無料ブログはココログ

« 懐かしのナポリタン | トップページ | イマダモクケイにオヨバズ »

食べ物家

この間行ったお食事所です。
全部仕事で行った所です。(よく仕事してるな~)
大久保水宝館[韓国料理が非常に安くてうまい]
浦和のうなぎの蒲焼き中村屋][これは高くて旨い。
ここは本格的うなぎ屋で注文を受けてから焼くので出て来るまで40分かかります。急ぐ人は止めた方がいい。
横浜玉泉亭[中華が安くてうまい]

横浜ダイアモンド地下街の玉泉亭(中華菜館)
食べ物家
サンマーメンの元祖と言われてる店。
スープの味はシンプルで何となく懐かしい味がする。

出てきたのは、普通の野菜と肉が載っているラーメン。 多少とろみのついた野菜と細い麺が特徴です。 あとで聞いて、横浜が発祥のラーメンということで 漢字で書くと生馬麺、生碼麺、三碼麺、等。諸説あって、生馬麺が有力。 生(サン)は新鮮な野菜のシャキシャキとした食感の意。馬(マー)は麺の上に乗せることをさすと言われ、三種類の具を使ったから、という説もあるらしい。 横浜Style -ラーメン-
食べ物家 浦和は、うなぎの蒲焼の発祥地といわれ、現在でも約50店舗ものうなぎ料理専門店があるという さいたま市浦和区高砂3-2-12 中村家(なかむらや) 辛口で焼き魚に近い蒲焼

店長の話
「当家のうなぎは九州の養殖もので6本(1kgで6本のうなぎ:小ぶりと言うこと)で1本の三つ切りが基本、箸で半分に切りお口に入る大きさが食べやすい!」
「味は先代が酒好きで少々辛目、タレは70年続いたものに新しいものを追加し、今はムスコが作っています。親父でも口出しできません」
長 小山祐司のLOHASな暮らしhttp://lohaslive.exblog.jp/5196604/

食べ物家
水宝館 東京都新宿区大久保1丁目11-1
スンドゥブチゲ](豆腐チゲ)はランチではなんと500円。
めっちゃ安くてうまい
しかも6品付く付け合せがなんとおかわり自由(珈琲も付く?)
韓国おそるべし


食べ物家
■スタッフからの一言■

ソルロンタンやトガニタンには 牛の骨や軟骨に含まれるコラーゲンがぎっしりと詰まっています。

特に女性の肌には大変良いとされています。

水宝館の料理を食べないと本場の韓国料理を食べたとは言えません。

著名な方々も褒めてくださった当店自慢の料理を是非ご賞味下さい!

焼肉天国.com

食べ物家

笹塚大黒屋[うなぎが安くてまあまあ。何せ出てくるのが早い。注文して店を出るまで20分でした。]
[食うのが早すぎるって?確かにそれもあるな。]

今後も安くて旨い店をまとめてから紹介します。

参考になりましたら激励のクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
こちらもお願い致します
FC2ブログランキング
こちらもお願い致します。
BlogPeople

このサイトのあなたのレビュー!

« 懐かしのナポリタン | トップページ | イマダモクケイにオヨバズ »

コメント

 こんばんは。
 TBが通らないので、コメント欄にURLを張らせていただきます。
http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/84029751.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/40122760

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物家:

» あっぱれ!偽装ラブホテル摘発の口火を切った日本共産党・吉井英勝衆議院議員 [嶋ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!]
 清水ただしのブログ「波紋よぶ偽装ラブホ問題」  http://yaplog.j [続きを読む]

» 在日米兵が中3少女暴行・日本共産党の市田書記局長には『日米安保条約廃棄』も言ってほしかった [嶋ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!]
 沖縄米兵 中3少女暴行 凶悪犯罪 またも 抗議の声広がる(2008年2月13日 [続きを読む]

» 天洋食品が居直り!「我々は最大の被害者」 [JUNSKYblog2008]
 帰宅途中の車中で、NHKニュースをポケットラジオで聞いて居たら、中国・天洋食品の社長が、憤懣やるかたない口調で「我々は最大の被害者」だと叫んでいるようだった。  ようだった、と言うのは、こちらは中国語が解らない上に、TVの音なので、字幕も見えないし何を言っているかは不明だからだ。  しかし、その口調は、言葉の意味が解らなくても気持ちが伝わるもので、上に書いたように『憤懣やるかたない』口調であることは確かだった。  確かに、「我々は最大の被害者」だという気持ちは解らない訳ではない。 しかし、日本で... [続きを読む]

« 懐かしのナポリタン | トップページ | イマダモクケイにオヨバズ »

カテゴリー