無料ブログはココログ

« 浅草で落語を満喫した | トップページ | 岩田和輝君は無事保護されました »

大津留家の家族の猫のタビサです。
あるじは正月に遊び過ぎてくたびれたようなので私が変わって書きます。
最後の写真に残ったように犬アベロと仲良く正月を過ごしました。
人間達ははつ詣出だはつ寄席だなどとはつはつ言ってしょっちゅう出掛けていたのでいつもは追いかけまわっている私たちも狭い家の中では共存せざるを得なかった。
私たちは幸いメスと言われる優しい性同士なのでそうもめる事もありませぬ。

まして私は八匹も子どもを産んだ妙齢のレディ猫であり(でも何故か私の子どもは今は誰も残っていません。
一時期はタンスの中まで探しましたが…ー…今思うと人間には人間の立場というものがあったのかと思いますが今はそれは詮索していません。)

アベロはまだ二歳の子どもなので私は彼女には大人の対応をしています。
高い所に居れば犬は上がって来れませんから…。

しかし昨日は家の人は帰って来なかった。
朝から出掛けて夜中に帰ってきた何でも浅草の寺に詣でて(どうも初詣ではないらしい。相当信心深いようだ)
小耳に挟んだ話だとなんでも浅草演芸ホールという所に六時間半もすわっていてお尻が痛くなったらしい。

人間のお正月というものは私たち猫族には理解しがたい。

あ!おあとがよろしいようです。

アベロとタビちゃんの正月

アベロとタビちゃんの正月

アベロとタビちゃんの正月

アベロとタビちゃんの正月

主人よりも私(タビサ)と(アベロ)の記事を読みたい方はクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもお願い致します
FC2ブログランキング
こちらもお願い致します。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!

« 浅草で落語を満喫した | トップページ | 岩田和輝君は無事保護されました »

コメント

岩田和輝が君が見つかりました!
http://www.netplanna.com/iwata/kazuki.htm

取り急ぎお知らせします。
ご協力ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/17611316

この記事へのトラックバック一覧です: 私とアベロとのお正月:

» Democracy [JUNSKYblog2008]
2008年1月7日 TV番組 【Democracy】 については、前に書いた。 これは、10回連続番組であるが、昨夜は中国の作品と日本の作品であった。  中国の作品は、小学校での『民主主義』の訓練の風景である。 この作品をオンエアしているとき、私は昨日の分のブログを書いている最中だったので、ちゃんと見ていずに音だけ聞いていたが、中国語が解る訳ではなく、一部入る日本語のナレーションを聞きながら、たまに画面をみているだけであった。  特にこの作品では日本語の解説が少なく、殆どが字幕であった。 と言... [続きを読む]

» 08年1月8日 火曜日 新聞の切り抜き [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年1月8日 火曜日 新聞の切り抜き 1・原油高による景気後退についての記事の見出しを集めてみた。投資家や財界の思惑ばかりを感じられ、庶民が之によりどのような事になるか。資本主義は私たちには分からない。    2・円相場・平均株価。原油価格のグラフ。002{/arrow_r/}(ここをクリック) 3・肝炎法案・給油法案、  肝炎法もどこまで救済できるのか、テレビ番組で読売新聞の切り抜きをのせていたので並べてみた。ふたを開ければ官僚主導の法案になっている事もありうる。  民主党も、もう一つハ... [続きを読む]

» Democracy 続き [JUNSKYblog2008]
 昨日も取上げた、NHKで深夜再放送していた「民主主義」について、 NHKオフィシャルサイトを紹介する。 その番組一覧表は、ここをクリック 【NHK 33カ国共同制作】 私は、約半分を“見た”ことになる。 とはいえ、いつもブログを書きながらだったり、半分居眠りしたりで、 集中してみた訳ではない。 しかし、やっぱり日本の作品が最も低級であったことは確かだ。 第一夜(1月2日)の作品についてはすでに書いた。ここをクリック 第二夜(1月3日)の一本目は、イスラムを風刺したマンガを掲載した新聞が謝罪... [続きを読む]

» 08年1月9日 水曜日 今日の朝日新聞から [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年1月9日 水曜日 今日の朝日新聞から  日本の食料自給率が四割を切っていて此の狭い面積に一億人以上の人工がひしめいている。  以前にも書いたが日本が満州に手を出した最大の原因は日本国内で食料自給が出来なかったからだと戦時を経験して引揚げてきて、飢餓を経験している私はそう思っている。  戦後日本の政策は、工業発展させ物を作り貿易で儲けお金さえあれば食料は輸入すれば良いという政策のようだった。  これも以前から言っているが、生産国で飢饉になり自国で消費するだけの生産量になれば輸出はしないのは、... [続きを読む]

« 浅草で落語を満喫した | トップページ | 岩田和輝君は無事保護されました »

カテゴリー