無料ブログはココログ

« シネカノンの映画「歓喜の歌」 | トップページ | 戸山公園の桜 »

今朝の日経の最終面の文化欄にこんな記事があった。

「目を閉じてみて僕の短歌 全国盲学校の生徒から募るコンクール半世紀」という記事だ。

1957年から50回も「全国盲学校学生短歌コンクール」を開いている岐阜県立岐阜盲学校の木本真由美さんという人の文章だ。

記事の中にあった短歌を紹介します。

分からない色の黄色は 分からない黄色い声は 弾んでいるね
活けてある窓辺の百合に 手触るればさは湯に 花のあたたまりおり
知らぬ街ブロック が足に触れ張りつめし 心やっと柔らぐ
蝉が鳴き野球の音が聞 こえてる静かな静かな 野球の音が
言葉ではとても言えない 大好きな君の手にそっと 指点字打つ
シグナルの点滅紅の如 く見ゆバス待つ吾の弱 き視界に


4番目の歌は視覚障害者の野球ではボールの転がる音で球筋を追うので選手も応援者も息をひそめているということだそうです。

6番目は弱視者にしかわからない独自の美意識かもしれない。

自分も歌を作るがこういう歌に接するといかに自分の歌が「作品」であるかを痛感する。

こういう歌やこういうコンクールを準備する短歌に関係する人のことを思い「僕の短歌」を作り続けたい。


何か得るものがありましたら
人気ブログランキングへ
こちらもお願い致します
FC2ブログランキング






Google















« シネカノンの映画「歓喜の歌」 | トップページ | 戸山公園の桜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/40746175

この記事へのトラックバック一覧です: 目を閉じてみて僕の短歌:

» 33年ぶりのストライキ 郵政ユニオンが一時間の時限ストを貫徹 [アッテンボローの雑記帳]
 本日4月3日、午前8時から郵政ユニオンの全国10支部において、44名の組合員が [続きを読む]

»  朝ズバと小沢代表 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
 朝ズバと小沢代表  今日の朝ズバに小沢民主党代表が出ていた。      ブログの仲間には、みのもんたが好きでない方が多いが、過去朝ズバで、自民党の大物議員の出演は少ないと言う事は、自民党は彼の番組が好きではないと言う事も言えると私は感じている。  私は、民主党は出す政策が有るのか無いのか、国民に対してハッキリした物が見えなく、民主党の伸びない要因の一つだと思っていた。  しかし、今日の彼はハッキリと分かりやすく説明していた。民主党の広報活動が下手なのか、メディアが自民党だけにしか目を向けてい... [続きを読む]

« シネカノンの映画「歓喜の歌」 | トップページ | 戸山公園の桜 »

カテゴリー