« 自民党のCMを流すことに抗議しNHK受信料の支払拒否を! | トップページ | グーグルクロム早い けど... »

2008年9月14日 (日)

戦場 心の傷(1)兵士はどう戦わされてきたか

nhkスペシャル戦場 心の傷(1)
兵士はどう戦わされてきたか

を見た。

戦争では何も解決せず悲劇しか生まない!
これが私の結論です。


印象に残った2人の元兵士の証言です。

1.イラク侵略戦争 当時18歳 アンドリューライト

悪名高きファルージャの大量殺戮戦闘で街を退去しないものは敵とみなすという指示でビルの上の男性を撃った。
後で確かめたところ杖を持った老人の頭に弾は当たっていた。
足が不自由で街から逃げ出せなかったの老人がお祈りをしていたところだったのではないかと思う。
夜になるたびに戦場に戻っている自分がいるという。

私はイラクイラン戦争勃発時イラクに居て爆撃をイラク人とともに経験したがやはり金属に当たる物音が暫くは怖くて仕方がなかった。
それは一緒にいた日本人が皆そうだった。
程度は軽いがPTSD症状に近いものだったのだろう。

2.ベトナム侵略戦争 当時19歳 バーナード・シンプソン
1968・3 ソンミ村で民間人を25人殺した。(500人の民間人を殺しアメリカの世論がベトナム反戦に向いたソンミ事件)
女が走ったので何か持っているので武器を持っていると思い発砲した。
武器と思ったのは赤ん坊で頭を吹き飛ばしていた。
命令とは言え自分が許せない。
この英国の放送局の取材のあとショットガンで自殺した。
彼の母は息子はベトナムから帰ってきたときは別人だった。
元の生活に戻る訓練を受けていなかった。

それ以外のメモしたことを箇条書きで書きます。

ベトナムでは帰還兵の半分が何らかの精神的トラブルをかかえているそうです。
アメリカはベトナム戦争の教訓から接近戦を避けハイテク化しトマホークミサイルなどを開発したのですがイラクでは市街戦になり
やはり多くのPTSD患者を出しその割合はアフガン・イラクの帰還兵の約2割(30万人)だそうです。
その対策費は62億ドル(6200億円)だそうです。

戦争による心の傷がアメリカ社会を揺るがしかねない事態になっているそうです。
帰還兵のPTSD症状になる前期症状は以下の3つだそうです。

1.銃をいつも持ち歩く
2.フラッシュバック(突然戦場の記憶が戻る)
3.猛スピードで車を走らせる(敵の攻撃を避けるため)

S・L・Aマーシャルという歴史学者が1947年に「発砲しない兵士たち」という本で兵士の発砲率が25%であると発表し、
「同胞たる人間を殺すことに抵抗感がありいざという時に兵士は良心的兵役拒否者になる」という論文が反響を呼んだ。
それでアメリカ軍は彼の点ないんで訓練は実際の戦闘に近い形にする事にし標的も人間の形にした。
「人間のように見える人型なのだ」と思わせた。
その結果朝鮮戦争の発砲率は2倍になったという。
相手が人間だという感覚を奪うことが大事だという。

日本の千葉の浅井病院には八千人分の第二次大戦中の日本兵のPTSD症状(こんな言葉はなかった時代だが)の症例が記録されている由。

何度でも言いましょう。

戦争では何も解決せず悲劇しか生まない!

以下番組ホームページからです。

泥沼化する米軍のイラク駐留。激しい戦闘ストレスから前線を離脱する兵士が続出し、帰還兵たちはPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症している。
米軍は、最新の医学知識を総動員し、兵士の心のケアに追われている。戦場の兵士を襲う「殺される恐怖」と「人を殺す恐怖」。
極限状況における人間心理を、国家はあらゆる角度から研究し、人間を戦闘マシンに近づける方法を模索してきた。
初めて大量の市民が戦場に動員された第一次世界大戦では、精神に障害を負う兵士が続出。医師たちは電気ショックを与えるなどして戦場に送り返す「実験」を行った。
また、第二次大戦で「敵に発砲できない兵士」が広範に存在することをつきとめた米軍は戦後、訓練法の改善を重ねることで、条件反射的に発砲できる兵士たちを作り出す。
しかし、彼らが従軍したベトナム戦争では、日常生活に復帰できないPTSD患者が大量発生した。
兵士を戦場で戦わせるために、人類は何をしてきたのか。
番組では、20世紀の戦争史をひもときながら、「兵士の心が壊れる」というもうひとつの悲劇を描く。


予告動画


------------------------------
明日はこれがあります。

戦場 心の傷(2)
ママはイラクへ行った


予告動画

カナダde日本語を習い
とむ丸の夢を見ていた
きまぐれな日々
あんくる トム 工房での
反戦な家づくり
すごい生き方を学んだ。
土佐高知の雑記帳
ささやかな思考の足跡/や
dr.stoneflyの戯れ言
たけくまメモ して
観劇レビュー&旅行記
アルバイシンの丘から見た
ポラリス
ミクロネシアの小さな島・ヤップ
旅のプラズマを書き
美しい壺日記には
津久井進弁護士
村野瀬玲奈の秘書課広報室/との
関係性
大脇道場
「猫の教室」 
ごまめのブログ
たけむらブログ
とくらBlog
JUNSKYblog2008を書いた。
お玉さんとお玉おばさんでもわかる 政治のお話
左翼というのはプライドたりえるのだろうかという
愚樵空論をしていたら
「ちょっと、よってけらっせん。」と伊東勉… が来るは
ちょっと言わせてとひとみちゃんが来るわ
法大OB
嶋ともうみ/が来るわで
わんばらんすになった
低気温のエクスタシー状態の
大津留公彦のブログ2です。

参考になりましたらこちらをクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング
更によければこれもお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

« 自民党のCMを流すことに抗議しNHK受信料の支払拒否を! | トップページ | グーグルクロム早い けど... »

「テレビ」カテゴリの記事

コメント

僕の40年らいの友人の作品「冬の兵士たち」には、イラク帰還兵の話があります。田保くんという監督がアメリカで取材している。そのなかで「爆弾を巻いた少女にライフルの照準をあわせた」アメリカ兵の証言が、生々しい。自爆テロもいけないが、彼女を撃つのが、テロ戦争として正当化されるのか。戦争がいけないというのは簡単。僕も9条の会にはいってる。でもこの兵士のPTSDはそんな簡単にはとけない。現実、グリーン地帯でしか取材できない。イラクの風は熱く厳しい。砂交じりではなく、ライフルの弾痕まじりだ。

なぜ中国軍兵士の精神状態は紹介しないのでしょうか?

資料や記録が全く残っていないからでしょうか?
それ自体おかしい事だと思うのですが。

国民党軍兵士は徴用した兵士を鎖で陣地につないで、地帯行動を繰り返しました。中国共産党の兵士は数多くの村々を全滅させ日本軍の仕業に見せかけました。

この様な行動を繰り返した兵士達の心理状況はどうだったのでしょうか。

 TBさせていただきます。明日もしっかりと目を見開いて見なければならないと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/42477501

この記事へのトラックバック一覧です: 戦場 心の傷(1)兵士はどう戦わされてきたか:

» 「兵士はどう戦わされてきたか」を見て。 [漫望のなんでもかんでも]
 「兵士はどう戦わされてきたか」を見た。 過酷な戦場での体験が兵士の心理にどのような影響を与えるか。一市民が訓練を経て「兵士」になっていく。何度も「殺せ!」という大声を発しながら訓練を繰り返し、イラクの都市を模した訓練施設で「兵士」になっていく。 一市...... [続きを読む]

» 米兵の発砲率 WW?では1/4、朝鮮戦争で1/2 [JUNSKYblog2008]
 今夜の NHKスペシャル で、第二次大戦(WW?)後、これまでに至る、米国の一般市民を「殺人マシーン」に至る訓練プログラムについて、そのような訓練とPTSDを体験した兵士の証言も交えて描いていました。  イラク戦線からの帰国者の30万人が心の病を罹っており、米国市民社会の大きな問題になっているということです。  この心の病の原因追究が今日のテーマのようです。 サブタイトルは「兵士はどう戦わされてきたか」 「戦ってきたか」ではなく、戦争に動員され 「如何に不本意な人殺しを強要させられてきたか」... [続きを読む]

» Nスペ「兵士はどう戦わされてきたか」とか、Where Is The Loveとか。 [dj19の日記]
録画しておいた昨日の午後9:00から放送されたNHKスペシャル「戦場 心の傷」シリーズの1回目「兵士はどう戦わされてきたか」を見ました。戦場に送られた兵士がかかる心の病「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」を扱った、たいへんすばらしい内容の番組でした。PTSDという診... [続きを読む]

» 映画「アメリカばんざい」 [JCJ機関紙部ブログ]
『ジャーナリスト』08年8月号から。  貧困が兵士を生む  映画「アメリカばんざい」 ドキュメンタリー映画は数多の社会問題を切り取ってきた。劇場公開や集会での映写などその伝達手段は限られていたが、現在ではDVD化で普及することも可能になった。 日の丸・君が代強制も辺野古の基地建設反対闘争もその他多くの運動が、記録者・表現者を得てドキュメンタリーが作られ、その上映運動が新たな運動の地平 9月5日までポレポレ東中野で公開中の「アメリカばんざい」(監督:藤本幸久)は、現代の状況の根底... [続きを読む]

» NHKスペシャル9月14日,15日放送『戦場 心の傷』 [論理的な独り言]
14日放送《兵士はどう戦わされてきたか》 兵士が、戦うための“道具”に仕立て上げ [続きを読む]

« 自民党のCMを流すことに抗議しNHK受信料の支払拒否を! | トップページ | グーグルクロム早い けど... »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ