« お食事所3箇所(新宿・浦和・横浜) | トップページ | 雪と50インチテレビ »

2008年2月 3日 (日)

岩国と京都に春を!

岩国と京都の国に抗う無党派候補のホームぺージから紹介します。

まず井原勝介岩国市長のホームページの市政報告から米軍再編関係の部分を紹介します。
Aisatus


国は米軍関西部隊の岩国基地移転に反対している岩国市に対し庁舎建設補助金35億円を支給しませんでした。
岩国市民は庁舎建設募金活動を始めています。
市民の目線で行政を行う市長と対立候補は日米政府の合意事項を押し付けようとするまさに市民と政府の戦いです。

紹介はこの三つの構成です。
1.市民の不安に答える
2.井原勝介の心
3.2月1日の記者会見で(阪府次期知事橋下氏の岩国批判についての反批判)

市民の不安に答える 平成20年1月25日

問1 このままでは夕張市のように財政破綻し、税金が2~3倍になるのではないか
答 絶対に財政破綻などさせませんし、税金も上げません。  病院やバスもなくなるなどと言われているようですが、すべて誤りです。責任ある政治家などがデマやうそで市民を不安に陥れ、あきらめさせようとするなどとんでもないことです。そんなことで米軍再編を判断したら後世に取り返しのつかない禍根を残します。
問3 容認すれば、5,000億円、1兆円もらえるのではないか
答 まったくのデマです。  800兆円を超える借金を抱え一番苦しいのは国であり、そんな甘い話は絶対にありません。誰がこんないい加減なことを言うのでしょうか、その根拠を明確にして欲しいですね。  事実、米軍再編特措法による再編交付金は、10年間で130億円あまりと言われていますが、これも確約されたものではありません。
問4 米軍再編は閣議決定されたのだから「来るものは来る」のではないか
答 市民が心を一つにすれば必ず国を動かすことができます。 「来るものは来る」と言って簡単に受け入れお金をもらってしまったら、実際の騒音が耐え難いほど激しいものであったとしても、帰ってくれとは言えません。何十年も我慢しなければならなくなります。そうなったら誰が責任をとるのでしょうか。  本当に反対であれば、子供や孫の世代まで安全・安心な生活が確保できるよう、厳しくともあくまで市民の側に立って努力すべきであり、「来るものは来る」と言って市民をあきらめさせようとするのは、政治家として無責任です。  現在、日本やアメリカの政治も大きく変わり始めており、岩国市民が道理をもって一致して声を挙げていけば、必ず国を動かすことができます。
問5 今後も市議会との対立が続くのではないか
答 新しい民意は尊重されます。  今回選挙の大きな争点は米軍再編であり、その結果は新しい民意であり、市議会もこれを尊重しなければなりません。さもなくば、市民の市議会に対する不信も強まり、リコール(解散請求)の動きも起きかねません。  議員も辞職して同時に選挙を行うべきであるとの意見あります。私もそう思いますが、残念ながら、市議会において市長に対する不信任決議が可決された場合を除き、市長には市議会を自由に解散する権限はありません。 ―私は、9年前に政治を変えたいという一心で故郷岩国に帰ってきました。その想いは今もいささかも変わっていません。これからも大好きな岩国に住み、市民のために働く覚悟です。東京や横浜にマンションなどありません。
井原勝介の心 平成20年1月31日

 

私の一番大切なものは、我が愛する故郷岩国、そして、市民の皆さんの幸せな生活です。そのために、9年間、精一杯努めてきました。つらいこともありましたが、市民の皆さんの温かい応援と信頼関係が唯一の支えでした。
 今、「夕張のようになる」「税金が何倍にもなる」などと盛んに宣伝されています。こんなデマや悪口で誇りある岩国をけがされるなど、私には到底耐えられません。
 悔し涙に歯を食いしばったことを無駄にしたくありません。どこまでもあなたを信じて、愛する岩国と子供たちの未来のためにこの身を捧げます。

記者会見 平成20年2月1日

 午前中、以下の内容につき記者会見を行った。

1.米軍再編の打開
 約束されていた庁舎補助金の突然のカットなどアメとムチの手法は、民主主義と地方自治という観点から国と地方のあり方の根幹に関わる重要な問題であり、早期解決を図るため、福田総理に直談判する覚悟である。
2.デマや悪口、圧力、締めつけについて
 デマや悪口、圧力、締めつけによって選挙が行われようとしており、怒りを通り越して悲しい気がする。誤った情報により判断したら、後世に大きな禍根を残すことになる。
3.公開討論会の提案
 市民グループによる公開討論会が企画されたが、相手方の拒否により頓挫している。過去の市長選挙でも行われてきており市民の期待も大きいので、改めて、私から公開討論会の開催を提案したい。

さらに夕刻、次の内容の文書を東京、大阪のマスコミ各社に送付するとともに、記者会見を行った。

       大阪府次期知事橋下氏の岩国批判について 1. 岩国市の住民投票は、条例に基づき適正に実施されたものである。その結果を、市民、市議会、市長は尊重するものとされており、現在も重い意味を持っている。 2. 私は、住民投票や市長選挙において明確に示された「民意」に基づき、国にもの申しているだけである。こうした市民、国民の声が国政においても尊重されるべきは当然のことであり、それが民主主義の原則である。 3. 仮に、大阪府において、国政と民意が相反した場合に、橋下氏はどのような行動をされるのであろうか。府民の声を尊重して国にものを言うのが、知事の責任ではないだろうか。

次に京都です
Main

京都刷新の会ホームページより中村和雄さんの政策の中で道路特例財源が町を壊していることが国政との関係で話題になっているので道路政策の部分だけを紹介します。

1月に開通した阪神高速8号線(油小路線)は総事業費2000億円の内600億円は道路特定財源であり。
未着工の3路線(堀川・久世橋・西大路)の有料道路部分だけでも2900億円が必要だとか
中村さんは「税金の無駄使い、環境破壊につながりる」として中止・撤回を主張しています。

紹介

 

地球温暖化を防止することは全人類にとっての緊急の課題になっています。京都市では2010年までに二酸化炭素排出量を10%削減する目標を掲げています。ところが、2003年の到達は2.9%の増加となっており、とりわけ運輸部門(交通)では90年比で8.9%の増加となっています。大量の車を都心に流入させる市内高速道路の建設などもってのほかであり、計画中の3路線は白紙撤回します。自動車交通の総量削減のため、都心部への自動車乗り入れ規制などの施策を検討・実施します。温暖化ガスの総量削減とともに、何でも燃やして埋めてしまうゴミ行政から脱却し分別収集でリサイクル、ゴミ減量などの施策や太陽エネルギーの活用を公共建築物に採用するなど、総合的な環境行政を積極的にすすめます。さらに京都議定書採択地の市長の責務として、国や世界各国に地球温暖化防止をいっそう強く働きかけます。

 

安心してスムーズに安価で移動できる京都市内の交通を、市民のみなさんは強く要望しています。ところが、交通やまちづくりに関係する施策は、交通局、建設局、都市計画局でバラバラにおこなわれています。市長の強いリーダーシップの下、交通とまちづくりの体制を統合し「交通まちづくり総合企画室」を設置し、交通問題の解決、自動車交通の総量削減の施策、市民要望の実現に向けて早急に京都市全体の交通計画を創り出していきます。同時に、各行政区に市民、行政、交通事業者、専門家で構成する「交通まちづくり検討委員会」を設置し、交通体系・環境・まちづくりの観点から21世紀にふさわしい交通計画を市民参加で作りあげていきます。

「もう終わりにしませんか?『京都市内高速道路』」への回答 2008年1月28日
•投稿者:info
•カテゴリー:質問状への回答

「もう 終わりにしませんか?『京都市内高速道路』―京都市長選挙に立候補を予定されている皆様への質問状」をお寄せいただいた皆様
いま正義を・京都市政を刷新する会
中村 和雄
公開質問状に対する回答について
京都の環境保全、地球温暖化防止の問題に対する皆様方の日頃のご尽力に、深い敬意を表します。京都市内高速道路は京都の環境・まちづくりにとって大きな問題です。皆様方のいっそうのご活躍を期待申し上げます。さて、ご質問の件につき、以下、書面をもちまして回答いたします。 また、私のホームページ(http://www.neo-city.jp/)にマニフェストを発表しておりますので、あわせてご覧いただければ幸いです。

 私は、京都市内の高速道路計画が明らかになった当初より、地球温暖化、環境・まちづくり、財政の点から、その建設に反対を主張してきました。京都市が計画し事業決定していない市内高速道路3路線(堀川線・久世橋線・西大路線)については、当然白紙撤回いたします。
 地球温暖化を防止することは全人類にとっての緊急の課題になっています。京都市では2010年までに二酸化炭素排出量を10%削減する目標を掲げています。ところが、2003年の到達は2.9%の増加となっており、とりわけ運輸部門(交通)では90年比で8.9%の増加となっています。大量の車を都心に流入させる市内高速道路の建設などもってのほかであると考えています。
 環境・まちづくりの点からも、市内高速道路の建設ではなく自動車交通の総量削減をすすめるため、都心部への自動車乗り入れ規制などの施策を検討・実施します。資源を大切にする点からもマンションや住宅は建て替えず、できるだけ永く住み続けることが大切です。マンションをはじめ戸建て住宅・町家で永く安心して住めるよう耐震診断・耐震改修助成制度の抜本的な拡充、大規模修繕融資制度をはじめとした支援策を実施し、建築廃材を少なくし環境にやさしいまちづくりをすすめます。
 財政面からも市内高速道路の建設を中止します。完成間近の2路線について、当初京都市の負担分は90億円といっていたのが716億円にも膨らみました。3路線の総事業費は2900億円になると京都市は市議会で明らかにしており、その半分近くが市負担になる見込みです。市民生活を圧迫する要因となることははっきりしており、市内高速道路3路線は中止します。
これからの京都の行く道は、そこに生きるすべての人々を大切にするとともに、あらゆる面において「継続的に循環し、再生・発展するまちづくり」です。私は、京都議定書採択地の市長の責務として、国や世界各国に地球温暖化防止をいっそう強く働きかけていく決意です。
http://sa-sin.net/news/?p=67

参考
中村氏ブログ
京みやこづくり日記
http://neo-city.sblo.jp/article/10407965.html#more

岩国と京都に春を!

参考になりましたら激励のクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもお願い致します
FC2ブログランキング
こちらもお願い致します。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!

« お食事所3箇所(新宿・浦和・横浜) | トップページ | 雪と50インチテレビ »

「地方自治」カテゴリの記事

コメント

 私は夕方、岩国市への寄付金を送金しました。10日の夜はいい結果が出るようにと思います。

~たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!~

×第二迷信 さん

コメントありがとうございました。
90億円と716億円の差額626億円の弁償をオール与党に求めましょう。
「道路特定財源」が古都を壊している。
京都の人は古い物を大事にしますが進取の気風にも富み革新派が好きです。
今回も世の中があっと驚くような結果を出して欲しいものだと思います。

>当初京都市の負担分は90億円といっていたのが716億円にも膨らみました

かつて、井上吉郎候補が、「何百億の負担をかぶせる無駄遣いの町破壊」と指摘したのに、
「いや、90億だけだ」と、まるで井上候補が嘘つきで誇大宣伝をしているような言い方で攻撃して、4千票差で当選したのが、いまの桝本市長。

差額は、ちゃんと指摘されていたのにごり押しした市長と与党市議で(=自公民。※社民党は現市長もその後継者も支持してるが、議員がいない)、責任持って弁償すべきだと思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/17943371

この記事へのトラックバック一覧です: 岩国と京都に春を!:

» 「毒ギョーザ事件」が教えてくれるもの・・・ [わんばらんす]
      よろしければ、ランキングクリックのご協力をお願いしま〜す!  らんきーなお玉と喜八がアブナイから・・・ 玲奈さんととむ丸... [続きを読む]

» 「お上」を越えてゆけ岩国市民 [BLOG BLUES]
「アメとムチ」ってなんだ。こんな行為と表現を許しちゃいけない。 僕らは、主権在民の日本国憲法を戴く、れっきとした民主主義国家の 国民だぞ。政治家・官僚は、僕らに委託されたエージェントではないか。 分かっとんのか、このアホンダラ! 上掲は、2月2日付毎日新聞の朝刊切抜記事。 契約内容を反古するエージェントなど、実社会ではあり得ない。 犯罪企業である。『SACOの枠組みではなくなり米軍再編の一環となったから』 って、「ハイ、そうですか」と聞けますか?住民投票の結果、 「そりゃ約束... [続きを読む]

» 日・中・韓・台の歴史教科書比較 [薫のハムニダ日記]
人畜無害の大人しい碧猫さんから、またしてもおねだりされてしまいました。ぐはっ、マジかよ。 出典は1月29日の東亜日報です。(日本語版出してるうえに、元記事は日本人が書いてるのに、なんで日本語版にはないんだ~!←あ、いや、人畜無害の大人しい碧猫さんに怒りを向けてるわけじゃありませんよ~) 脚注とか入れたいんですが、とりあえず今は訳しっぱなしで。どうぞ。 [歴史は生きている] アジア太平洋戦争、各国の教科書比較 日本軍のハワイ・真珠湾攻撃により炎上している米軍艦。日本の東京書籍... [続きを読む]

» 正義かカネか ― 岩国市長選 [Saudadeな日々]
未来を選ぶか、それとも目先のカネを求めるのか。 岩国市長選挙は、いよいよあした2/3(日)告示、2/10(日)投開票。 もう残された時間がない。 何が何でも井原勝介前市長を勝たせなければ、この国の未来は先細りだ。 岩国市民の皆様には、会社・役所・地縁・近所の目などに..... [続きを読む]

» 必要な道路は置き去りのままで・・・ [Saudadeな日々]
「ガソリンの暫定課税はゼヒ温存して、こっちへ回してねっ!!」 そのまんま知事が旗振り役になって「東九州自動車道」の 延伸整備がドンチャカ騒がしい。 すでに一般国道・バイパスがあるところに高速を造る前に やる事があるだろうな、とヨソ者ながらチラリと思ってしま..... [続きを読む]

» 岩国市長選挙-候補者になったつもりの妄想 [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
美味しいレンコンの産地、岩国の住民にとって、大変な決断を迫られる日が5日後に迫っている。両サイドの外野がわいわい喧しい状況は、わたしが住民だったらウザイだろうなあ... 自分の頭でしっかり考えて、もう心の決まっている人は断固として信じた方に投票するはず、そういう人たちや市外から駆けつけた賛同者が大量に集まった決起集会の盛り上がりだけで喜んでいては、ちょっとorかなり不安だ。大阪のアンダー・ザ・ブリッジが証明したように、いまどきの選挙は、あれこれ喧しく内容はないけどオモシロイ宣伝に判断を左右され... [続きを読む]

» 「図書館以外は不要」 大阪府知事 橋下氏 [JUNSKYblog2008]
 大阪府知事になった橋下氏の言動については、立候補前からさまざまに取り沙汰しれていたが、府知事就任を直前にして、府の施設の殆どを廃止ないし売却する意志を表明したと言う。  無用なものや不要不急なものを建設することは止めるべきだが、現に府民が利用している文化・スポーツ施設も含めて、廃止・売却とは如何なものか?  また府立図書館が対象外なのも不可解である。  徹底した民営化推進なら、何故図書館だけは例外なのか?  府民の税金を投入して建設した施設を民間に売り渡してしまうと言う事は、府民の税金が企業の... [続きを読む]

» 井原勝介(前岩国市長)の品位のない政府との戦い [関係性]
 私の手許に、続け様に、岩国市長選の井原勝介(前岩国市長)応援メッセイジが届いています。是非、身近な問題として読んでください。そして、周りに広げてください。  ここに掲載する文章はすべて「平和省JUMP」(きくちゆみ代表)の会員内部に伝えられているメールから構成しました。 (MT氏よりのメール)  【岩国市の民主主義を守るために「30分の時間カンパ」!】  広島の「岡本非暴力平和研究所」所長の岡本三夫です  岩国市のことで非常に大事なお願いがあります ちょっと長い文章ですが 辛抱して読んでください... [続きを読む]

» ジャンパー・カッターシャツ背中部分の刺しゅうによる政治的アピールを始めて以降、変化した私の行動 [嶋ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!]
 私は2005年の夏から、カッターシャツやジャンパーの“背中部分の刺しゅうによる [続きを読む]

» 気持ちが楽になる言葉 [嶋ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!]
 最近の私にとって「気持ちが楽になる言葉」とは、 人間、努力が 実を結ぶまで 試 [続きを読む]

» コメントの表示順を『新しいものが上』モードへ変更! [嶋ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!]
 他のブログでも最近、コメントの表示順を「新しいものが上」モードに設定しているブ [続きを読む]

» 愛国ならアンポハンタイでしょ [BLOG BLUES]
また一歩、日本の米国化が進捗した。 岩国市長選における、米軍再編容認派候補の当選である。 井原前市長敗退の戦犯は、民主党であると僕は断じる。論拠は、 2月4日付毎日新聞の朝刊記事だ。 言うまでもなく井原前市長は、左派ではなくリベラル市民派の最たるもの、 民主党のストライクゾーンど真ん中だったはずだ。然るに、民主党は、 全面支援しなかった。市民運動の側に敢然と立つことができなかった。 八王子市長選然り、京都市長選また然り。 米軍再編に対して党としての見解がないとは、いやはや... [続きを読む]

» 岩国市長選結果と米兵の婦女暴行 [関係性]
    心に「折り合い」がつかない  岩国市長選の開票結果が出てすぐに、“米海兵隊員による女子中学生暴行”のニュースに怒りを覚えた。  「『小さなかごに、あまりに多くの卵を入れている』。何年か前に沖縄を訪れた米国防総省の元高官は言い表した。『かご』は沖縄の本島、『卵』とは米軍基地のことだ▼国土の1%にも満たない土地に、国内の米軍専用施設の75%を抱え込む。『基地の中に沖縄がある』と言われるさまは、米国高官にも異様に映ったらしい。実際に、那覇市から車で北へ走ると、フェンス囲いの「卵」が次から次へと姿を... [続きを読む]

« お食事所3箇所(新宿・浦和・横浜) | トップページ | 雪と50インチテレビ »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ