無料ブログはココログ

« チベット問題の独自な視点 | トップページ | 夜の赤坂サカス »

長野の聖火リレーが終わった。

善光寺が「同じ仏教徒への弾圧に憂慮するものがある」として会場提供を辞退したことは(下の映像に見るように)ストレート且つ大きなメッセージを世界に送った。

長野市はその善光寺の門前町として発展した。
長野市が辞退する選択肢もあっただろう。

名古屋のお寺を通じてチベットを援助していた第一走者の星野監督が辞退する選択肢もあったろう。
欽ちゃんも北島選手もそれは同じだろう。
ただしスポンサーに推されて出ている以上それは難しかったろう。
またスポーツマンとしては聖火を持って走るというのは本来大変に名誉なことだろう。

でも周りを警察に囲まれた聖火リレーはどれだけの意味があるのか?
ましてやコカコーラなどの宣伝車も参加を取りやめたのは宣伝効果が逆効果と見たからではないか。

敢えて言いましょう。

 

オリンピックの聖火リレーはもうやめよう!

々オリンピックの聖火リレーは、1936年のベルリン夏季五輪の際に、当時のナチスドイツの大幹部、パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス宣伝大臣が考案決裁したものとされています。
チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG

今後も聖火リレーは政治宣伝の道具になるでしょう。
ゲッベルスが作ったものをどうして戦後の民主主義は検証することなく残したのでしょう。
よくわかりません。

ついでですが昨日の長野の聖火リレーについてこんな記事もありました。


◎ ついに創価学会が動き出しました。

東京・大阪・愛知を始め各県の地区リーダー以上に対して、長野市における聖火リレーに対しての緊急出動の要請が、池田大作の息子の名前で発せられました。

長野に行ける人間がいないか、急遽電話で聞き取りが始まったのです。
これは個別指導と言うらしいのですが、勿論交通費は創価学会持ちです。

急な話だったので、休みを取らなければ行けない人たちに関しては、しっかりと休みの手当ても出ます。何故、前以って決定していなかったかと言えば、ネットなどで広まったので、どうも表向き動きづらいということで静観していたようだ。

しかし、この間事態は悪い方向に行き過ぎたので、ここに来て慌てて動員を指示したのです。勿論中国大使館からの強い要請もあったようです。この背景には多くの日本人がこの聖火リレーに対して、抗議の意思を表明するために長野市に結集するという情報がもたらされての対抗手段です。

当日は創価学会の三色旗が溢れかえる事態も予想されます。目的はリレーに抗議する人を近づけないというのだから驚きです。「一切近づけるな!」との指令で、チベットの旗やプラカードを持参する人を見つけたら前に立ちはだかって阻止せよと勇ましい指令が飛んでいます。

これは警察の警備隊、それからボランティアと呼ばれる歓迎派の一団、その外側での動きになります。「どんなことがあっても制止しろ」というのだから、これは混乱状態は覚悟しなければなりません。

また、「中国人留学生を守れ!」という指令も出ています。抗議する日本人が留学生と睨み合いになったら、そこに入って留学生を守れということなのでしょうか。

ハートを撃て

創価学会は警察が足りないときは代わりをやるようです。

youtubeから2本紹介です。

1本目はこの間起こったチベット問題の総集編です。
2本目は世界中の聖火リレーに対する抗議行動です。
どちらも映像作品としてはレベルが高いです。


【聖火リレー in 長野】 謳われない行進 ~ チベット騒動☆総集編 Free Tibet 2008.4.26

もうひとつの聖火リレー 'Another sacred torch relay'

参考になりましたらクリックを!
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング






Google
















« チベット問題の独自な視点 | トップページ | 夜の赤坂サカス »

コメント

naoko さん
再度のコメントありがとうございます。

中国の民主化はまだまだですが日本も民主主義国家と胸を張れないのが現実です。

中国政府当局による中国人留学生の世界的な動員…。
当局お墨付でなければ声を上げることの出来ない中国の学生たち。
逆に、その流れに抗したら、(アメリカでチベット人の学生にも公平であろうとした女性留学生のように)たちどころに売国奴のレッテルを貼られ、母国の家族にすら危害が加えられる…。
これでは、世界中の中国人の心は、権力の鎖に魂まで縛られているようなものです。
思うに、中国の人々の‘心’は、文化大革命の暗黒時代以来、なんら開放されていないのではないでしょうか?
そして、その中国当局の要請にこたえて、同様な動員を行う、わが国最大のカルト教団…。
警察も、学会の要請を受けて、チベット解放運動側の排除に動いた面があるかもしれません。
どう考えても、今回のオリンピックはひどいことになりそうです。

志村建世さん
コメントありがとうございます。
国旗掲揚・国歌演奏もやめるのはいいですね。

うちのかみさんはオリンピックそのものをやめた方がいいのではないか言っています。
妻の言うにはイギリスではオリンピック開催に反省の世論が出来ているそうです。

今から思えば私の福岡時代に経験した福岡オリンピックを福岡市民が圧倒的な世論を作りやめさせた事は非常に先駆的で貴重な事だったと思います。

naokoさん
コメントありがとうございます。
創価学会のやることは私にはよく理解できません。

長くなるので引用はしませんでしたが、「ハートを撃て!」には中国留学生の動員の様子も生々しく書いています。

聖火リレーの廃止に大賛成です。ついでに表彰式での国旗掲揚・国歌演奏もやめて、個人やチームを讃えるだけにしましょう。

その情報は本当でしょうか?
もし本当だとしても、いかにも学会らしい動きではありますね。
『やはり、最低だ。』の一言につきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/41004812

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックの聖火リレーはやめよう:

» 騒ぎもほどほどの日本らしさ〜聖火リレー妨害派惨敗 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
妨害で逮捕5人−聖火リレー・長野県警 長野聖火リレーで最終的には6人逮捕者。これは多いのか少ないのか、それが問題だ。 [続きを読む]

» 何だ、毎日の妙な自信は [vanacoralの日記]
物は投げられるわ、人は飛び出すわ、小競り合いは起きるわ、こんなんで北京五輪が無事開催できるのか、という思いを強くした昨日の長野聖火リレー。今日の全国紙社説はあの騒動をどうまとめているでしょうか。 ■朝日新聞「北京五輪―長野のリレーは済んだが」 …聖火はこの... [続きを読む]

» 08年4月27日 日曜日 山口2区が気にかかる [護憲+グループ・ごまめのブログ]
 08年4月27日 日曜日 山口2区が気にかかる  日曜日は何時ものように報道2001の最後に放映する関東府県の投票予定調査。       山口2区の補欠選挙が気にかかる。しかしニュースを見ていると、 「27日午前10時現在の投票率は19.02%と、前回の総選挙に比べ0.93ポイント低くなっている」 と有ったが、もし投票率が低い結果が出たてすれば、現在のような官僚主導の政治にした責任は国民にあると言わねばならぬ。  今日の新聞の気になる見出しを二つあげてみた。      一つは、日ロ油田... [続きを読む]

» [ダイビング]小潮まわりのときは [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
これからしばらく潮まみれの日々が続くので、このブログも潮まみれ(?)になるかもしれないことをお断りしておきます。 まずは衆院山口2区補選で平岡秀夫氏の当選確実速報、わ~い、よかったよかった! と、ヤップのバーティーゴというダイブサイトでは、オグロメジロザメ(Carcharhinus amblyrhynchos)たちも少しほっとしているでしょう。ただいま小潮まわりでマンタの水路の透明度は低く、おまけにマンタの遭遇率もがくんと落ちたので、きょうはバーティーゴが大人気だった。浮上してみると、ひ... [続きを読む]

« チベット問題の独自な視点 | トップページ | 夜の赤坂サカス »

カテゴリー