無料ブログはココログ

« イチゴとクリスピークリームドーナツ | トップページ | 都の西北の大学に行った »

きっこのブログはアクセス数が6千万を超える日本一アクセス数の多いブログだ。
そのきっこさんが俳句の実作者であることはこのブログを読んだことがある人は知っているだろう。
その俳句実作者であるきっこさんがある歌人に興味を持っている。
それは辰巳泰子。
Tatumiyasuko_p_2

辰巳泰子のライブ写真など より借用


彼女が作るのはこんな歌だ。

どなたにもさよならを言ふは怖ろしくチョコレートのやうに魂を割る

その脚色しない自分を歌う彼女の短歌にこういう評価を与えている。

「‥‥そんなワケで、あたしは、短歌に対しては、自分の実践してる俳句とはまったく違う鑑賞の仕方をして楽しんでたんだけど、辰巳泰子さんの歌と出会って、この考え方は一変した。泰子さんの歌は、小説は小説でも、完全に「私小説」なのだ。短歌にありがちな「誰かを演じる」という芝居感覚が皆無だから、脚色や創作の味つけがなされていたとしても、そこには常に「辰巳泰子」という1人の女性が立っている。言葉のひとつひとつに、体温があり生きているから、ナイフで切れば血が噴き出す。これが、泰子さんの歌だ。」

辰巳泰子は1966年大阪府生まれ。1990年、第一歌集『紅い花』 (砂子屋書房)で、歌壇の芥川賞といわれる現代歌人協会賞(第34回)を最年少受賞。現代歌人協会会員、日本文藝家協会会員。2000年から2001年にかけて、文芸誌「月鞠」第一~五号を個人で編集、発行。同誌に小説作品も発表。2001年より朗読ライブ活動、インターネット活動を開始。高校生の息子を持つ、シングルマザーでもある。

実は私の属する短歌同人「炎」の檜葉奈穂さんが彼女をその女流歌人の歴史的な系譜の中に於いて激励的に論じミューズへの挑発という一冊の本になっている。

辰巳泰子の歌についてきっこさんは更にこう言っている。

「これは、俳句の海を泳いで来たあたしにとって、ものすごい衝撃だった。こんなふうに短歌を操る人がいたなんて、短歌という詩形を見直すキッカケにもなったし、何よりも、あたしは、泰子さんの歌の世界に引き込まれた。そして、「アトム・ハート・マザー」を読み終えたあたしは、この歌集を紹介してくれた先輩俳人に頼んで、泰子さんの第1歌集「紅い花」を貸してもらって読んだ。 それからのあたしは、いつも泰子さんに注目するようになって、第3歌集の「仙川心中」、第4歌集の「恐山からの手紙」、第5歌集の「セイレーン」は、ちゃんと買って読んだ。俳句の句集もメッタに買わないあたしが、短歌の歌集を買うなんて、ヨホドのことなのだ。書籍版「きっこの日記」の「きっこさんに50の質問」のコーナーでも、「好きな歌人」として、辰巳泰子さんの名前を挙げてるほどだ。 で、ここまで書いて来て、いつものあたしなら、泰子さんの歌を何首も紹介してるハズなのに、なぜ?‥‥ってワケで、これには大きな理由がある。それは、このたび、泰子さんの短歌朗読ライブの様子をおさめたDVD、「聖夜」がリリースされることになったからだ! 泰子さん、おめでと~♪

今日6月1日にこのDVDはリリースされ同時に今日は福島泰樹と枡野浩一を迎えてのライブが行われたはずだ。

20080519

辰巳泰子のライブ写真など より借用


短歌がこういう広がりを持つことを同じ短歌の実作者の一人としてうれしく思います。

辰巳泰子のこんな歌を紹介して今夜は終わりです。

おのづから帳尻が合ふてゆくことの予感 この人を育てたやうに

参考
きっこのブログ 2008.05.28辰巳泰子の言霊
辰巳泰子の公式ホームページ

檜葉 奈穂【著】ミューズへの挑発―現代短歌・七歌人論で評論されているのは以下7人です。
辰巳泰子論―その作品世界の二元性について
俵万智論―その作品の基底と変移
香川ヒサ論―思索の知的抒情
栗木京子論―短歌的抒情と科学的詩性の融合
阿木津英論―性差への果敢なる挑戦
松平盟子論―その多彩かつ苦渋の軌跡
米川千嘉子論―思索する櫂

参考になりましたらこちらをクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング






Google
















« イチゴとクリスピークリームドーナツ | トップページ | 都の西北の大学に行った »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/41398351

この記事へのトラックバック一覧です: きっこのブログと辰巳泰子:

» うちの夏みかん [アルバイシンの丘]
 うちの狭い庭に,夏みかんの木が1本ある.この夏みかんの木には一つ不思議なことがあるのだけど,今日はその話でもするとしようか.  二十数年前に引っ越してきた時にはすでにこの木はあったのだけど,実が一つも生らなかった.1年が過ぎた頃,私はこの木に話しかけたのである. 「来年もできんやったら切るけんね」 と言って,九州訛りではあったが,私の決断を少し怒った調子で伝えたのである.その結果はどうだったであろうか.  なんと,絵に描いたように次の年はびっしり生ったのである.私はそれからずいぶんと... [続きを読む]

» [ダイビング]シーファン・パラダイス [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
ほぼ10日ちかく続いた曇りや雨の多い天気が、やっと今日になって安定した模様。久しぶりのスキッとした青空に、気分もルンルンだ。とはいっても、ヤップの東の方には、また雲の塊ができているから油断できないけど... そんなわけで東側のリーフもちょっと波が高めだったけど、大潮前の午後の上げをねらってシーファン・パラダイスに潜った。名前のとおり、水深22mから35mにかけて、高さ1mから2mもある大きなオオイソバナ(Melithaea ochracea、英語でSea fan)が茂っている場所だ。右上の写真... [続きを読む]

» コラソン de メロン〜平成枯れすすき [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
公式サイト。田中誠監督。井上和香、西川貴教。そこはかとなく「昭和枯れすすき」から連想して「平成枯れすすき」という雰囲気。 [続きを読む]

» 『プレカリアート』社会への怒り [関係性]
 ガソリン問題も後期医療制度もそしてそれへの政府の対応にも腹が立つ。この中で、止め処なく滑り落ちるワーキングプアの拡大に最も怒りを覚える。「プレカリアート」(注)社会への怒りである。  (注)ウィキペディアより:プレカリアート(英precariat、仏précariat、伊precariato)とは、「不安定な」(英precarious、伊precario)という形容詞に由来する語句で、新自由主義経済下の不安定な雇用・労働状況における非正規雇用者および失業者を総称する言葉。国籍・年齢・... [続きを読む]

» 08年6月2日  月曜日  京都に来る方ご用心 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年6月2日  月曜日  京都に来る方ご用心       たばこを吸わない私は気にかけなかったが、京都の市条例で市内の中心地の繁華街でくわえ煙草は1000円の過料を取られるらしい。  東西は河原町〜烏丸通り  南北は四条通から三條通りまで、  の主要道路ご用心。  昨今の行政は恥も外聞もなく過料や罰金、若葉マークも付けていなくては反則金4000円。         免許証の更新は70歳で、7000円ちかくだして講習。実際受けてみると1000円でも高いと思う講習料。老人からポッタクリ。... [続きを読む]

» 絶対おかしい!!!後期高齢者医療保険料 [ひとみちゃんにも ちょっと言わせて]
ブログに書いているつもりでしたが、検索してもありませんので載せることに。 福岡市で行われたシンポジウムでは、老人クラブの会長さんは ... [続きを読む]

» 211:ワープアのバイブル、ロスジェネ&蟹工船&カニ光線? [SIMANTO BBS]
2008/06/02 いや〜、日本全国、ほとんど梅雨入りですね〜。ここ四万十でも、なんか、うっとおしい日が続いています。みなさん、体と心にカビが... [続きを読む]

» 『リモートホストと大まかな住所を自動的に公開し、ハンドルネームを名乗るシステム』を提案 [嶋ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!]
 自分の勤務する会社(事業所)の名前にはあまり文句を言わないのに、なぜ「共産党」 [続きを読む]

» ◆川田亜子 衝撃映像・・・・・悪魔になった真相とは・・・?! [◆川田亜子 衝撃映像・・・・・悪魔になった真相とは・・・?! ]
元TBS人気女子アナウンサー川田亜子本当に美人でスタイル抜群! 川田亜子といえばなんでもいちいちエロく例えてくれ、楽しませてくれますよね♪ でもあまりに激しくお蔵入りになる事が多いらしい・・・ 今回そのお蔵入りになったテレビでは絶対放送されない未公開動画を是非ご覧ください!... [続きを読む]

« イチゴとクリスピークリームドーナツ | トップページ | 都の西北の大学に行った »

カテゴリー