« おい、地獄さ行(え)ぐんだで! | トップページ | 【諫早湾干拓問題】開門調査の実施を求める賛同署名 »

2008年7月 3日 (木)

こっちの方が面白い?「党生活者」

昨日の「蟹工船」の続いて小林多喜二の「党生活者」青空文庫です。


いくつかのブログの記事を紹介しながらこの本の意味を考えてみたいと思います。

こんなこっちの方が面白いという意見もあるようだ。

新潮社の本を買った人は、同時収録されている「党生活者」も読むのだろうか? 「党生活者」は非合法活動を続ける共産党員たちの群像劇で、個人的にはこっちの話の方が面白い。僕は戦前の共産党のオルタナティブで尖った感じが大好きなのだ。ただ残念ながら、今の共産党にはまったく興味がない。
bemod. 党生活者=コンペ=歴史=閉鎖=底力=提訴

この時代の状況がわからないと本当に理解はしにくいだろう。

確かにプロレタリアート文学の評論家蔵原惟人は蟹工船よりも党生活者を高く評価している。

一番、わかったのは「笠原」の気持ち。 「私」と一緒にいたいが、「活動」はしたくない。わからない。 そういう気持ちは分かります。あと、「伊藤」が「私」を好きだったというのも 読んでいてわかりました。
igaigaのブログ

こういうディーテールにもこの作品及び多喜二の表現力が表れていると思います。

多喜二はある意味でわたくしには青春のシンボル      のような、奥にしまってあったものである。      その青い頃、赤い自転車という名(チーム2名)で      16ミリ、35ミリの自主上映に燃えていたことがある。

     いろいろやったがその一つが「小林多喜二」であった。
     自分で選んでおいて、上映中、後半目を開けていられなかった。
     そのころも今と同じく弱虫であった。
     理不尽に傷つけられる、その痛みと悲しみのために
     病んでしまいそうに苦しい。

      1974年 今井正監督
      主演 多喜二役は山本圭。
      恋人タキ役が中野良子だった。


想風亭日記new
青春ありました
http://blog.goo.ne.jp/raichiooo/e/a99f822ad6d74c70c0231542b6a520fc

私にもこの映画の自主上映の思い出がある。
福岡映画サークル協議会の当直日誌に書いた記憶がある。
どこかにあるはずなので出てきたらまた紹介します。

小林多喜二没後75周年「多喜二の文学を語る集い」が特集されています。  そのなかで、青年トーク・「蟹工船」を語るとして浅尾大輔(作家)さん、山口さなえ(首都圏青年ユニオン)さん、狗又ユミカ(フリーター全般労働組合)さんの3人のトークが紹介されています。山口さん、狗又さんは小説「蟹工船」のエッセーコンテストの入賞者です。

 狗又さんは、昨年まで派遣労働者でした。「雇用期間の満了の為」「業務縮小の為」と不当な解雇の連続、労基署に相談すれば、「不安定な働き方をしているアンタが悪い」とどやされる。病気で働けなくなって生活保護をうけようと思えば水際作戦で追い返される。そんな彼女が「蟹工船」と現代の派遣や業務請負で働く人と状況が似ていると7つの共通点を挙げています。
1、文字通りの命だけでなく、「小刻みに殺されていく」という表現どおり、自己の尊厳をスタボロにされていく点。
2、「鼻紙や糞紙以下」という表現どおり、「モノ」あるいは「モノ以下」の扱い。
3、健康上の責任をもたない、つまり健康診断をいいかげんに行う点。(私は実際、トルエンやエタノールなどを使用する職場で働いていたことがあるんですが、必ず実施しなければならない「有機溶媒検診」を、しないで作業させられました)
4、中間業者がたくさんいて、マージンむしりとっている。つまり搾取しまくってる点。
5、「蟹工船」に出てくる浅川監督のようなボスハラ上司がはびこっている点。
6、有期雇用なので不安定。
7、政府機関が労働者を守らない点。
多喜二さんからこう言われたような気がしますと彼女は立ち上がって、
 現代は問題が多様化し、連帯するのが困難だろうが、泣き寝入りしなければ、恐らく勝つことができるだろう。それだけは、忘れないでください。
決して諦めないでください。
それでも、くじけそうになったら、「蟹工船」を読み返し、ぜひ共感を覚えてほしい。…
そうやって、目の前で苦しむ者を、決して他人事だとは思わないから安心してください。


真実一路 多喜二の「蟹工船」が呼びかけるもの

労働者派遣法ができる時に私の友人はこれから日本の若者は大変なことになると予言していた。

今や働く人の三分の一が、派遣やパート、アルバイトなどの非正規雇用になり、年収二百万円以下のワーキングプアと呼ばれる層は二割を超えている。

多喜二の思いがこの若者たちに届かないと決めつけることは誰にもできない。

カナダde日本語を習い
とむ丸の夢を見ていた
きまぐれな日々
あんくる トム 工房での
反戦な家づくり
すごい生き方を学んだ。
土佐高知の雑記帳
ささやかな思考の足跡/や
dr.stoneflyの戯れ言
たけくまメモ して
観劇レビュー&旅行記
アルバイシンの丘から見た
ポラリス
ミクロネシアの小さな島・ヤップ
旅のプラズマを書き
美しい壺日記には
津久井進弁護士
村野瀬玲奈の秘書課広報室/との
関係性
大脇道場
「猫の教室」 
ごまめのブログ
たけむらブログ
とくらBlog
JUNSKYblog2008を書いた。
お玉さんとお玉おばさんでもわかる 政治のお話
左翼というのはプライドたりえるのだろうかという
愚樵空論をしていたら
「ちょっと、よってけらっせん。」と伊東勉… が来るは
ちょっと言わせてとひとみちゃんが来るわ
法大OB
嶋ともうみ/が来るわで
わんばらんすになった
低気温のエクスタシー状態の
大津留公彦のブログ2です。

参考になりましたらこちらをクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング






Google















« おい、地獄さ行(え)ぐんだで! | トップページ | 【諫早湾干拓問題】開門調査の実施を求める賛同署名 »

「小林多喜二」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

青い鳥さん
こちらでも有難うございます。
多喜二は読み継がれるべきでしょうね。
日本人の持つ財産の一つだと思います。

>「党生活者」は非合法活動を続ける共産党員たちの群像劇

私は学生時代、親友から日本共産党への入党を強く勧められた。そこで考えたのが、自分の様な軟弱な人間が多喜二の様に特高の拷問を受けたとしたら、口を割らずに非転向を貫く事が果たして出来るであろうか…と、真剣に悩んだことを、きのうの事の如くに思い出される。結局は大資本の権化、都市銀行に入行し、資本主義の醜い側面を嫌という程見る羽目となった。多喜二が命を賭して信念を貫いた事に対して畏敬の念を抱いている。 再び暗黒の世にならぬよう微力ながら何かで貢献したいものである。しかし、真の平和を希求するという事が、生半可なものではないと今更乍ら感ずる。

「笠原」問題というのが、当時のプロレタリア作家達からも批判にさらされた問題だということです。
主人公は、笠原と偽装結婚して官憲からの目くらましの道具にしているのではないか?
ということのようで、私も20才代でこれを読んだ時異様な感じを持ちました。
不破氏が先日「多喜二祭」で公演し、前衛にも掲載され今は、単行本で売っている「小林多喜二時代への挑戦」にも
「笠原」問題は、取上げられていました。

ひみ子さん

コメントありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。

私は、どちらも大昔の学生時代に読みました。
それで、影響を受けて、今日の私があるのです。
小林多喜二の映画も見ました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/41726534

この記事へのトラックバック一覧です: こっちの方が面白い?「党生活者」:

» 終戦直後のドサクサ並みになった日経平均 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
日経平均、54年ぶり11日続落 物価高と景気後退へ警戒感 11日間の下落幅は1187円(8.2%)に達した。11営業日連続の下落は、朝鮮戦争休戦後の景気低迷で15日続落を記録した1954年4月28日―5月18日以来、54年ぶり。株価下落の期間としては53年5月21日―6月3日の12日続落に次ぐ長....... [続きを読む]

» 論理を超えた愛 [アルバイシンの丘]
 あまり似合いそうにない愛に関する記事を書いた際に,あるエピソードを思い出した.なんかの縁だろうから思い出したついでに書いておくことにする.  その時からもう40年近く経ってしまったのだが,多分高い確率で大学1年生の夏休みの帰省中の出来事である【注1】.私・パピヨンは警察のご厄介になった. その理由は喧嘩である.相手は地主さん.意味がよくわからんだろうから少し説明しておく.実家は借地であった.だから当然地主さんが存在している.その地主さんは田んぼを少しばかりつぶして,総勢10戸ほどの宅地に改造... [続きを読む]

» この世界に愛を [薫のハムニダ日記]
【ハンギョレ】国民尊厳宣言と平和的なロウソク集会保障のための時局祈祷会が終わった3日夜、ソウル市庁前広場で市民たちがロウソクと花を芝生の上に挿している。カン・チャングァン記者 ... [続きを読む]

» パートの求人募集全国情報センター [パートの求人募集全国情報センター]
パートの求人募集全国情報センターは情報満載です [続きを読む]

» 第8回『大作戦隊学会員』 [コングロマリット橿渕のRED DATA BLOG]
 新作です。  テーマは、まあタイトルの通りでございます(笑)。  元の曲は、特撮主題歌の名曲「太陽戦隊サンバルカン」のオープニング曲です(詞・山川啓介、曲・渡辺宙明)。1コーラスだけの内容ですが、どうぞご笑覧ください。  「大作戦隊学会員」  先生がもしも いなかったら  地球はたちまち 滅びゆく  日顕や 共産党に 従えば  きみも地獄に 堕(お)ちるだろう  悪党どもを 責め抜く時だ  嘘も百遍(ひゃっぺん)なら  本当のことだ  犬! 蛇! 畜生!  冷酷! 強欲! 色狂い!  俺たち... [続きを読む]

« おい、地獄さ行(え)ぐんだで! | トップページ | 【諫早湾干拓問題】開門調査の実施を求める賛同署名 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ