無料ブログはココログ

« さよなら金八先生  | トップページ | 韓国料理ワールドカップ »

iイラク戦争開戦5周年に当たりいろんなブログの記事を見た。

第7官界彷徨の記事 イラクでは木の芽起こさぬ銃の雨  に心が動いたので紹介します。

今日の東京新聞「筆洗」に、ドイツのメルケル政権の国会議員だったユルゲン、トーデンヘーファー氏の新著で、ドイツでベストセラーになっている「アンディとマルワ」の紹介がありました。「自分たちの決定が何をもたらすのかを、軍隊を派遣する政治家にわからせたかった」というのが、この本を書いた動機だったそうです。  えらいです!  「筆洗」さんから一部引用させていただきます。
「みんなからアンディと呼ばれていた米国の高校生は、人を笑わせることが大好きだった。大学で経営学を学んだ後、叔父の経営する不動産会社に入り、後を継ごうと考えていた。居心地の良い家を、両親にプレゼントできる。

 海兵隊に入ったのは、人生における挑戦のひとつにすぎなかった。戦争が起きるなど想像していなかった。だが現実は違った。最前線に派遣され、イラク軍の銃弾を受けて息絶えた。18歳だった。

 

バグダッドのスラムで暮らすマルワは、童話の載った子ども雑誌が好きで、将来は小児科医になりたかった。
 空想の世界では自分の診療所の前に、人々が長い列をつくった。現実になれば水道とちゃんとした庭のある家を、両親のために買うことができる。
 戦争が始まっても、貧しい自分たちには関係がないと思っていた、だが夕食後、米軍の爆撃機の音が聞こえたかと思うと、突然爆弾が落ちてきた。
 逃げ切れずに右足を失った。11歳だった。」

イラクでは木の芽起こさぬ銃の雨  mの漫望のなんでもかんでものコメント欄に書いていた言葉を紹介します。

戦争に勝つことよりも戦争を避けることに全力を」と訴えた水野広徳の精神は、自衛隊の中には引き継がれていないようですね。

他に以下の記事も参考になりました。

村野瀬玲奈の秘書課広報室
アメリカによる対イラク開戦に反対したアメリカ下院議員、バーバラ・リーの演説を記憶する

シバレイのblog 
イラク戦争、開戦から5年

イラクに平和を!

人気ブログランキングへ
こちらもお願い致します
FC2ブログランキング

« さよなら金八先生  | トップページ | 韓国料理ワールドカップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/40574379

この記事へのトラックバック一覧です: イラクでは木の芽起こさぬ銃の雨 :

» 9.11陰謀説?(11)突撃機体は小さすぎるのか? [アルバイシンの丘]
 再び9.11『同時多発テロ』事件.未だに『ブッシュ一派の自作自演説』が衰えない.それもそのはず,彼らには独自の議論のやり方が存在しているのに気が付いた.  まず第一は,自作自演説の根拠なるものについて,ある議論の場所で否定されたものであっても,他の議論の場所で再び否定されたそのものを持ち出したりするのである.  第二は,具体的なかみ合った議論を避ける,という傾向が強い. 議論を避ける言い分は単純であって,『個別ではなくて全体を見なければならない』,というのである.だから自作自演説は一向に衰えな... [続きを読む]

» 戦死者のアウトソーシング [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
萱野稔人:交差する領域:第12回 民営化された戦争は国家に何をもたらすか 戦争の民営化といえば、2年前の2005年5月に斎藤昭彦さんがイラク西部で武装勢力に襲われ、死亡したという事件が報道されたことで、ひろく知られるようになった現象だ。当時、斎藤昭彦さんは英国系の....... [続きを読む]

» ミャンマーとチベットとヤップの暮らしと [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
ヤップではおだやかな春の日々が続いているが、石油の高騰とともに光熱費がシャレにならないくらい値上がりし、生活に大きな影響が出始めている。 ときどき店のパソコンを使わせてあげているビルマ人の若い友人が、読んでいたメイルから顔を上げて、軍政府がまた僧院を包囲しはじめているようです-と悲痛な声をあげた。チベットの騒ぎと関係があるのかしらね...と、わたし。 日本でもチベット人への中国政府の弾圧は大きく報道されて、中国政府のやり方に非難が寄せられているが、なぜこの時期にチベットでこのような騒ぎが... [続きを読む]

» ワーキングプアについて [旅のプラズマ]
 前回の「日本の貧困について憂慮する」という投稿に、工藤さんという方から「同感です」というコメントを頂いた。私のブログは、一方的に発信することだけに専念しているものであるが、このような同意的コメントを頂くことはうれしいものである。工藤さん、有難うございました。 それで調子に乗って書くわけではないが、貧困を考えたついでに、ワーキングプアについてだけは書き残しておきたいと思う。  フリー百科事典『ウィキペディア』によれば、ワーキングプア(working poor)とは、「正社員並みにフルタイムで働いて... [続きを読む]

» 円高・株安・外貨準備高1兆ドル・消費低迷 [関係性]
 すごい勢いで対ドルで円高が進んでいる。そして、サブプライム問題に発してアメリカ経済の低迷が始まり、そこに頼る経済構造を持つ日本の株価も急落している。さすがに、この円高に対して2001年から2004年まで強烈に行ってきた政府介入を今更続けることができないほど外貨準備高が増している。そして、ついに2月末で、1兆ドルの外貨準備高を保持した。こうして、アメリカ経済を補完してきた。  この外貨準備高は民間からの借金を元手にしているため、「債務超過」の状態である(日本経済新聞3月14日付け朝刊)。  額の大き... [続きを読む]

« さよなら金八先生  | トップページ | 韓国料理ワールドカップ »

カテゴリー