無料ブログはココログ

« 別府の友と飲んで | トップページ | 翡翠之宿1 »

北京オリンピックが残り少なくなっている。夜は殆どオリンピックを見ている。一番面白がったのはソフトボール。上野投手は20日にアメリカ・ノルウェーの2試合318球を投げた。しかも8回から12回までの五回は毎回二塁に走者を背負った所から始まるタイブレーク(このシステムが意外と面白いと思った)のプレッシャーの中だった。その文字通りのノルウェーとの死闘を制した後21日には又フルに投げて悲願の優勝を果たした。
ソフトボールはこれからメジャーになるかもしれない。
プロ野球では常識化している投手の投球数制限等も必要だと思うが今日は連日の感動を与えてくれた上野由岐子投手にお疲れ!と言おう。
お疲れ!
でもなんでこんなに面白いのになぜ次回ロンドン五輪からやらないのだろう?

参考になりましたらこちらをクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング
更によければこれもお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

« 別府の友と飲んで | トップページ | 翡翠之宿1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/42235686

この記事へのトラックバック一覧です: 上野由岐子投手お疲れ!:

» 「どうせ」や「しょせん」と対極の世界--オリンピック・アスリートを称える [ペガサス・ブログ版]
先ほどまで柔道の最重量級の決勝を見ていました.このイベントに至るまでにどんないわく因縁があったとしても,そこでアスリートたちが闘う姿は本当に美しいですね・・・どの競技であれ.なぜそう感じるかと考えてみると,やはりそれまでの経緯に何があったとしても,戦いの場という限られた時空での選手たちはホントに真剣勝負で,そこにはウラが一切ない,ということではないかと思います.見えているものがすべてなのです(後でドーピング問題が出ないことを祈ります!). 応援のクリック歓迎 (1日1回まで) 日常の現実ではな... [続きを読む]

« 別府の友と飲んで | トップページ | 翡翠之宿1 »

カテゴリー