無料ブログはココログ

« 観潮楼歌会での啄木の歌 | トップページ | ついに100円ミニノートpc »

Google誕生 ガレージで生まれたサーチ・モンスター

本記事はオーマイニュースに掲載されました。

ほぼ1週間かかって458ページに及ぶ大書を読んだ。
それは「Google誕生 ガレージで生まれたサーチ・モンスター」(イースト・プレス)

かねてからGoogleには興味を持ち関連本を読みその各種サービスを使ってきた私ではあるが改めてその歴史的、地球的な意味合いを感じた。
今やインターネットとGoogleは同義語のようになっている。
ネットやブログの世界ではGoogleで調べるという意味の「ぐぐる」というのは日常語になっています。
一切「ぐぐらない」でのネット上での質問や意見表明は失礼と思われています。

ラリー・ページとサーゲイ・ブリンという二人の若者が構想した「世界を光速で検索する」夢はその一部を実現した。
しかしその夢の更なる実現に向けて今もなお光速で走っている。
Googleの打ち出すサービスは常に驚きを呼ぶ。
最近ではGoogle earth で自分の家が見えた時に多くの人が驚いた事だろう。
どこでも同じメール環境が使えるGmailをメールに使っている人は多いだろう。
私もGoogleの各サービスを個人用にも業務用にも使っている。
Googleのサービスを使えばマイクロソフト・オフイスはもう必要ない。
今後Googleのサービスをメインとした業務システムの会社運営と言うことも多くあるだろう。

多くの技術者には「マイクロソフトはソフトウエアのソ連、つまり高速デジタルの世紀についていくことのできなくなった動きの鈍い巨人」と見られてしまっている。

この本は2006年6月に発行されているのでその後の事は書かれていない。
今後「Googleはいかに世界を変えたか」とでも名付けられれた続編が出ることだろう。

この本で初めて知った事は多くあるが特にバイオテクノロジーに関するGoogleの無償の協力は印象的だった。
ヒトゲノムを解読したクレイグ・ヴェンター教授は「グーグルを使えば誰でも科学者になれる。何百万人もの科学者がいつでも生まれることになるのだ。」と語っている。

ページは飢餓と貧困から人々を救済する活動にも、グーグルとともに深くかかわろうとしている。発展途上国の人たちに小規模の銀行ローンを提供するプログラムに特に関心を持っている。

又電力の大口ユーザーでもあるのでクリーン電力をどう作るかの問題にも興味があり、アマゾン川の流域でインターネットができないのは電力がないからだと考える。

訳者の田村里香さんが訳者あとがきでこう書いている。
「「(ラリーとサーゲイは)コンピュータおたくではあったが、同時に外の世界に対しても非常に幅広い関心を持っていた。概してこの二つを兼ね備えていないと世界で成功するのはむずかしい」。才能や運や努力や出会いなどさまざまな要素が融合していまのグーグルに至っているわけだが、成功の最大の秘訣は、ラリーとサーゲイが、世の中の役に立ちたい、という気持ちを持っていたことにあるようだ。」

この本を読むと会社を興すために始めたのではなく精度の高い検索を行うために始めたグーグルという存在がいかに皆を巻き込みビッグ・ビジネスになっていったの経緯がよくわかる。

訳者あとがきはこうしめくられている。
この言葉をこの文章の締めくくりともします。

「本書を訳していた日々は、わたしにとって至福の時間だった。いまわたしたちの生きている世界ではこんなすばらしいことが起こっている。それがどんな励ましになったことか。本書が多くの人に勇気をあたえ、役立つことを願っている。」



カナダde日本語を習い
とむ丸の夢を見ていた
きまぐれな日々
あんくる トム 工房での
反戦な家づくり
すごい生き方を学んだ。
土佐高知の雑記帳
ささやかな思考の足跡/や
dr.stoneflyの戯れ言
たけくまメモ して
観劇レビュー&旅行記
アルバイシンの丘から見た
ポラリス
ミクロネシアの小さな島・ヤップ
旅のプラズマを書き
美しい壺日記には
津久井進弁護士
村野瀬玲奈の秘書課広報室/との
関係性
大脇道場
「猫の教室」 
ごまめのブログ
たけむらブログ
とくらBlog
JUNSKYblog2008を書いた。
お玉さんとお玉おばさんでもわかる 政治のお話
左翼というのはプライドたりえるのだろうかという
愚樵空論をしていたら
「ちょっと、よってけらっせん。」と伊東勉… が来るは
ちょっと言わせてとひとみちゃんが来るわ
法大OB
嶋ともうみ/が来るわで
わんばらんすになった
低気温のエクスタシー状態の
大津留公彦のブログ2です。

参考になりましたらこちらをクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング








カスタム検索


« 観潮楼歌会での啄木の歌 | トップページ | ついに100円ミニノートpc »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/41784519

この記事へのトラックバック一覧です: Google誕生 ガレージで生まれたサーチ・モンスター:

» ふるさと炭素税国際版 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
温室ガス削減、長期目標「共有」で合意 主要排出国 先進国と新興国の双方は「排出量削減の世界全体の長期目標を含む長期的な協力行動のためのビジョンの共有を支持する」としたうえで、「(国連交渉で)長期目標を採択することが望ましいと信じる」とした。 だるい洞爺湖サミ...... [続きを読む]

» 08年7月日 曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年7月日 曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・新聞記事の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・テレビ番組の見出し{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・大坂の話題{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

» 専門家会議内容を公開しないで豊洲土壌汚染対策案へのパブコメを書かせるんですか?(順序が逆) [Like a rolling bean (new) 出来事録]
「中央市場の売り飛ばし・強制地上げ・あてがわれた土地は毒まみれ事件」にあたり、築地の豊洲移転地をなんとか「安全」と提言させられようとしている都の専門家会議最終回は、デモ翌日の7/13(日曜日)に見事に前倒し開催となりました。 と思いきや、なぜか2回にわたる開催な... [続きを読む]

» 08年7月10日 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年7月10日 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・サミット関係 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・新聞の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・テレビ番組の見出し{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

« 観潮楼歌会での啄木の歌 | トップページ | ついに100円ミニノートpc »

カテゴリー