無料ブログはココログ

« 山頭火 大分県内を詠む | トップページ | 歩け山頭火 »

山頭火 湯平旅情

山頭火 湯平旅情

                     作詞 山口 高
                     作曲 宮田直之

小野屋・湯平しぐれのなかを   濡れた法衣(ころも)に冷たい草鞋(わらじ)
あんたのことを考えながら    この坂、越せば湯宿は近い
ついたらすぐにひと風呂浴びて  友や息子に便りを書こう

音の響きもカラカラコロと    石のたたみの歴史は長い
風に吹かれて花合野(かごの)川の     川端(かわばた)ゆけば山女魚(やまめ)が踊る
こよいしぐれの音ききながら   サキノ達者か逢いたや夢で

酒もうまいし情けもあつい    心残りはかずかずあるが
今日は旅立ち湯平さらば     小雪ちらつく鹿出(ろくで)をこえりゃ
あれが由布かよ夕陽に映えて   峰の白銀(しろがね)、思わず拝む。

参考になりましたらこちらをクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング
更によければこれもお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

« 山頭火 大分県内を詠む | トップページ | 歩け山頭火 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/42266301

この記事へのトラックバック一覧です: 山頭火 湯平旅情:

« 山頭火 大分県内を詠む | トップページ | 歩け山頭火 »

カテゴリー