無料ブログはココログ

« 木の上に立って子どもの帰りを見る | トップページ | 箱根山に登った »

1月の俳句です。

兼題 (「臘梅(蝋梅)」・「歌・歌ふ」)

鼓鳴り漫才師つぎつぎ歌う毎
歌人や句に苦しみて寒さかな
二十日正月「北辰斜めに」歌うなり
蝋梅を待ちて静かな庭の隅

雑詠 

幻の巻頭言や寒波かな
こみ上げる思いもありて初笑い
車座の中に笑いの新年会
月冴えて家出づる朝の父娘かな
凛とした映画や冬の塵芥


参考になりましたら激励のクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもお願い致します
FC2ブログランキング
こちらもお願い致します。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!

« 木の上に立って子どもの帰りを見る | トップページ | 箱根山に登った »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/17839066

この記事へのトラックバック一覧です: 1月の俳句(月冴えて):

» 08年1月26日 土曜日 役に立たないグラフとイラスト [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年1月26日 土曜日 役に立たないグラフとイラスト 1・近畿圏の新築マンションの発売数     新築マンションが増える毎に、都会の古い町内が限界年代町が増えている感じ、我が町内も同じ。 2・関空の発着回数。     3・日本は国家自体が、憲法9条がありながら軍隊のある偽装国家。  大手大企業に偽装があるのは当たり前。  それは、国家が偽装の見本を見せているから。{/arrow_r/}(ここをクリック) 4・明日は大阪知事選挙。朝日新聞の中から電子投票問題。{/arrow_r/}(ここを... [続きを読む]

« 木の上に立って子どもの帰りを見る | トップページ | 箱根山に登った »

カテゴリー