無料ブログはココログ

« 1月の俳句(春隣又は半) | トップページ | 「名ばかり管理職」にも残業手当を »

ALWAYS 続・三丁目の夕日

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」オフィシャルサイト">Always3_banner03

ある機会に30代の女性が「三丁目の夕日」がいいという話をしてくれた。
何故いいかと聞くと力道山のプロレスをテレビの前で近所のみんなで応援するというほのぼのとした感じがいいという。
この映画が支持されたのは当然昭和30年代を知っている世代だけではない世代が支持したからだろう。
もはや国民的な支持を集める映画となったと言っていいだろう。
その続編 「always続・三丁目の夕日」を東京の上映最終日に新宿で観た。

前編の時代設定は昭和33年だったが今回はその4ヵ月後の昭和34年。
私が小学校に上がった年だ。
出てくる子ども達はほとんど私と同じ世代。
大分と東京の違いはあるが中に出てくる子ども達はほとんど私と友達だ。

夕日町三丁目町内会の空き地昔の遊び場コミュニティにならって自分の子どもと自分の遊び方の比較をすると

1、うちの息子の遊び方           2、私の子どもの頃       
  ?場所:ほとんど自宅の部屋         ?場所:公園など外
  ?友達:少数(1〜2人)            ?友達:2人〜10人
  ?内容:漫画本、コンピュータゲーム、 TV  ?内容:野球、かくれんぼ、駆逐(鬼ごっこ)
  ?交流:各自無言、一人遊びと同じ、無言  ?交流:活発

小学校高学年になり試験の前に遊んでいると試験の前は勉強するものだと近所のお兄ちゃんにおこられたりした。
とにかく目いっぱい遊んでいた記憶がある。

さてこの映画だが主人公の芥川賞に挑戦する茶川龍之介の育ての息子の家の中の事をなんでもこなす淳之介君が素晴らしい。
彼の丁寧な言葉使いが感動的で耳に残る。
名優になる素質があると思う。

日本橋の上に高速道路が出来ることが決まった頃で日本橋の上の空は広い。
今日本橋では高速道路を取り払う運動が起こっている。

企業が多くタイアップ広告をしているがそれぞれセンスがあっていいと思う。

Bunp of chicken の主題歌「花の名」もいい。
ホームページhttp://www.always3.jp/の予告編/TVCMの中のalwaysプロジェクトで聞ける。

日めくりカレンダーバナーをブログのトップに張りました。

「三丁目の夕日」の日本が現代の日本を撃つか日本橋に夕日
参考になりましたら激励のクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもお願い致します
FC2ブログランキング
こちらもお願い致します。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!



« 1月の俳句(春隣又は半) | トップページ | 「名ばかり管理職」にも残業手当を »

コメント

アルバイシンの丘さん

コメントありがとうございました。
私は漫画は見ないので原作は見ていません。

このシリーズはCGがとても効果的に使われています。
第一作は東京タワーが続編は日本橋が印象的です。
総合芸術たる映画の真骨頂というところでしょう。
是非DVDででも見て下さい。

こんにちわ.実は三丁目の夕日は,昔,ビッグコミック(オリジナルだったかな)の漫画でありました.もちろんご存知でしょう.
作者は西岸良平(さいがんりょうへい)氏ですが,恋人なしの一人暮らしの部屋で感動しながら読んでいました.
ですから映画は見てないのです.でもきっと漫画とは違った良さがあるのでしょうね.別の作品と思って観ればいいのかもしれません.御記事を読んで,観てみたいと思います.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/17863837

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS 続・三丁目の夕日:

» 08年1月27日 日曜日 アメリカという国家は [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年1月27日 日曜日 アメリカという国家は  日本は原油の高騰であらゆるところに影響が出ている。ブログの二部に纏めるが、昨年暮れから物価の値上げラッシュで低所得者、特に北国で生活する年金生活層には、暖房の灯油も買えないというニュースが流れている。私は子供の頃、北朝鮮で零下30度を経験している。  だからテレビでは政治家たちは、法律で救済すると呑気なことを行っているのが腹立たしい。今、現在凍死するかも分からない状況。  日本では、株価の暴落で40億円損をしたという裕福な家庭に育った政治家。裕福な... [続きを読む]

» ALWAYS続・三丁目の夕日 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
冒頭に登場するゴジラは、アメリカで作られた恐竜ゴジラは言わずもがな、これまでのどの日本のゴジラ映画よりも、リアルで迫力がある。このままゴジラで通して欲しいと思ったくらい。冒頭が良すぎるというのはちと問題だろうが、最新のVFXが懐古趣味を実現させる象徴がゴジラ...... [続きを読む]

» 正月に観た映画3本 [ペガサス・ブログ版]
遅ればせながら,正月に見た映画の感想を書き留めておきます. 応援のクリック歓迎 (1日1回まで) まず, 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」.元作「ALWAYS ・三丁目の夕日」の感想を2年前に書いたが,やはり泣かせるのは,見えないリングという「至高のプレゼント」のリフレインのシーンだ.でもこれは第一作を見ていない人にはピンと来ないだろう.詐欺師が登場するが,これを見破ったのは,一緒に見た家族の中では,口惜しいことに私が一番遅かった. ----- 次いで,岩波ホールで封切りしていた 「... [続きを読む]

» 「続・三丁目の夕日」を見る [志村建世のブログ]
脊椎を痛めてしまった妻と、最近になって、ようやく協定できたことがあります。「旅行はできなくなったかもしれないけど、映画でもお芝居でも、できることをしましょう」というのです。今年2回目の映画として、評判のいいらしい「続・三丁目の夕日」を見てきました。 ...... [続きを読む]

» ALWAYS 続・三丁目の夕日 58点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
ゴジラは東京タワーを破壊した事が……ある。 公式サイト 西岸良平の漫画『三丁目の夕日』シリーズを原作とした、山崎貴監督による2005年公開映画の続編。スタッフ、キャストともども、ほぼ前作と同じメンバーが揃っているのは嬉しい。 本シリーズの売りは何と言って....... [続きを読む]

» 母べえ [観劇レビュー&旅行記]
 昨夜というか今日未明というか、1月27日0:00〜2:15 26日に公開された 吉永小百合(62) 主演の「母べえ」を観た。 大きな会場に観客は4名。 ... [続きを読む]

» 私の猫遍歴3 [アルバイシンの丘]
3.チャコの時代2  チャコの話がもう少しある.晩年はかなり悲惨なことになった.我々もどうしてなのかよくわからないのだが,まあ,とにかくエピソードの続きを. ・確かまだ高校生の時のはずで,春の二月か三月か四月だったから,高校2年の終わりから3年の初めにかけてのいつの日か,ということになる.ということはチャコは3才ぐらいだと思う.3才で可能なのかどうかはよくわからないのだが,とにかくその頃であることは間違いない.その時の話である.  チャコは男性猫である.そして裏の地主さんの所にいた三毛猫は女性猫... [続きを読む]

» きっとあなたの心にあかりを灯す [観劇レビュー&旅行記]
今日(2/2・土)は、いつものレイトショーではなく、午後6時から 今日封切りになったコメディ「歓喜の歌」を観た。  話は、『レディス・... [続きを読む]

« 1月の俳句(春隣又は半) | トップページ | 「名ばかり管理職」にも残業手当を »

カテゴリー