無料ブログはココログ

« 雪と50インチテレビ | トップページ | 残心(川淵三郎とクラマー) »

鬼平こと長谷川平蔵

Photo


長谷川平蔵の供養碑より


昨夜のその時歴史は動いたは鬼平犯科帳の鬼平こと長谷川平蔵

彼は火付盗賊改を長くやっていたので無宿人(今でいうフリーター)のことがよくわかっていた。
松平定信の公募に応じて無宿人担当になった。
そして自立して生活できるように変えることで、犯罪の原因を元から絶とうと考える。
そのために公的職能開発センター(「人足寄場」)を隅田川の中の島に作る。

そこで作ったリサイクルペーパーは江戸で飛ぶように売れ
上りの8割は無宿人に貯金するように渡し
作業着には水玉模様を付け卒業が近づくにつれ水玉の数を減らし志気を高め
卒業生の就職先探しに相模の国までも行き
毎年200人の社会復帰を実現した。

彼は「堪忍の徳」といいう堪忍を説いた。
四谷の戒行寺にある墓には「海雲院光遠日耀居子」と書いているというがこれは隅田川の中の島のことを言っているという。
それ位鬼平こと長谷川平蔵は庶民に知れ渡っていたということだろう。

鬼平は社会改良家だった。

nhkの現代に放つ意図を感じた。


以下番組ホームページから

番組概要
その時: 寛政2(1790)年5月
出来事: 無宿人たちの授産・更生施設「人足寄場」から初の出所者が出た

18世紀後半の江戸後期、未曽有の危機が江戸幕府を襲った。天明の飢饉である。飢饉は全国で数十の死者を出すだけなく、村を捨て身元不定となった大量の「無宿人」も生んだ。当時多くの無宿人が食糧を求め、江戸に流れ込んでいた。無宿人たちは江戸でも食いぶちを見つけられず、食うに困って窃盗などの犯罪に手を染めていく。幕府は治安維持のため無宿人を取り締まるが、犯罪は跡を絶たなかった。
そこに立ち上がったのが、小説「鬼平犯科帳」で有名な火付盗賊改・長谷川平蔵である。取り締まるだけでは無宿人の犯罪はなくならないと考えた平蔵は、彼らを自立して生活できるように変えることで、犯罪の原因を元から絶とうと考える。そして幕府に願い出て、無宿人を更生し、職業を身につける訓練施設「人足寄場」を設立する。平蔵は無宿人たちのやる気を引き出し、3か月後には第1号の出所者を出す。その後も毎年200人が出所し、無宿人の犯罪は減り、江戸の治安は回復していく。
番組では、飢饉が生んだ大量の無宿人の問題に、先進的な社会救済策で対処して江戸の治安を守り抜いた、鬼平こと長谷川平蔵の知られざる功績に迫る。

参考になりましたら激励のクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもお願い致します
FC2ブログランキング
こちらもお願い致します。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!


« 雪と50インチテレビ | トップページ | 残心(川淵三郎とクラマー) »

コメント

コミュニストさん アルバイシンの丘さん
コメントありがとうございます。

>犯罪だって,厳罰をすれば減るわけではなく生活の充実こそが必要

>「善」を体現した人間には、実にヒューマニスト。ところが悪に対しては、実に怖い、厳しい、恐ろしい目!

私たちも心すべきことでしょう。

現代版長谷川平蔵は?
 「国民」
ということにしておきましょう。

こんばんわ.実は私も偶然ですが見たのです.チャンネルをいろいろ切り替えていた時に偶然に.
あの鬼平がこんなことを!という意外性にとうとうチャンネルを替えることができず最後まで見てしまいました.
今のご時世で実にタイムリーな企画でしたね.きっとNHKの大いなる意図があったことでしょう.拍手を送りたい.
犯罪だって,厳罰をすれば減るわけではなく生活の充実こそが必要だ,という例も提供しています.

鬼平ですかぁ~
悪を懲らすが、人間は見捨てない!拾われた人間もたくさんいる!彦十に対する愛情、それだけではないが、実に惚れ惚れする!
それにしても平蔵(吉右衛門)の目の動き、「善」を体現した人間には、実にヒューマニスト。ところが悪に対しては、実に怖い、厳しい、恐ろしい目!
現代版長谷川平蔵は?

Junskyさん
記事見させて頂きました。

確かに
>フリーターは住むところはあるが、仕事が定職ではない人のことで、やはり「無宿人」は、より生活条件の悪い「ホームレス」のこと

ですね。
確かにこの番組は「構造改革」を進め国民を奈落の底に落そうとしている為政者に向けて作られたものだと思います。


私も見て速攻でブログにUPしました。
こちらにも2度に亘りTBしましたが、反映されません。

大津留公彦さんの、この記事の最初のところにある
>無宿人(今でいうフリーター)

と、ありますが
フリーターは住むところはあるが、仕事が定職ではない人のことで、やはり「無宿人」は、より生活条件の悪い「ホームレス」のことであろうと思われます。 文字通りですが・・・

友さん

コメントありがとうございます。
鬼平には今妻がはまっています。
私も読みたいと思います。

50インチのテレビはいいです。
50インチの日立のwooはジャパネットたかたで21万で変えます。

(ジャパネットたかたとhitachiの代理店にはまだなっていません。)


はじめまして。以前、ガイアの夜明けと、フジスーパーニュースにTV出演した、シックハウス患者のモスカルです。ブログを作ったので、ぜひ遊びに来てください♪もしよかったら、リンクもさせて下さい。よろしくお願いします。お返事待ってます。 http://rararabit.blog5.fc2.com/

お久しぶりです。
あの鬼平がですか。
御見それしました。観たかったです。

>nhkの現代に放つ意図を感じた。
なかなかいい番組も多いですね。
50インチの迫力画面だと、又テレビから離れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/40021900

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼平こと長谷川平蔵:

» 158:科学的社会主義とは(3) [SIMANTO BBS]
2008/02/07 「現実的であれ、しかし不可能を求めよ!」…チェ・ゲバラ ずいぶん長い間、非日常的な小難しい話を取り上げてきましたが、今回を最... [続きを読む]

» 岩国にはジュゴンもクジラもいないけど、素晴らしいニンゲンがいる! [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
また貿易風がびゅーびゅー吹きはじめた。昨夕の地震のあと、今朝まで何回か小さな揺れがあったが、今は納まっている。スタッフのチョメに、きのうの震源はシピンみたいだよ。ヤップもいつか沈むかもねと言うと、マジで絶句していた。トトロの世界で育った彼には、シピンの沈没はわたし以上に身近なのかもしれない。 ヤップの沈没も気になるけれど、わたしにはニホンの沈没のほうがより身近で心配だ。列島が海の中に沈まなくても、そこに暮らす人々が気持ち的にも経済的にも沈み込んでしまい、誰かのロボットのようになって生きていかざるを... [続きを読む]

» 大相撲リンチ事件の違和感 [アルバイシンの丘]
 最近の報道で主要な一角を占めるのが,標題とした『大相撲リンチ事件』.ついに,前時津風親方と兄弟子3名が逮捕された. 被害者の斉藤俊さん(時太山)の無念がようやく晴らされる第一歩を踏み出した,というところだろう.  テレビで見るお父上にとても胸を打たれる.無念さを押し殺してもなおあふれ出てくる無念の表情,振り絞るような話し方,相撲協会にぶつけたい怒りを抑制できる非常に誠実そうなお人柄.  俊さんは祖母に必死な訴えのメールを送っていたらしい.それを感知できなかった,ということで祖母も自分を責めて責... [続きを読む]

» 客室乗務員 全面委託が可能に [JUNSKYblog2008]
 今日夜7時のNHKニュースで、航空業界でとんでもない安全軽視が行われようとしていることをサラッ報道していた。    その要員とされているのが、相変わらずコストダウンのためということである。 割り切って言ってしまえば、「燃料が値上がりするから、人のコストを値下げする」という話だ。  今の日本の経済界と政府は、さまざまなコストの中で人間の価値が一番低いと考えているようである。機体よりも燃料よりも人間のコスト削減が最優先されている。  大勢の乗客を大気中に持ち上げて運ぶと言う航空機業界にあって、安全投資... [続きを読む]

» 日本の左派と天皇戦犯免責 [薫のハムニダ日記]
日本の左派と天皇戦犯免責/高橋哲哉 「戦後日本」と天皇制をめぐる話を続けよう。コラムだが論文のようになってしまった点を容赦していただきたい。 2番目のコラムでは、靖国神社と日本の右派勢力-政治家で例えるなら安倍晋三前総理がその典型-は天皇制を最大の拠り所としながらも、未曾有の危機(昭和天皇の戦犯起訴)から天皇制を救った東京裁判を否定するという自己矛盾を抱えていると書いた。今回は、その右派と対立してきた戦後日本の左派•リベラル勢力と、天皇を免責した東京裁判の関係を考えてみよう。 左派... [続きを読む]

« 雪と50インチテレビ | トップページ | 残心(川淵三郎とクラマー) »

カテゴリー