« 山頭火とはどんなひと | トップページ | 木賃宿とはどんな宿 »

2008年8月25日 (月)

山頭火の詠んだ「層雲」の俳句とは

  俳句の歴史は古い。奈良時代に詠まれた短歌は、室町時代に連歌の形式となって5・7・5と7・7が別れ、連歌の中の発句として、季節を含んだ5・7・5即ち17音の詩型が独立し、俳句となったといわれる。俳句の約束として若干の例外はあるものの、
  
  ※17音の枠にはまったものであること
  ※季語を含むこと
  ※文語表現であること

  以上をふまえ、俳聖といわれる松尾芭蕉の“古池や(5) 蛙飛び込む(7) 水の音(5)”を例にとって説明すると、全体として17音であり、季語は蛙にある。

  蛙は冬眠から醒め、土中から出てくるのは春ということで、蛙は春の季語になっている。さらに文語表現となっており、俳句の約束ごとはきっちりと守られている。
  
  このような俳句の型式は、明治40年代に至って新しい俳句運動が起こり、明治44年4月に萩原井泉水によって「層雲」が創刊され季題発止を訴え、さらに定型に促らわれず口語表現が主流となっていた。
  
  山頭火と「層雲」との関係は、大正2年萩原井泉水に師事し「層雲」3月号に初出句した。その後大正3年10月27日山口県熊毛郡田布施町の句会に出席し、この時井泉水と初めて対面した。その後大正5年3月には「層雲」の俳句選者となっている。
  
  山頭火はその生涯で詠んだ俳句は、一説では約8万とも2万又は1万は超えているだろうと様々であるが、そのうち一番短い俳句は“陽を吸う”というたった4音の句である。

 これなどは古来よりの伝統俳句、即ち有季・定型・文語体を尊重する側から見れば「層雲」の指向する自由律俳句は正に異端と写るであろう。

 ごくありきたりの人間がホロリと出した言葉のような、“陽を吸う”は何を言わんとしたのか一見判断に苦しむが、山頭火の生きざまを追求すれば理解が深まっていく。

 この句は昭和3年に生まれたもので、このころ放浪流転の旅を続ける中で、泥酔のはて、警察に保護留置されることも度々あったという。

  薄暗い留置場、そして停滞したような空気、このような留置場の中での一日は辛く厳しい。ある朝突然釈放され外に出る。

  陽がまぶしいが、思いきり光と共に新鮮な空気を腹一杯吸って生きかえる。よし、また行乞流転の旅にでよう。
 (文責:山口高)

参考になりましたらこちらをクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング
更によければこれもお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

« 山頭火とはどんなひと | トップページ | 木賃宿とはどんな宿 »

「山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/42266122

この記事へのトラックバック一覧です: 山頭火の詠んだ「層雲」の俳句とは:

« 山頭火とはどんなひと | トップページ | 木賃宿とはどんな宿 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ