無料ブログはココログ

« 寺山修司の新刊短歌集『月蝕書簡』 | トップページ | 短歌の三要素 »

日本国憲法第31条には
「何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。」
という条文がある。
これは

「何人も有罪と宣告されるまでは無罪と推定される」
「疑わしきは罰せず」
「疑わしきは被告人の利益に」

という「推定無罪」の原則となっている。
これは学生時代に無前提の常識として学んだ。
推定無罪(すいていむざい)は「何人も有罪と宣告されるまでは無罪と推定される」という立証責任の考え方に基づいた近代刑事法の基本原則である。
理論的根拠としては、被疑者・被告人は訴訟の当事者である、という刑事訴訟の当事者主義の原則を貫いた場合、被疑者・被告人は訴訟のやり方を失敗したために刑罰を受ける、という事態になりかねない。そこで、刑罰権を行使する検察側が犯罪事実を立証しなければならないとする結果、被告人は無罪と推定される、ということによる。 また、日本で現在採用されている弾劾主義のもとにおいては、実際に犯罪を犯したかどうかを判断する手続が刑事裁判手続であるため、当事者である被疑者・被告人には無罪の推定が働くことになる。

今日のサンデープロジェクトの特集は

シリーズ「言論は大丈夫か」⑪
本当に“推定無罪”か
− 閉じられる「再審の扉」−
高知や滋賀の事件と共に白鳥事件や名張毒ぶどう酒事件や袴田事件も出てきた。
この中でも当時の役人が「『推定無罪』は学生時代からたたきこまれた」と語っていた。

しかしこの原則が今は壊れているというのが今の裁判所の状況だと分かった。
その理由として元最高裁調査官の木谷さんは裁判官の卵が学ぶ司法裁判所での問題をこう指摘した。
・ 刑事裁判では有罪の判決を書くトレーニングしか受けてない
・ 実地研修で「有罪判事」(有罪にばかりする判事)につくと「有罪判事」になる。
また裁判官が自分が神様のように考えることが間違いと語った。

このシリーズでいい仕事を行っている大谷昭宏さんは個々の裁判の取材をしてきたがこれは日本の裁判の構造的な問題だとした。
最後に大谷さんは科学技術の発展に即して新たな証拠が出てくる可能性を上げ今後検討すべき事として次の2つを上げた。
・ 再審決定
・ 事項の撤廃

自白中心主義の判決は取り調べの問題点を生む。
欧米で行っている取り調べ状況の全面可視化は必須な課題だと思いました。
Youtubeにどなたかがアップされたらまた紹介します。

以下番組のホームページからです。

「日本の言論の危機」を問うシリーズ特集。 裁判員制度を来年に控え、冤罪を防ぐための大原則「推定無罪」に、 2週連続で注目する。

刑事裁判では、被告は有罪を宣告されるまでは無罪と推定され、「被告が犯人でない」という疑問が少しでもあれば無罪判決とすべき、という原則がある。しかし、現状は・・・

去年裁判が開かれた高知白バイ・スクールバス衝突事件では、被告に有利な第三者証言があり、警察が証拠をねつ造した疑惑があったにも関わらず、裁判官は警察の主張だけを採用して、有罪判決を下した。
また滋賀の日野町強盗殺人事件では、物証ゼロ、自白も矛盾だらけでも有罪が確定。被告の無実を示すと思われた新証拠が出された再審請求も棄却された。

「推定無罪」原則はなぜ形骸化したのか。

さらに今、最後の砦、再審の扉も閉じられようとしている。
死刑が確定した名張毒ブドウ酒事件。無実を示す決定的な新証拠が発見され、一度は再審開始決定が出たが、高裁は2年前に再審開始を取り消した。

なぜ、再審の扉は閉じられたか。


二つの問題を徹底追跡する。

≪出演≫
大谷 昭宏(ジャーナリスト


サンデープロジェクトホームページ

参考
推定無罪
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


参考になりましたらクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング






Google
















« 寺山修司の新刊短歌集『月蝕書簡』 | トップページ | 短歌の三要素 »

コメント

ENZAIXさん
コメントありがとうございました。

平成20年11月24日より高知県検察審査会への署名活動を開始しました。
http://www.geocities.jp/haruhikosien/syomei3.html

よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/40866758

この記事へのトラックバック一覧です: 「疑わしきは罰せず」:

» 『共謀罪』・『ロス疑惑』・『電子投票』まるでドラマのような地獄が口を開ける [Saudadeな日々]
とにかく問答無用で人を逮捕できるようにする悪法、「共謀罪」。 アメリカ主導の軍需産業からエライ人がおこぼれを頂戴することと引き換えに 国民の命を戦場に差し出すための2011憲法改変を確実にしたいから。 1.子供たちの洗脳を狙った教育関連三法の破壊は去年強行された..... [続きを読む]

» 右の左の言ってる場合じゃない、仕掛けの大元は誰だ? [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
きょうはミル・チャネルでスノーケリングをした。途中で少し雨がきたけど、お天気はおおむね良好、小潮のためブルーの水は期待できなかったが、浅いところの透明度はまあまあだった。ゲストはそれぞれのペースでお楽しみのようなので、わたしはそれとなく安全確認をしつつ、まわりで泳いでて...ハナゴイさんはきょうも美しかった(笑)。 水中では、浮力や抵抗といった陸上とは違った力を受け、重力からはかなり解放される。それと関係あるのかどうか知らないが、わたしの頭の中も、水中では陸上とは違った感覚で思考が結びついたり、と... [続きを読む]

» 最高裁判事の推定信任は推定有罪の温床 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
日本国家のデフォルト値 (一ファン) 最高裁判所判事の信任投票も悪質な既定値バイアスの最たるものです。 逆デフォ (過激派) あれって、全部Xつけるんですよね?(池田信夫blog:Libertarian Paternalismのコメント欄)に触発されて最高裁判所裁判官国民審査を考えてみ....... [続きを読む]

« 寺山修司の新刊短歌集『月蝕書簡』 | トップページ | 短歌の三要素 »

カテゴリー