラに哀悼の意を表すると言っていた。
ゲバラのやり残した革命を行うとして天然ガスの国有化を実行しそこで得られる資金で国民の生活を良くするという分かりやすい政策で国民の支持を得ていく・・・

経済的・政治的・地政学的な大きな違いがありますがボリビアはじめ南米の行くアメリカのくびきを断ち切った自主的な方向が日本の行くべき方向ではないだろうか?


番組ホームページから

10月10日(水)午前0:05~1:00 (9日深夜)
「南米ボリビア“先住民たちの革命”」 Looking for the Revolution
 南米初の先住民の大統領、ボリビアのモラレス大統領に密着、欧米流に異論を唱え理想を掲げ登場した政治家たちのぶつかる壁を描く。天然ガスの国有化や貧困層への海外援助金支出が、上院の反対で実現せず、支援した民衆に苛立ちがつのる。大統領と共に下院議員に当選した貧困層対策に力を注ぐ女性議員を主人公に、大統領と改革派議員たちのジレンマを描く。
(ロドリゴ・バスケス監督 アルゼンチン)

激励を込めてクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもをお願い致します
FC2ブログランキング
→こんなのも始めましたこれもよろしくお願いします。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!

« リクエスト1位は「落陽」だった。 | トップページ | 土壁に影届き居り(12月の歌) »

「テレビ」カテゴリの記事

コメント

アルバイシンの丘さん
コメントとtbありがとうございます。

9・11の問題はまだまだこれから検証が行われるでしょう。
歴史はいずれ必ず真実を現すでしょう。
ブッシュの果たした役割は大統領を降りてから明らかになるでしょう。
しかし、私は「ブッシュの陰謀」とは決めつけてはいません。

映画『華氏911』ではブッシュ家とオサマ家との密接な関係が描かれていました。

ブッシュが得た「利益」がある事は明らかで無益な戦争で多くの人が死んだことも事実です。

この問題こそ「ブッシュ後」に歴史の検証が必要な最大テーマだと思います。

私は意見が違うTB大歓迎です。
今後ともよろしくご指導をお願い致します。

いつもTBありがとうございます.意見が違うかもしれない記事をTBさせていただきました.なにか良い方向へ歩み寄れるといいと思い,ごん参考までに送りました.私のほうもまだ考えて見ます.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/17449477

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義~世界10人の監督が描く10の疑問 ▽米国▽ボリビア:

» 佐世保散弾銃殺人事件-銃砲所持について- [アルバイシンの丘]
  また痛ましい事件が起こった.ここではペガサスさんの記事の題目から取って,佐世保散弾銃殺人事件と呼ぶことにする.『真犯人は馬込容疑者ですでに自殺』ということが断定的に報道されているが,これに対しペガサスさんとJUNSKYさんが予断を持った報道に警鐘を鳴らしている.こういう慎重な態度は大変好ましいものと思う.捏造への動きを見抜くこと,あるいは逆にありもしないことを捏造して作ったでっち上げを見抜くこと,これらはいずれも同等に重要なことである.そういうことが可能となるのもこういう地道な態度があってこその... [続きを読む]

» 「集団自決」教科書問題〜“専門家”にダマされるな! [津久井進の弁護士ノート]
1 (沖縄を除く)全国の12/22付の新聞で,神戸新聞と北海道新聞の2紙だけが,朝刊1面トップで,     沖縄戦 集団自決 教科書問題     「軍強制」記述認めず  ... [続きを読む]

» 9.11陰謀説?(4)9.11陰謀説は『運動』なのか? [アルバイシンの丘]
 予想外の反響を呼んだ本シリーズであるが,初め霧の中に潜む敵に向かって進んでいくような気持だったのが,どうやら敵の存在が薄ぼんやりと見えてきたような気がする.奥菜本を読んだだけではわからなかった,『陰謀説に漂う胡散臭さ』の臭気の素がどうやら見えてきたような気がするのである.とういうのは,最近,きくちゆみさんなんかのブログを見ていてふと或る疑問が湧き起こったのである.その疑問とは,『9.11陰謀説』は,真に陰謀があったのかどうかの追求を行っているのではなく,平和の装いを凝らした『運動』なのではないか,... [続きを読む]

» 左翼なみんなへ・・ [お玉おばさんでもわかる 政治のお話]
 クリスマスには毎年、何かお玉な話をすることを決めてますので・・  一つ告白しておくと、クリスチャン家庭で育ってはいますが、お玉は実はクリスマスは嫌いです。この時期に辛... [続きを読む]

» 佐世保での散弾銃殺人事件,メールリストへの投稿 [ペガサス・ブログ版]
佐世保での散弾銃殺人事件(メディアでは散弾銃乱射事件)へのリベラル系,左派系のブログの取り上げ方が鈍いので,市民運動系の二つのメールリストに,問題提起の意味で次のような投稿をしました.応援のクリック歓迎 (1日1回まで) 佐世保の散弾銃殺人事件での警察とメディアのあり方--硝煙反応の未開示 (名乗り部分省略) 警察を,国家権力の道具からその本来あるべき姿,つまり市民の安全に奉仕する組織にできるだけ近づけることは,市民や市民運動の重要なテーマだと思います.その意味で,先週末に起こった佐世... [続きを読む]

« リクエスト1位は「落陽」だった。 | トップページ | 土壁に影届き居り(12月の歌) »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 717短歌・俳句勉強会
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ