« 若きあなたたちへ | トップページ | 埼玉総体のユニフォーム特集 »

2008年8月 4日 (月)

麻生太郎という問題

私の北の友人F104Jスターファイターさんから久しぶりに挑発的なコメントを頂いた。

これには応えなければならないと思い少し麻生太郎さんのことを調べさせて頂いた。
おかげでいろんな知らないことがわかった。

私の結論は麻生太郎さんを絶対に日本の顔にしてはいけないということだ。
彼が社長を務めていた会社は大いに解明すべき大問題がある。
その問題をそのままに彼は政治をすべきでない。
もしそうすれば日本は対外的には完全に機能不全に陥る。

そう思うに至った資料を提供します。

北の友人殿
ご参考にして下さい。

麻生外相は、韓国・朝鮮人と被差別部落の人々の生き血をすすってのし上がった一族の出身です。
 
 麻生外相は、政界に入る前は麻生セメント(現在は麻生ラファージュセメント)の社長でした。この会社の前身は、かつて福岡県・筑豊地方に数多くあった炭 鉱を経営していた麻生鉱業です。この麻生鉱業(創立当初は麻生商店)は、福岡県のみならず日本有数の石炭産業会社として「日本の近代化・産業化に貢献し た」と評されています。炭鉱経営で得た利益をもとに鉄道・電力・病院、そしてセメント会社を設立し、財閥を形成しました。麻生外相は、その麻生グループの 3代目後継者です。麻生グループは今も福岡県有数の企業グループとして大きな力を持っています。

私は、政界で華麗な活躍をしている麻生氏の足下には、踏みつけにされた韓国・朝鮮人と被差別部落の人びとの屍があることを指摘します。そして彼は踏みつけにされた人びとの叫びが、全く聞こえていないことが、「創氏改名」や「一民族」発言で明らかです。

2005-11-01 21:40:17 麻生太郎外相と韓国・朝鮮、被差別部落/坂井貴司
薔薇、または陽だまりの猫


麻生外相が本当に韓国との関係を「重要な日本外交の軸」と考え、「歴史問題に
対する適切な対応」を真剣に行うのなら、麻生外相はまずご自身の身辺問題からクリ
アにしてほしいものです。
  その問題とは「麻生鉱業」問題です。かつて麻生外相が社長をつとめた「麻生セ
メント」は「麻生鉱業」の後身ですが、麻生鉱業は強制連行・強制労働で筑豊御三家
にのしあがった財閥でした。

  その麻生鉱業には「キンタマ事件(注2)」などで不慮の死をとげた朝鮮半島出
身者の遺骨がうやむやになったままです。その調査が、麻生太郎氏が外務大臣になっ
ても進まないと韓国から指摘を受けました。
  これは、平気で「創氏改名発言(注3)」をするような麻生氏だからこそ、逆に
よけい進まないのかもしれません。朝日新聞(11/29)は遺骨問題をこう伝えました。
       --------------------
<韓国、旧麻生鉱業の資料提出要求 徴用朝鮮人遺骨協議>

 戦時中などに日本企業に徴用・雇用されて死亡した朝鮮半島出身者の遺骨の収集や
返還をめぐる第3回日韓当局者協議が28日、ソウルであり、関係者によると韓国側
は、1万人を超える徴用をした旧麻生鉱業(福岡県)の関係資料がこれまで出ていな
いとして、資料の提出を求めた。同鉱業は麻生外相の父、故太賀吉・元衆院議員が経
営していた。

 交渉窓口の外務省のトップに強制動員の企業経営者の系譜を引く麻生氏が就いたに
もかかわらず、調査が進まないことへの不満の表れとみられる。日本側が次回協議ま
でに何らかの回答をすることになった。

 麻生外相自身も同鉱業の後身の麻生セメント社長を務めた。日本の旧労働省や福岡
県の資料によると、植民地当時、全国最多の1万623人が鉱山に徴用され、多数の
死亡者が出ている。

 日本側は9月の前回協議で、全国で868人分の遺骨が確認できたことを韓国側に
伝えたが、韓国側は被害申告に比べて件数が少ないとして追加調査を希望していた。
 ・・・
       --------------------

  麻生外相はこの問題にほおかむりするつもりでしょうか? 将来、麻生外相が日
本の首相を目指すのなら、まず、麻生一家の後ろめたいことはすべて清算して先祖の
歴史問題をクリアーにすべきです。
  同時に、外務大臣として外交問題でぜひとも手腕を発揮すべきです。中国や韓国
との友好をどう改善するのか、その手腕を日本国民のみならず、中国や韓国も切望し
ています。

麻生太郎外相は二枚舌か


九州地方朝鮮人強制連行真相調査(1974年4月)

 私たちは約20年間にわたる調査団(団長、尾崎陞元日弁連会長)を受け入れるため、前年1年間をその準備にあてた。以下はその間に入手した情報と本番で、明らかになった数々の資料や証言である。
 総連行者数155万人、うち全国炭坑に34万人、筑豊地区に約15万人という被連行者は、植民地下の総督府や、官憲の介入による強制であった。が、それ以前にも早くから民間による連行があった。
  すなわち、1869年(明治2年)に「鉱山開放令」が布告され、それまで藩制下にあった石炭の採掘が、地場資本や中央資本家に解放され、三池や高島の官 営、唐津の海軍炭坑(明治4年)をはじめ、麻生芳雄の忠隈炭坑(明治6、7年)…と、1万坪以上の石炭王国のはしりを形成した。麻生はさらに、赤坂、綱分、吉隈、豆田、山内、上三緒…と、次々に開坑し、政商ともいうべく政府有力者とも大きなコネを持つに至ったのである。
  麻生太郎の曾祖父大吉は、ついに「筑豊石炭鉱業連合会」の会長として、すでに応召者続出の煽りをくって、決定的に不足をきたしていた労務者を補充するため に、連合会翼下の各社(貝島、安川、蔵内他)を代表して「炭礦稼働者補充ニ関スル陳情書」(1934年、昭和9年)を政府に提出した。政府は、三井、三菱、 古河、住友などの大手が、同様に労務者不足を訴えていることをかんがみ、その打開策として植民地からの移入を検討した。そして「労務動員実施計画綱領」な るものを閣議決定(1938年、昭和13年)し、同年7月、内務省次官から「朝鮮人労務者内地移住ニ関スル件」を通達した。いわゆる強制連行はここに始ま る。
 しかし私たちは、閣議決定以降だけを強制連行の区分にしてはならない。それ以前に「日朝修交条約」(1897年、明治30年)があり、 「乙巳保護条約」(1905年、明治38年)という不平等条約に次ぐ「日韓併合条約」(1910年、明治43年)によって、名目的にも実質的にも朝鮮半島 を支配し、植民地化して、国土も民族も支配下においたのである。民族の移住は、自由意志による移住ではもはやなくて、国家権力による強制的移入であった。 だから明治以降のわが国の納屋制度にみられる、納屋頭による賃金のピンハネや、さがりクモと称されるようなリンチまで横行し、現場からの逃亡が頻発したの である。
 こうした圧制は、戦時下においても変わりなく続いた。福岡県に よる文書「縣政重要事項」(1944年、昭和19年)や、「事務引継書」(1945年、昭和20年)によると、麻生鉱業所の移入者数7996人に対し、逃 走者数4919人(61.5%)にも及ぶ。各事業所が雇い入れていた「請願巡査」の監視下においてすらこうした実態であったことは、明治、大正、昭和初期 の様子を彷彿とさせる。

麻生朝鮮人争議

 麻生鉱業所の圧制は、一日二食、十数時間労働、休暇なしにもかかわらず、賃金は他鉱の1/2、遅配、未払い続きといった実態からも如実に窺える。
 1932年(昭和7年)7月25日早朝から、上三緒坑朝鮮人66人がストライキに突入した。これは、上記の実態は言うまでもなく、上三緒坑・豆田抗の合理化による244人の配置転換、78人の解雇が直接の引き金だった。
  争議は、上三緒坑から麻生吉隈坑へ広がり、吉隈坑では待遇改善のビラが撒かれた。それには①賃金3割値上げ②労働時間10時間厳守③処遇改善…が掲げられ ていた。各坑一成争議は、7月-7日間、8月-31日間、9月-3日間、延べ41日間におよび、会社側は警察や特高をはじめ、暴力団まで動員して争議団と 激突した。
 にもかかわらず、九州水平社の花山清や松本吉之助らは、争議団に救援米やその他の物資援助を惜しまなかった。麻生鉱業所の構造支配は、〝特殊風呂〟、〝エタ風呂〟(上三緒坑)に見られるほど、部落差別までも経営手段にしていたのであったからにほかならない。
 こうした朝鮮人坑夫と被差別部落との連帯は、この争議に関して、とくに階級的視点からも特記すべきであろう。
 1932年9月3日、現場復帰109人、解雇191人をもってこの争議は終結した。(芝竹夫、ムグンファの会)

2006年04月05日
〈朝鮮人強制連行と麻生炭鉱 -上-〉 労働争議に警察、暴力団を動員
右翼討伐委員会

日本の麻生太郎外相の一族が運営していた「麻生炭鉱」に連行された強制動員被害者の中に、生存者がいることが初めて確認された。
「日本植民地支配下強制動員真相究明委員会」は16日、「強制動員被害の申請者約20万人のうち、麻生炭鉱に連行された被害者は合わせて8 人」と発表し、「そのうち、姜聖香(カン・ソンヒャン、84、慶尚北道栄州市)氏が、唯一の生存者であることを確認した」ことを明らかにした。
姜氏の生存の事実が確認されたことで、韓国の市民団体が日本政府に対して起こした損害賠償訴訟が、今後活気を帯びるものとみられる。日本の裁判所は、強制動員被害者の証言を重要な証拠資料として採択している。
1926年、母親とともに大阪に移住した姜氏は、1943年3月に鉱山労働隊に動員され、5ヵ月間、福岡県の麻生鉱業株式会社の赤坂炭鉱で働いた。麻生炭鉱の7つの炭鉱は、麻生炭鉱として共通している。
姜氏は、「日本の警察の令状で召集され、どこに行くのかも分からずに連れて行かれた」と話し、「鉱山労働隊として召集された在日韓国人は5ヵ月後に炭鉱を脱したが、大多数の韓国人強制動員者は、戦争が終わるまで炭鉱から出ることができなかった」と語った。
さらに、「当時の麻生炭鉱には、韓国人強制動員者の数千人が採炭工として働き、最悪の待遇と作業環境のため、毎日死傷者が続出した」ことを証言した。
太平洋戦争犠牲者遺族会の梁順任(ヤン・スンイム)会長は、「4月に麻生炭鉱と日本政府に対し、損害賠償を請求する計画で資料を収集してきたが、姜氏の生存で大きな力を得た」と述べた。
MARCH 17, 2006 03:08

日本の麻生太郎外相の一族が運営していた「麻生炭鉱」に連行された強制動員被害者の中に、生存者がいることが初めて確認された。
「日本植民地支配下強制動員真相究明委員会」は16日、「強制動員被害の申請者約20万人のうち、麻生炭鉱に連行された被害者は合わせて8 人」と発表し、「そのうち、姜聖香(カン・ソンヒャン、84、慶尚北道栄州市)氏が、唯一の生存者であることを確認した」ことを明らかにした。
姜氏の生存の事実が確認されたことで、韓国の市民団体が日本政府に対して起こした損害賠償訴訟が、今後活気を帯びるものとみられる。日本の裁判所は、強制動員被害者の証言を重要な証拠資料として採択している。
1926年、母親とともに大阪に移住した姜氏は、1943年3月に鉱山労働隊に動員され、5ヵ月間、福岡県の麻生鉱業株式会社の赤坂炭鉱で働いた。麻生炭鉱の7つの炭鉱は、麻生炭鉱として共通している。
姜氏は、「日本の警察の令状で召集され、どこに行くのかも分からずに連れて行かれた」と話し、「鉱山労働隊として召集された在日韓国人は5ヵ月後に炭鉱を脱したが、大多数の韓国人強制動員者は、戦争が終わるまで炭鉱から出ることができなかった」と語った。
さらに、「当時の麻生炭鉱には、韓国人強制動員者の数千人が採炭工として働き、最悪の待遇と作業環境のため、毎日死傷者が続出した」ことを証言した。
太平洋戦争犠牲者遺族会の梁順任(ヤン・スンイム)会長は、「4月に麻生炭鉱と日本政府に対し、損害賠償を請求する計画で資料を収集してきたが、姜氏の生存で大きな力を得た」と述べた。
東亜日報 MARCH 17, 2006 03:08
麻生炭鉱徴用生存者、初めて確認
――――――
1945年の日本の敗戦で初めて、かれらはついに解放され、補償も受け取らずに自宅に送られた。

それ以来韓国と北朝鮮からの要請にもかかわらず、被害者も遺族も、個人的な賠償を1銭も受け取ってない。

麻生は、そのような遺族の憎しみは一世記も昔のものだと主張できない。何故ならば、彼は、1931年から1945年の日本の帝国主義侵略戦争で日本軍がアジアの人々に行った残酷と残虐行為に対して国家補償のない事態に責任があるからだ。

2004年には、ソウル議会が1票を除いて、満場一致で、日本の帝国主義下の強制動員に関する真相究明委員会の設置に賛成した。委員会は、ジョン・キホ博士を委員長とする2人の大臣を含む他の8人で構成されている。

委員会は昨年の初めに調査を始め、生存者または被害者の遺族を見つけ、ヒアリングを行うために、16の韓国の州と234の都市を訪問し、多くの目撃者から証拠を受け取った。

ジョ ン博士は、さらに彼が「残虐行為」と無遠慮にも呼んだものを調査し明確にするために日本を訪れた。初めは政治的名人芸のように見えた中で、さらに韓国人は 強制労働で朝鮮人を搾取した日本企業2,600社のリストを作成したと発表した。また、それらの企業は、死者の遺骨の在りかについて知っていると思われる と発表した。

このリストで目立ったのが、麻生鉱山だった。
しかし、同社は、要求を断わった。スポークスマンは、会社が遺骨の行方を調査できなかったと言っただけだったが、偶然か「たとえできたとしても」という言葉を加えて、その記録は入手できないという真実の一端をもらした。

「そ の当時、九州には多数の炭鉱会社があり、すべての会社が強制労働を使った」とスポークスマンの藤本あきらが述べた。その委員会は、さらに、それは「慰安 婦」(日本帝国軍の兵士のために性奴隷制度に強制された何千人ものアジア女性についての侮辱的な婉曲法の名前)のスキャンダルを調査しているが、まだ約束 した報告書を出していない。これまで日本のメディアはほぼ完全にその議事録を無視
した。

恥ずかしいほどやる気のない日本から補償を求める人たちの主な論点は、日本は誠意があるのかないのか多数の「謝罪」をしているが、どれも適切な償いになってないというものだ。
また、償いは金銭的補償を含んでいるものだが、推定によれば日本はドイツの支出額の1%も支出していない。

もっともらしい謝罪は昨年12月の日韓外交関係正常化40周年記念に麻生太郎自身が行った。彼は次のように述べた:

<日本は過去に関する韓国の人々の感情を心に受けとめ、人道主義の見地から過去から発生した様々な問題に誠実に対処するつもりである。
私たちは、そのような努力をする過程で、将来指向の日本-韓国の構築のために、相互理解および信頼の関係関係が強化されるだろうと信じる。>

この謝罪にとても重要な単語「謝罪」がないこと、もちろん、償いまたは賠償という重大な問題に言及していないことに注意して欲しい。

ここで、日本が絶えず使う議論はこうだ。、1965年に調印された正常化条約で支払い金額が同意されー8億ドルーだというものである。しかし、これは主として補助金と低金利ローン向けの資金だった。苦しんだ負傷や危害への個人補償のために使われていない。

恐らく、最も重要なのは、1965年に、日本の残虐行為に関して多くの知識がまだ知られていなかったという事実だ。2つの例がある: 悪名高い731部隊による中国での生物兵器攻撃も「慰安婦」とされた多数の女性も、そのときは公開情報ではなかった。

「外務大臣麻生太郎の汚い秘密」と金光烈さん
岡まさはる記念長崎平和資料館(別館)


他にこれも参考になりました。
〈朝鮮人強制連行と麻生炭鉱 -中-〉 タダ働き 「宮城遥拝」「君が代」

参考になりましたらこちらをクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング
更によければこれもお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

« 若きあなたたちへ | トップページ | 埼玉総体のユニフォーム特集 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

(1)
国家間で補償問題が(個人補償も含めて)韓国と中国とは「完全に」決着しています。
このばあい、確かに被害者といわれる人が個人補償を請求する権利を失ったわけではないかもしれませんが、その請求先は日本ではなく「自国」となります。
また、韓国との話し合いの際、日本が個人補償を申し出たのに対して韓国政府が「個人補償はわが政府が責任を持って分配するから、政府に一括して渡せ」と主張したのはご存知ですか?
もし、個人補償をしろというなら、その分として韓国にしはらった分を返してもらってからですね。
(条約で決まったことを覆すときには、もらった金を現在の価値換算で返すものですよ)

>悪名高い731部隊による中国での生物兵器攻撃も「慰安婦」とされた多数の女性も、そのときは公開情報ではなかった

そういうのを、後付の後だしといいます。
国家間で「これですべて終わり」と言ったのです。
それを「あれも抜けていた、これも抜けていた」というのは、たかり以外の何者でもありません。
通常そういうことは「物事の道理を知らない、野蛮人のやること」です。
また、それを含めて国家間で話がついたのですから、あとは文句があるならどうぞ中国なり韓国なりの「自分の所属する国」へ存分に請求してください。
なぜならそのとき「これで決着」と言ったのは、紛れもなくその人たちの国家なのですから。


(2)
被害者が現存していようがなかろうが
「親の罪を子供に着せる」
行為は慎むべきではないですか?
あなたの論理では、殺人犯の子供は殺された家族にいつまでも謝罪をしなくてはならなくなってしまいます。このような子供への人権侵害をなぜ平気でできるのか疑問です。

また、上で書いたように、個人保障を日本に求めるのは筋違いであり、個人補償を受け取っていないなら、本来個人補償となるべき財源を他に流用したからです(韓国はまさにそれで国家復興を成し遂げたのですよね)。日本が個人保障を背金を持ってすべきと韓国が言うなら、まず自分たちが受け取ったお金を返してからです。

何言ってんだ?

民主党の方が酷いことしてんじゃねぇかよ!!
小沢のが日本の顔にしちゃいけねぇ!

国籍法改正案!!!
何だよこの法案!!!
日本国民なめてるんですか??
どんだけ北朝鮮.中国よりの法案だよ!!!
ザル法すぎて笑うことしかできねぇよ

gura2news さん
コメントありがとうございます。
ホント、右翼系って感じですね・・
書き込みお断りします!

・・・とは言いませんのでご安心を・・

岡まさはる記念長崎平和資料館(別館)
外務大臣麻生太郎の汚い秘密」と金光烈さん
http://blogs.dion.ne.jp/toratanu21/archives/2837064.html
にあるように

1965年に調印された正常化条約で支払い金額が同意されー8億ドルーだというものである。しかし、これは主として補助金と低金利ローン向けの資金だった。
苦しんだ負傷や危害への個人補償のために使われていない。

恐らく、最も重要なのは、1965年に、日本の残虐行為に関して多くの知識がまだ知られていなかったという事実だ。
2つの例がある: 悪名高い731部隊による中国での生物兵器攻撃も「慰安婦」とされた多数の女性も、そのときは公開情報ではなかった。

ーー
従軍慰安婦問題についてはアメリカ等の議会で対日謝罪要求が決議されておりこの27日には韓国でも全会一致で決議されている。
早く謝罪し個人補償をしないと日本は永遠に誠意を示すチャンスを失い歴史に汚点を飲み残すことになると思う。

国家への賠償と個人への賠償は別物です。
しかも麻生炭鉱の後継会社の前の社長は日本の現職の首相です。
麻生氏は全ての資料を出す義務があります。
それが出来ないなら総理には不適格と世界から認定されるでしょう。

麻生氏のいう「私にはお金があるから」というそのお金こそ長年一族の自由になる朝鮮人奴隷を何千人も使っていたことに由来するのですから・・・

] しかしこの「麻生炭鉱」に連行された強制動員被害者は
] 100年前にの題ではなく戦争中の問題であり生存者が
] いるのです。

「戦争中」とありますが、一般的に講和条約締結した時点で
とりあえずそこまでの問題は終わりじゃないの?
日本国と大韓民国との間の基本条約(この条約以下、それぞれの条約の名前がイマイチ信憑性なし)ってありましたよね?財産と請求権の解決と経済協力に関する協定とかも見解の相違があるし。

安保闘争時代にあった、日教組の教師が子供に向かって「親が警察の子供は悪い子だ」と言ったような、戦時中のことを麻生の責任というようなことも書いてあるし。

ホント、共産系って感じですね。

日本国憲法擁護連合さん

コメントありがとうございます。

本当に今回の選挙で自民党政治を終わらせたいですね。

右翼に嫌われようと努力している者より。

>日本国憲法擁護連合 さん
>ども・・

大津留さんいよいよ自民党が崩壊する時がやってきたようですね。日本社会党はすでに崩壊していますが、やっとそれに対応した戦後政治の総決算がやってきたということです。

そもそも自由民主党は、左右社会党の合同によっては危機感を募った保守・反動が、日中・日米戦争で巨額の強盗的資金をえた右翼のボス児玉の資金、反共防波堤を促がすアメリカCIAの資金、文鮮明―岸ライン、鳩山などの生長の家ラインなどから支えられて結成された保守政党です。

つまり日本社会党及び日本共産党に対抗してつくられた自民党は社会党に遅れて崩壊していくさまをみせてきたということでしょう。

その最後の総理大臣は麻生太郎その人なのです。

>麻生太郎という人には全くあきれる。

本当にそう。失言の続出をする人物で、麻生太郎で日本の右傾化・国家主義化を促がせるとでも思ったら大間違い。

この人は、政治的に左右ではなくてそもそも人の神経を逆なでするような天然の失言壁が決定的であり、「口は災いより転じて身を滅ぼす」(日蓮大聖人のお言葉)という宿命をもったお方だと思われます。

>岡崎の人があんなに大変な目に合っている>のに(彼がまさか知らないということはな>いと思うが・・)
>豪雨が名古屋でなく岡崎でよかったなどと>平気で痛めつけられた人の傷に塩を塗りこ>むような発言をする。

久間と同じような思想の持ち主で、ようは都市部で混乱がなかったといいたいのでしょう。こんな発想は、ゴリゴリの帝国主義者というか、国家主義者でしかありませんね。

地方の格差が指摘されているのに、こんな発言をする人物は、選挙対策上、口先だけ地方によいことをこれから発言したとしても見え透いています。

そもそも選挙を控えている今、そういう発言をすればどうとられるかさえ発想できない人ですから、こんな人物がアジア外交や生き馬の目を抜くような対米外交なんかやれるはずもありません。

すっかり麻生の化けの皮は剥がれ学習院大出身のこの御仁の頭の悪さは明らかになったと思います。

もっともわたしは頭のよしあしで評価したいのではありません。

だが、安倍に続いてこんなのしかいない自民党、保守層をつなぎとめるために二代目しか登場させきれない自民党は没落寸前でしょう。

小泉のようなペテン師をもってきても結果がどうなるかはすでに国民の間には知られているわけですから、自民党はもう終わったと断言してよいでしょう。

>この人は「創氏改名」等前からの問題発言>に加えて太田「やかましい」発言応援発言>等政治家に相応しくない。

二人とも自民党らしさを顕していると思います。自民党のリベラル派は隅っこで少数派で、ゴリゴリの反動が主流派ってのが昔からの伝統ですから。

>危機にある自民党の総理大臣にしない方が>自民党の為にはいいと思うが・・

歓迎しましょう。われわれ自民党を一度も支持しないものからすれば、自民党の惨状を如実にしめしてくれる人々ですから。

>自民党の最後の総理大臣にはふさわしいの>かもしれないが・・・・

そうなればよいですね。

参考
自民党総裁選:豪雨、岡崎でよかった? 麻生氏発言に市側が抗議文
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080917ddm041010049000c.html

日本国憲法擁護連合 さん
ども・・

麻生太郎という人には全くあきれる。
岡崎の人があんなに大変な目に合っているのに(彼がまさか知らないということはないと思うが・・)
豪雨が名古屋でなく岡崎でよかったなどと平気で痛めつけられた人の傷に塩を塗りこむような発言をする。

この人は「創氏改名」等前からの問題発言に加えて太田「やかましい」発言応援発言等政治家に相応しくない。

危機にある自民党の総理大臣にしない方が自民党の為にはいいと思うが・・

自民党の最後の総理大臣にはふさわしいのかもしれないが・・・・

参考
自民党総裁選:豪雨、岡崎でよかった? 麻生氏発言に市側が抗議文
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080917ddm041010049000c.html

大津留さんごぶさたしていました。

麻生太郎は、福岡県選出の国会議員ですし、とりわけ「創始改名」に対するデマがひどかったので、九大OBの大津留さんがぴしゃりと麻生太郎の実態を丸裸にしてくださったので、気分が晴れた思いで拝見させていただいていました。

ところがこういう場面にくると、歴史修正主義を対抗して書き込みしたがる右翼が必ずたち現れて邪魔しにくるというパターンになっているので私は思わず、彼らの目的と背後関係を暴露したということなのです。

大津留さんも彼ら右翼からすれば、憎悪の対象だと思われます。

彼らの意見は毎回同じですから対処のしようはありますが、彼らはしつこく、言葉も大変汚らしいという特徴がありますので、大津留さんも「もういい加減してほしいと思います」と思わず書き込みされてしまったものと思います。私も同意します。

こういう右翼はできれば相手をしない(彼らの目的は明らかに意見が対立するようなブログを選んで、辻褄の合わない話や些細な揚げ足取りや嘘も平然と書きまくって挑発しまくって憂さ晴らしをするというのが特徴です)のが賢明ですが、大津留さんはすでにそういう対応をとられているので安心しました。

ということで、われわれは右翼から憎悪されるぐらいでちょうどよいかと思います。

なぜなら革新なのですから。

ということで、また書き込みしにきたいと存じますのでよろしくお願いします。

日本国憲法擁護連合 さん

ご無沙汰です。
いろいろと貴重な情報ありがとうございます。(リンク先など読み切れてないけど)
それほど右翼が私を目の敵にしている感じはありませんが是非そうなりたいものだと思います。


それから重要な指摘をわすれていましたが、彼ら右翼が絶賛する産経新聞や正論は、統一協会機関紙『世界日報』のそのままの引用や、『世界日報』を下敷きにした反動的新聞に他ならないという事実です。

産経には、統一協会・勝共連合、『世界日報』の賛同人がたくさん徘徊しまくっています。

また、麻生と同様に2ちゃんねるで人気を博している維新政党新風、この極右ファッショ政党の賛同人の多くは、統一協会機関紙『世界日報』および勝共連合の賛同者ばかりだという事実を指摘しておきたいです。

なお、東京都杉並区東高円寺駅前交番机に『世界日報』朝刊が無造作におかれていた事実からして、警察権力は上から末端まで統一協会とズブズブだという事実も指摘しておきます。

参考として弘津恭輔元公安警察幹部と統一協会とのズブズブの関係を詳細にしめすサイトを紹介しておきます。

統一運動・統一教会に賛同する人々(日本)http://www.chojin.com/person/jp.htm

弘津恭輔の発言→(文鮮明師が創設した)勝共連合の運動の歴史の中で、私が一番感動を覚えたのは、1978年の京都蜷川(にながわ)革新府政を打倒した時の、知事選における勝共連合の壮烈な闘いぶりであった。当時、28年も続いた「京都蜷川革新府政」は、「京都共産王国」とか「人民共和国蜷川府政」とかマスコミ界で騒がれていたのである。(中略)ところが、78年の府知事選で、この日本革新政治の灯台の火は消されてしまった。この蜷川体制崩壊を目の前にみた不破書記長は、次のような談話を発表している。「自民党陣営は、その別働隊として国際勝共連合を使い、この選挙戦で、全く謀略と非道の限りをつくして杉村陣営に攻撃を加えた。(中略)くり返しての抗議と申し入れにも拘らず、政府と関係当局は彼らを放任し、この点では、京都府は無法地帯と化するに至った(中略)」と。すなわち、蜷川共産王国が倒れたのは、自民党よりむしろ国際勝共連合の(中略)選挙戦活動によるもの、というのが日本共産党の受け取り方である。(中略)国際勝共連合の「共産主義に勝つ」活動も決して日本国民だけの問題ではない。我々は勇気をもって、この闘いを益々強めなければならない。
▲弘津恭輔(元公安調査庁第一部長、元総理府総務副長官、元警察大学校長)


ちなみに大分県警警備部長の小林末喜が送り込んだ菅生事件の犯人であるスパイ公安警官戸高公徳は中野にあった警察大学校に匿われ、警視長まで昇任したという異例の出世をしています。そういう体質が警察大学校だということなのでしょう。したがって公安警察の体質は何をかいわんやなのです。(実はネット右翼のなかに現職の公安警察官がいると最近私は気づきだしています)

戸高公徳 - あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]http://www.geocities.jp/kyotoshiko/marutamachi/2005/maru07.htm

京都市高教組情報交流紙「まるたまち」http://spysee.jp/%E6%88%B8%E9%AB%98%E5%85%AC%E5%BE%B3#lead

松山商科大学教授の田村先生のサイトhttp://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/sugoujiken.htm

忘れてたまるか『戸高公徳」』JCJ共同通信支部 Z生〈1968年3月25日発行・第129号〉http://www.jcj.gr.jp/oldtime/old1965.htm

『冤罪・国策・でっちあげ・・権力者による凶悪犯罪!』国家権力による自作自演テロが裁判で明らかになった「菅生事件」http://kokusaku-enzai.seesaa.net/article/69271176.html

大津留さんの指摘を妨害するが如く右翼が書き散らかしています。

彼らは、麻生太郎人気をネットやテレビで必死こいてつくりだしてきた統一協会系右翼そのものです。

麻生太郎の実態は日本会議(生長の家が中心)であり統一協会・勝共連合とズブズブなので、麻生太郎の人気を必死こいてつくっているのは、彼らなのです。

したがって彼ら右翼は、麻生太郎の暴露は許せないとして大津留さんを攻撃しにきているのです。

ネット右翼の特徴が実に出ていて分かりやすいのですが、逆に彼らの母体が明らかになってきています。

しかも彼ら右翼は、嫌韓厨なのに統一協会の文鮮明は絶対に叩いたりしないのは、彼らがそれ系統の集団だからに他なりません(もっともこういう指摘に対応して統一協会を少しばかり批判するポーズもしばしば演出いる場合もあります)。

統一協会との癒着が著しかった安倍が自民党総裁に就任した直後、テレビ朝日はご祝儀的かつ擦り寄るかたちで(椿発言で自民党にほされた経験や朝日新聞とNHKとの例の問題から安倍にひれ伏した)安倍賛美のテレビドラマ番組をわざわざつくって放映しましたし、中曽根が総理大臣に就任した際には中曽根と結託していた読売新聞社主の渡辺恒夫の力で日本テレビが中曽根賛美のテレビドラマ番組を放映しましたので、麻生太郎が自民党総裁→総理大臣に就任したあかつきには、フジテレビかどこがが麻生太郎の一生を賛美するテレビ番組を放映することでしょう。

というのも、キムタク扮する例の政治家のテレビドラマ番組をフジテレビ側は製作し放映し(と同時に「横田めぐみ」さんをテレビドラマ化したなかでは、公安警察に就職斡旋を促がした元橋本日本共産党参議院議員秘書の兵本役が登場し日本共産党のネガティブキャンペーンを意図的に流す)、福岡県選挙区の政治家が総理大臣になる設定をわざわざこしらえていた背景は、明らかに福岡県選出の麻生太郎総理大臣の登場を意識したものであり、ブルジョア・マスゴミは選挙にいかない無党派層に、いかに郵政選挙同様の小泉と同様の自民党ブームを再来させたがっているのかということでしょう。

ネット上でも、いかに麻生人気をせっせと統一協会系右翼はつくっているのかというわけでしょう。

したがって大津留さんの指摘は、彼らからすれば絶対につぶさなくてはならない代物なのです。

彼ら右翼の特異なハンドル・ネーム名そのものは、複数の左派系ブログで書きなぐってきたネット右翼と同類であるかは明白でしょう。


大津留さん、戦前・戦後一貫している保守反動の実態が具体的に何であるのかをさらに追求し抉り出しながら、統一協会とズブズブのタカ派政治家たちを丸裸にしていこうではありませんか!

日本会議議員の麻生太郎の背景を暴露されたあたりはさすがです。

大変参考になる資料ありがとうございます。

同時に、この人物がどうして「創始改名」を賛美しているのかが窺い知れます。

そして日本会議などが歴史修正主義を吐露しているのは、彼らの親や先祖が侵略の限りをつくしたした事実を封印したいということだということです。

とりわけ重要なのは、

>姜氏は、「日本の警察の令状で召集され、>どこに行くのかも分からずに連れて行かれ>た」と話し

という点です。つまり国家暴力装置=警察権力が強制労働・強制連行に加担した事実です。

国家暴力装置が、植民地国家権力を背景にした組織暴力とデマによって強制連行を行ったという証言です。

日本の警察は、赤池濃警視総監の指令によって関東大震災時、朝鮮人虐殺を促がす蛮行を行ってもいます。

赤池濃警視総監は、朝鮮総督府時代の警察幹部でもあったため、朝鮮総督府時代役人時代の「抗日闘争」に手を焼いたため、恐怖し憎悪していたといわれており、その腹いせに朝鮮人虐殺指令&社会主義者鎮圧を指揮したといわれている人物です。(私も彼らの末裔である警察幹部に憎悪され、奇しくも関東大震災時における朝鮮人虐殺指令と同じ9月3日に私の社会的抹殺を促がすテレビ報道『警察特番9/3 ドスペ!激録・列島縦断警察24時 』テレビ朝日が放映開始された)

戦前の朝鮮人差別排外主義はこうした国家権力によって形成されたわけで、戦後の排外主義扇動も警察権力が率先して行ってきているというわけです。(吹田事件参考)


また、満州事変を謀略的に行った石原莞爾らの関係する陸軍中野学校の残党が公安警察を直接指揮したといわれています。(日本共産党に罪を被せた菅生事件によって破防法を制定せしめた)

こうした警察権力は、自民党とともに米軍統治者やその庇護のもとで戦後日本で活躍してきた統一協会・勝共連合とズブズブの関係だという事実も指摘したいです。

そして渦中の人物、麻生太郎は統一協会とズブズブなのです。

詳しくは、『麻生太郎:衆議院議員 日韓海底トンネル構想と麻生太郎 』http://www.yorozubp.com/0401/040110.htm参考

そもそも自民党は、統一協会の政治部といったほうが正しく、笹川―文鮮明―児玉―岸ラインとしてアメリカの庇護の下、「反共防波堤」として歴史的に結びついた集団に他ならなかったといって過言ではないということなのです。

彼ら自民党の実態とは勝共連合なのです。

こうした指摘は日本共産党中央委員会機関紙しんぶん『赤旗』や新日本出版社から出されている反統一協会・原理本にたくさん出てくる話でもあります。

『現職国会議員128人の「勝共連合・統一教会」関係度リスト』http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/wgendai.htm参考

http://q.hatena.ne.jp/1126779083参考

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1017573280参考

ソ連の崩壊は日本社会党を直撃したように、アメリカの黄昏と日本の政治経済の危機的状況によって自民党の実態が明らかになってきたわけなのです。

最近の自民党総裁が2代目などに限定されているのは、それだけ保守層受けを狙わざるを得ないという自民党の危機的状況をしめしているわけです。

大津留さんの指摘に逐一噛み付いている右翼は、麻生人気をテレビやネットでせっせとつくりだしてきた統一協会筋が危機感を表明しているものだといえるでしょう。

私も大津留さんと同様に彼ら右翼や公安警察どもの研究をやりだしています。

彼らの参考になるのは、『全貌』(廃刊になり統一協会機関紙『世界日報』が権利をもっている)や、立花書房の『治安フォーラム』(日本共産党や過激派の動向として知られる公安警察側の著書ですが、彼らの著書には三島由紀夫などが賞賛されたりしている点が彼らの「思想的」背景が伺えます。また統一協会と自民党・警察権力の癒着がネットで暴露されてきたから、「過激な思想」―「過激な○○」とは統一用語まるだし―が広まるとして警察幹部などによってインターネット規制をちらつかせながら、公安警察は統一協会を特異集団としてマークし逮捕しているポーズを今更ながらみせだしています。)などです。


『自民党のパンツを剥ぐ』http://blog.livedoor.jp/pat11/や、
安倍の著書『美しい国へ』は統一協会元会長久保木(元立正佼成会信徒で、立正佼成会は反共右翼政党・民社党の有力な支持母体でもあり勝共連合と癒着していた宗教団体だった。勝共人脈は、自民党と民社党の二つにまたがり、松下正寿民社党シンパや秦野警視総監や霊友会信徒の石原慎太郎など有力な勝共連合賛同人―いずれも革新美濃部に対抗して敗北―をかかえ、自衛隊幹部や公安警察幹部や軍部協力の帰還兵などの一部財界が加わって、勝共連合は、反社共・反総評の一大勢力を誇示してきた。)の『美しい国 日本の使命』の受け売りだった事実を軽快に暴露した『きっこの日記』や、『ヘンリー・オーツの独り言』や、リチャード・コシミズさんたちの統一協会の追及は、しんぶん『赤旗』取材班の統一協会暴露と同様に説得力があり軽快で参考に値するものばっかりです。


大津留さん、戦前・戦後一貫している保守反動の実態が具体的に何であるのかをさらに追求し抉り出しながら、統一協会とズブズブのタカ派政治家たちを丸裸にしていこうではありませんか!

引用しているブログは『アジア』と明記していますが、具体的な国名を要求します。

① 日本が大東亜戦争で何所のアジアと戦争をしましたか?

② 中韓北朝鮮以外で『謝罪要求』が出たか具体的なソースを希望します。

在日韓国朝鮮人を出したいのなら、

③ A 戦後今まで韓国朝鮮から在日韓国朝鮮人返還理由がない理由を述べて下さい!(怒)
④ B 戦後今まで本国に在日が助けを求めなかった理由を鶏頭野朗に教えて下さい(激怒)
⑤ 憎い日本になんでしがみ付いている在日がいる理由は!!!是非とも答えて下さい!!!!(激怒)

 アジア、アジアと言うなら国名を上げてください!そして具体的な戦闘状態のソースを上げてください!!!!(超激怒)

お願いしますよ!!!!勿論、中国・韓国・北朝鮮以外ですよ(笑)勿論その国から『徴用されたなら具体的なソース』を希望します(冷笑)。


ハァ~……(溜息)徴用が『戦時残虐行為』ね……(溜息)

左翼系思想の人達は韓国朝鮮人に日本が『よってたかって問答無用で力ずくで』強制連行をしたと言いたい訳か…。

面白いデータを拾ったので…。

1917 在日朝鮮人居住人口 14502人(内務省調査)
1920 同          上 30189人(←増えている)
同 年 朝鮮人内地渡航制限を実施(←来るな!と言っている)
1925 在日朝鮮人居住人口 129870人(←桁が増えた)
1930 同          上 298091人
1935 同          上 625678人

ヲイヲイ…倍々ゲームじゃないけど増えまくっているよ…。データによると1945年には2365263人…。どこが戦時残虐なんだ?

戦後は戦後で『リアル』密入国をしているし…。日本が憎くて憎くて堪らない韓国朝鮮人が…OTZ 

しかも昭和9年に『朝鮮人移住対策の件』によると密航の朝鮮人対策の閣議決定まで出ている…(溜息)国立国会図書館を見て欲しいわ…。

しっかし探せば幾らでも出てくるのに…。しかも一方的な発想しかない…。

本当に思い込みと個人攻撃だな…。

情報の参考にしたのは 『半島大陸メモ』でググれば出ます。

疲れた…OTZ

この記事のリンク先の一つの最後にはこう書いています。

[これらのうちの1人が戦時残虐行為との下劣な関連からきれいに手を洗って、外務大臣になれるだろうか。特に別の種類の誘拐に、大規模の誘拐に危険なまでに近い人がである。]

この人は今総理大臣になろうとしている。
この批判に耐えられないなら麻生太郎氏は総理になるのを断念すべきである。


 今晩を。来道ですか?内地の人には涼しさを通り越して寒いかもしれません。本気で。道産子でも『寒いっしょ!』とボヤク位ですから(笑)冬着は大袈裟ですけど寒さ対策を考慮しといた方が良いですよ。リアルネタです。

 8月上旬でススキを確認したので…風が冷たい…財布も寒い…。

 母の入っている施設が意外と殺風景(?)なので写真をプリントアウトをしたいと思っていたのですが、叔父貴(笑)の情報量が豊富なのでお願いをした次第なのです(笑)超極貧(苦笑)なので請求書はご勘弁を(笑)リアルで旭川市議の事務所に相談を持ちかけた位ですから。母は1種1級の身体障害の認定を受けました。

 父が1種2種の障害者ですからダブルです。ハァ~…リアル生活保護OR自己破産申請コースまっしぐらですわ…(溜息)

  マッ、腕に手錠が掛かる位なら(!)そっちの方が良いですから(笑)パチンコ・マージャン、花札、競輪、競馬をしない人間ですので(ロト6一口毎日購入をしているが…不味いかな…(汗))。

 ご意見、了解しました。私なりの意見を投稿します。
 
 本題ですけど麻生鉱山だけでなく戦前・戦中当時の炭鉱なんか日本人や徴用した朝鮮人が居たと思いますけど?以前、私の母方(祖父)が歌志内の炭鉱に勤めていてそこには徴用した朝鮮人が居た事、戦後帰国した事を書き込みをしたと思いますが…。

 で、『死亡者も居た』となっていますが、炭鉱は落盤事故の危険性が付き纏う現場です。母の話だと(当時小学生)祖父は縁起を担いで『お茶漬け』は絶対食べなかったと言います。それ位ハードな現場だと理解できます。

 昭和50年ごろに夕張の炭鉱で大規模な落盤事故があり多くの死者を出した事があります。この時代の安全対策を盛っても多くの死者を出したのですから当然、当時の『安全対策』がどんなものか想像がつきます。

 給料がピンはねされた、労働時間が長かった、飯が不味かったとなっていますが…現在の『労働基準法』を基に考えていますね…。

 この2つのブログを引き合いに出した理由がわかりません。

 様は麻生氏への『個人攻撃』ですか?いただけないですよ。

 一旦切ります。時間も時間なので寝ます。

 

 

 
 
 

北の友人へ

教えて頂いたサイトに何故かたどり着きませんでした。
議論を散漫にしないために「麻生鉱業」問題に絞りたいのですがいかがですか?

このサイトの写真を見てお母さんがなごむのであれば記事を書く意味があったと思います。
どなたでもどんどん記事も写真も活用下さい。
(できれば活用先を教えてもらえれば励みになります)

その内北海道に遠征するかもしれませんのでご安心なく・・・

砕けたネタになります。

叔父貴(汗)が写した写真をお袋の為にプリントアウトをする事を許可願います(感謝)

ネット上とは言え、北海道と内地でバトル(笑)を出来るので安心します♪

投稿したと思ったら投稿されていない…ミスった?アク禁?

日本人の『残虐性』?その根拠、資料を希望します。日本は『ジェノサイド・民族浄化』をした事が有りますか?ナチスドイツ下から避難していたユダヤ人を全力で救出したのは杉原氏だけでなく、『帝国陸軍軍人』もやっています。調べて下さい。

SF条約にのっとり、日本は実行しています。過去を否定して要求してくるかの国達が『正気の沙汰』じゃありません。

ネットで探せば日韓・日中条約があります。良く読んで下さい。

↓参考資料です。『強制没』になるかな?ダブったらご免なさい。


http://bolg.goo.ne.jp/pontaka_001/e/af4531aa5c4741cac16c64c16fdd1467

http://nandkorea.sakura.ne.jp/html/sengohosyo.html

http://wwww.geocities.jp/hiromiyuki1002/cyousenrekishi.html

hnnp://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1832626

F104Jスターファイター へ

本文に書いていることは無視ですか?
(あ!いかん口調がうつってしまった)

ここで、日本が絶えず使う議論はこうだ。、1965年に調印された正常化条約で支払い金額が同意されー8億ドルーだというものである。しかし、これは主として補助金と低金利ローン向けの資金だった。苦しんだ負傷や危害への個人補償のために使われていない。

恐らく、最も重要なのは、1965年に、日本の残虐行為に関して多くの知識がまだ知られていなかったという事実だ。

ーーー
とにかく麻生さんは謝罪していないどころか資料も出していないのだからこのままでは総理になる訳にはいかんわな~

ども~。

『強制連行』と『徴用』を調べなおしたら如何ですか?

『歴史』の解釈の取り方は如何と取れますよ。裁判を起こして『最高裁』の決定を望みたかったらやって見て下さい。

少なくとも中韓とは二国間条約を結び、『『(暴言承知で)一応』決着』をつけています。お忘れなく。

F104Jスターファイター さん

「遅ればせの投稿」ありがとうございます。

日本人強制『徴用』』も『女子挺身隊』と言う、女性の『徴用』の存在も「麻生鉱業」の朝鮮人強制連行を免罪するものではありません。
麻生さんを総理にしたい人はこの問題を避けては通れないと思います。

遅ればせの投稿ですけど、『女子挺身隊』と言う、女性の『徴用』も有る事をお忘れなく。

 今晩を。無事大分に入ったようですね。ご苦労様です。お互い介護の辛さを抱えているので他人事ではないですよ(泣)

 本題ですけど、現在資料を調べている最中ですので分割回答(苦笑)になると思いますがお許し下さい(笑)

 『強制労働』ですけど、戦中ですから、『日本人も強制『徴用』』を食らっていると思いますが?

 私の母方の祖父が歌志内の空知炭鉱で働いていた事は風見猫氏(今度は間違えないぞ---!!!)にも伝えました。当時の時代背景を考えてみては如何ですか?

 で、必ず疑問に思うのは所謂左翼思想の人達は『『主として』中国韓国朝鮮』を引き合いに出すのか』です。

 

藤原美弥さん
コメントありがとうございます。

しかしこの「麻生炭鉱」に連行された強制動員被害者は100年前にの題ではなく戦争中の問題であり生存者がいるのです。
そして麻生は謝るどころか資料さえ出していないのです。
次期首相だからそれが許されるとお思いですか?
この問題の資料を出さないで彼が総理になれば日本の後進性を世界に示すことになるでしょう。

>麻生外相はこの問題にほおかむりするつもりでしょうか? 将来、麻生外相が日本の首相を目指すのなら、まず、麻生一家の後ろめたいことはすべて清算して先祖の歴史問題をクリアーにすべきです。

そうです。
この問題にほおかむりしたままにさせてはいけません。そう思いませんか?
それとも憎き朝鮮のことだからほっとけばいいのですか?
私はこの問題では日本の民主主義が問われていると思います。

はじめまして。
>麻生外相はこの問題にほおかむりするつもりでしょうか? 

約100年も前の話を息子に押し付けて問題視するのは聊か頂けません。いつまで麻生氏は謝罪と賠償をすれば良いのでしょうか

 名無しの人へ。

 HNを作って投稿してください。最低マナーです。

以下のコメントの方

名乗って下さい。
そしてその意見の根拠を示して頂けると有り難し。
そして出来ればブログを作って下さい。

>当時は炭鉱夫はなりたくてもなれない高給取りのエリートで希望者も多く、日本人もなりたくてもなれなかったことをご存知で申しているのでしょうかね?

当時は炭鉱夫はなりたくてもなれない高給取りのエリートで希望者も多く、日本人もなりたくてもなれなかったことをご存知で申しているのでしょうかね?

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(汗)

 どうやって私は信用を勝ち得たんだろう…(大汗)

 HN『暇』、『F104Jスターファイター初期バージョン(?)』ではかなり暴言を吐きまくったのに…(冷汗)

 脂汗ダラダラですよ…。

 密かに『黒魔術』なんかかけていませんよね!ね!ね!ね!藁人形に5寸釘なんか打ち込んでいませんよね!ね!ね!ね!大津留さん!!!(脂汗)

 イ・ヤ・ダ---!!!OTZ

 冗談はさて置き(笑)、九州にお帰りになるのですね。何事も無くご無事に自宅へのお帰りを希望します。(微笑)良いな~内地は~羨望です(笑)。

 お気をつけて九州にお出かけ下さい。新しい写真のUPを希望します。
 
 北海道の写真をUP出来ない自分が情けないですけど…OTZ

F104Jスターファイター さん

お袋さんを大事にして下さい。
(私も大事にしたいと思います)
(来週九州に帰ります)

右翼側の方の情報もチェックしています。
教えていただいたサイトも読みました。
読んでいて本当に頭にきます。
中に言葉も出てきますが頭は「大日本国帝国」のままなのですね。それを新しいことのように書くのが不思議です。
もういい加減してほしいと思います。

戦犯政治が連続的に続く日本だからこそこういう議論が成り立つのしょう。何せ政治の一番上の人がそう言うのですから・・
こういう議論の整理の為にも、政治の不連続を一回起こすしかないのかも知れないと思います。

私のブログにアクセス禁止の人は一人しか居ません。
言論の内容で私のブログはアクセス禁止にはしません。

北の友人は何を書いても大丈夫です。
思い切ってばしばし批判してください
いままでのやり取りの信頼感があります。

ましてや北の友人と私は要介護老人を抱える同志ですから・・

投稿前の質問ですけど…。

『この情報を登録する』をクリックしたらHNが出たんですけど…。

アク禁?の予感?(汗)でっか?(汗)

小休止です(笑)プリンターのインクを取り替えるまで施設に入ったお袋に叔父貴(汗)が取った写真をプリントアウト出来ませんが新しいのを購入したらプリントさせて頂きます(笑)自分自身も欲しいと思っていましたから(笑)

本当に和みます(笑)

今晩を。連続投稿します。個人攻撃ですか?(汗)

左翼側だけでなく、右翼側の方の情報もチェックしていますか?

20万人って…『南京』張りの数字ですね…しかも情報源が『右翼討伐委員会』かよ…OTZ

絶対出てくると思った…。ドイツが…OTL。

http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/sengohosyo.html

調べたら如何ですか?旧宗主国が独立した国に賠償金を支払った国は日本だけですよ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/42064897

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生太郎という問題:

» ?「野党はナチス」?「移民か日本の若者か」? [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2008.8.6.06:00ころ 「政権交代を訴える野党は皆、ナチス!」というこ [続きを読む]

» 戦争を起こすのは人間、それを止められるのも人間 [★平和と健康★ 守ろう生かそう憲法9条25条]
 今日は広島原爆忌です。  九条の会・東大などが主催して6月に開かれた講演会で、財界の重鎮・品川正治さん(経済同友会終身幹事、国際開発センター会長)が、ご自身の戦争体験と平和憲法との出会い、今なぜ憲法9条を守る運動に参加するのかをお話しされています。  原爆の日に、犠牲者を想い平和への誓いを新たにしました。  品川正治氏が語る「私の戦争体験」  私は1924年生まれで、この7月に84歳を迎えます。福沢諭吉の言葉を借りますと、一身にして二生を生きてるということでございます。最初の2... [続きを読む]

» 保守主義が韓国を救うぅぅぅ~ [薫のハムニダ日記]
ジョージ・ブッシュ米大統領が昨日8月5日訪韓しましたが、それに反対する市民が各地でデモや抗議集会を行い、アムネスティから人権侵害認定された韓国警察によって、多くの人々が強硬鎮圧・連行されました。 » 平和運動団体‘平和と統一を開く人々’のある女性会員が5日午後、京畿道城南市のソウル空港正門前で開かれたブッシュ訪韓糾弾集会で車両を警察が阻止したことに抗議したが、警察によって車外に引き出され、連行されている。【ハンギョレ/城南】シン・ソヨン記者 » ジョージ・ブッシュ米大統領が訪韓した5... [続きを読む]

» 麻生氏、総裁選出馬を表明 臨時国会の12日召集は白紙に [ニュースサイト ]
福田康夫首相の退陣表明を受け、自民党は2日午前から後継総裁を決める党総裁選に向けた動きを加速させた。福田首相は党本部で開かれた役員会で突然の退陣表明を謝罪し、理解を求めた。総裁選日程は同日午後3時からの総裁選管理委員会(臼井日出男委員長)で正式決定するが、「8日告示-20日投開票」案が有力視されている。麻生太郎幹事長は役員会後の記者会見で「首相がやってきたものを引き継ぐ資格はあると思っている」などと述べ、出馬を表明した。告示日前後に正式に出馬表明する考えだ。対抗馬としては、小...... [続きを読む]

« 若きあなたたちへ | トップページ | 埼玉総体のユニフォーム特集 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 717短歌・俳句勉強会
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ