無料ブログはココログ

« 衆議院選挙での野党の協働を! | トップページ | 九月の句(良夜・原) »

harepandaさんのが麻生さんへ送った質問状

harepandaさんが麻生太郎内閣総理大臣に送った内容証明を紹介します。
広範囲に及ぶ公開質問状です。
少し長いですがユニークな質問状です。
ブログへの転載を希望されています。

以下紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二千八年九月二十五日

麻生太郎内閣総理大臣殿
             
harepanda

拝啓

 自由民主党総裁および内閣総理大臣就任のほど、おめでとうございます。総理大臣という重要なポストに就いている方については、広く国民のため公にしておいたほうが良い事項がありますので、このたび公開質問状の形式にて質問書を送らせていただきます。
 まことに困ったことに、現行の日本国憲法には総理大臣の持つ衆議院解散権限の明文規定がなく 条文解釈で対応している状況です。しかも、総理大臣は衆議院解散の日程については嘘をついても良いという政治的慣習があり、公職選挙法は、選挙が公示されるとホームページ等の情報に更新を加えてはならないという運用をしているため、国民の側からすると、情報発信が出来なくなるタイミングを計ることが難しいという、非常に困った状況になっております。
 つきましては、本質問状に対する回答を、出来る限り早めにいただきたく存じます。詳細な議論や検討は不要ですので、ありのままの思いを早めにご返答ください。回答不能の部分は「回答不能」で、さしつかえありません。衆議院を解散し、選挙の公示が近づいてきても回答が届かない場合、私見による解釈を公開させていただくこととなりますので、遅くとも公示日の三日前必着でご返答ください。間に合わなければ、電子メールでも構いません。
 なお、当方は自由民主党や民主党を含め、いかなる政党やNGOのメンバーでもなく、政治学者でもマスコミ関係者でもなく、単なる一市民(会社員)であります。
 よろしくご回答のほど、お願い申し上げます。
敬具

(一)週刊新潮の九月二十五日号に、自由民主党の総裁選選挙において、公明党は選挙の顔になる総理大臣を望んでおり、早い段階で麻生総理の支持を決定、総理がクリスチャンであることは不問としたとあります。これは特に問題ないのですが、総裁選が始まり、地方票獲得のため各陣営とも自民党員の名簿を持って電話作戦を展開したところ、麻生陣営の電話作戦は他を圧倒しており、地方の創価学会組織が協力しているのではないかと噂されていると記事にありました。選挙は事実、地方票では麻生総理大臣の圧勝でした。
 この記事が憶測ではなく事実であり、自民党員の名簿を創価学会に渡して電話攻勢や個別訪問を依頼しているなどの方法をとっていたのであれば、個人情報保護法に抵触する可能性があります。仮に合法だとしても、一国のリーダーの座をしとめる方法として、感心できるものではありませんし、自由民主党の個人情報保護方針に反し、党としての懲罰の対象となる可能性すらあります。
 実際のところは、記事の信頼性、創価学会の選挙協力の実態、個人情報保護法の細かい規定や司法における前例を見ないと何も断定できませんが、この際、総理大臣自ら国民の前に事実を明らかにし、週刊新潮の記事に誤報があるのであれば法的措置の使用も含めた形で明確な反論を行うべきだと思いますが、いかがでしょうか。

(二)私も総理大臣と同じく、一時期、英字紙TIMEを購読していました。日本国内のことについて、日本のマスコミがタブー視して書かないような記事が載っていることがあり、なぜ自分の国のことを、外国語メディアで知ることになるのかと、情けない思いをしたものです。この、TIMEで初めて知ったことのひとつが、野中広務氏が被差別部落出身であることで、昨今になってようやく、日本語メディアでも情報が手に入るようになりましたが、まだまだ、多くの国民が知っていることだとは思われません。
 麻生総理大臣は否定していらっしゃいますが、野中広務氏についての本に、麻生総理大臣が被差別部落出身者への差別発言をしたとの記載があります。
 「総務大臣に予定されておる麻生政調会長。あなたは大勇会の会合で『野中のような部落出身者を日本の総理にはできないわなあ』とおっしゃった。そのことを、私は大勇会の三人のメンバーに確認しました。君のような人間がわが政党の政策をやり、これから大臣ポストについていく。こんなことで人権啓発なんかできようはずがないんだ。私は絶対に許さん!」野中の激しい言葉に総務会の空気は凍りついた。麻生は何も答えず、顔を真っ赤にしてうつむいたままだった。(魚住昭『野中広務 差別と権力』)
 この書物の該当箇所は、昨今では週刊誌も取り上げるようになり、知名度が上がりつつありますし、大手マスコミも徐々に野中氏のインタビューやテレビ出演を増やしております。もし、この発言が事実無根であれば、今後は問題から逃れようとしたり黙殺しようとするのではなく、疑問の余地を残さぬまで完全に否定し、魚住氏を名誉毀損で告訴したりしたほうがよいでしょう。また、この書物を事実と前提した上で麻生総理を批判する申し入れを行った、全国地域人権運動総連合と全解連・福岡県部落解放運動連合会に対する回答を行うべきと考えますが、総理大臣の見解をお聞かせください。
(http://homepage3.nifty.com/zjr/topics8_1.htm/)

(三)日刊ゲンダイの二千八年九月十七日号にまとめられていますが、自由民主党の総裁選挙という、党員以外には選挙権のないものについて、一般向けの演説会を行うのは、党の宣伝であり、来るべき衆議院議員選挙に向けた事前運動ととられても仕方がなく、多くの国民が、あの熱狂に違和感を覚えております。違法か否かは司法や警察の判断によりますが、元東京地検特捜部長で弁護士の河上和雄氏は、十四日のテレビ番組で、「自民党の総裁選は総選挙の事前運動だから公職選挙法違反」と指摘しており、司法のプロである人物が、このような発言を行ったのは重い意味があります。
 「昨年の総裁選の地方遊説は全国四カ所。一昨年は五カ所だったが、今回は十七カ所に膨れあがった。選挙に弱い地域を総ざらいするつもりです。高知市を抱える高知一区は橋本大二郎前知事が立つ激戦区だし、愛知は民主党の金城湯池。北海道も民主の牙城で、郵政選挙ですら十二選挙区中八選挙区を民主党に取られる惨敗だった。だから総裁選で盛り上げるんです。今後は小沢民主党代表のお膝元である岩手や、亀井久興国民新党幹事長の出雲にも乗り込む。衆院選のためのポーズですよ」(同行取材中のジャーナリスト・横田一氏)
 反論がございましたら、ご提示願います。

(四)麻生総理大臣は、「成功のみならず、むしろ失敗例を進んでさらけ出す」ソート・リーダーの国が、アジアでは日本であるとのご意見ですが、国民はそう思っていないと思います。
 雪印による一万三千人以上に上る戦後最大の集団食中毒事件と、その後の狂牛病危険牛肉利用事件、不二家による消費期限切れ原材料使用事件、耐震強度偽装事件、ミートホープの牛肉偽装事件、船場吉兆の食べ残し商品の再利用事件、赤福の製造年月日偽造事件、農水省と三笠フーズによる事故米販売事件などが連発し、消費者は「もはや、何が安全なのか分からない。日本産も中国産も同じだ」という思いを強くしております。特に事故米は日本人の日々の食事に直結するだけに、当方もあわてて、みりんと料理酒のメーカーに事故米使用の有無について問い合わせをいたしました。
 多くの国民は、これらの企業や省庁に、「成功のみならず、むしろ失敗例を進んでさらけ出す」どころか、隠蔽体質を感じています。社会保険庁の年金記録のずさんな管理にいたっては、ジャーナリストの岩瀬達也氏、国会議員の長妻昭氏の追及がなければ、表に出ることもなかったかもしれません。
 この問題について、特に指摘させていただきたいのは、二千三年、麻生総理が政調会長だった時期に、電子政府予算の効率化を目指すガイドライン「レガシーシステム改革指針」をまとめて政府に速やかな履行を申し入れ、社会保険庁のコンピュータ・ネットワークが古臭いレガシー・システムで出来ており、今風のネットワークに変更すればコストが大幅に減ると提言していたと、「選択」が報じていることです。
 本件が事実であれば、自民党は長妻氏や共産党・社民党に指摘されるまでもなく、社会保険庁のコンピュータシステムは、NTTデータと官僚が、技術に疎い政治家をだまして作ったボッタクリ設備であることを、五年前から認識していたこととなり、その五年間、自民党は何をやっていたのかということになります。該当時期の厚生労働大臣は、麻生政調会長(当時)の指摘を受けて何らかの改善策をとったのか、それとも安倍内閣時代に長妻議員より尻に火をつけられるまで放置していたのか、自由民主党のトップとしてのご回答を願います。政調会長として麻生氏がせっかくまとめた文章が、ほとんど省みられることが無かったことをどのように思っているのか、総理としてではなく政調会長経験者としても、ご回答ください。
 また、福田政権末期に、農水大臣と農水事務次官が相次いで辞任しましたが、国民はこれを、問題が拡大する前に敵前逃亡したものとみなし、激怒しております。辞任した農水事務次官である白須敏朗氏は、高級会員制クラブ(?)ノーパンしゃぶしゃぶ「楼蘭」の会員であり、このような組織全体の腐敗の構造が直らない限り、日本に安心・安全な生活など戻ってこないと思います。
 安倍晋三元総理大臣、渡辺喜美元特命担当大臣(規制改革担当)による強力な天下り禁止策の策定は頓挫し、出来上がった「天下り規正法」は、本来の意図とはかけ離れた骨抜きになってしまいましたが、ノーパンしゃぶしゃぶ男の行き先について、きちんと監視し、ザル法なりに出来る範囲内での対応を希望いたします。
 総理の見解をお聞かせください。

(五)「日本は、アジアで最も古い民主主義国家、市場経済国家として、アジアに埋め込まれた安定勢力である」という見解に、基本的には賛成いたします。ただし、ここでいう「アジア」は東アジアに限定されるものと解釈します(トルコのように、日本より先に女性参政権を実現した例などがあるからです)。
 しかし、日本が近隣アジア諸国に多額のODAを提供していることをもって、日本をビルトイン・スタビライザーであるとする議論には、少々の疑問があります。
 麻生氏自身がご存知の通り、日本の戦後復興は朝鮮戦争の特需をもって始まりました。日本はもともと、死の商人として、復活した国であるわけです。第二次世界大戦の講和にあたっては、「戦勝国は戦負国への賠償金請求を放棄する」という原則が打ち立てられ、この寛大なる条件により、日本が戦後復興において、どれだけ楽をさせてもらったか、計り知れません。
この原則は、第一次世界大戦の戦後処理にあたり、ドイツが二度と復活できないようにしようと莫大な賠償金を課したところ、ドイツ経済が破綻、国民の逆恨み感情がつのり、ヒトラーのような危険な人物に国民がこぞって投票するという現象を起こしてしまったことへの反省から、決められたものです。
 日本は第一次大戦では戦勝国ですから、この事情があまり知られていません。日本はかつての侵略先への賠償金支払い義務はないものの、近隣諸国に迷惑をかけた事実には違いがないため、ODAという別の形で、事実上の賠償を行ってきたという要素があります。特に、中国がODAから卒業し、一人前の国家として自立できる直前まで来ていることは、大変に喜ばしいことだと言えるでしょう。
 このような背後事情がある以上、日本が不況だからと言って安易にODAを減らすことが出来なかったのは当然であり、それは美徳でも何でもないと思います。
また、第二次世界大戦の戦後処理における戦勝国から敗戦国への賠償金請求の放棄という重要な原則があまりにも国民の間で認知されていないため、中国や韓国に対する安易な反発感情が出てくるのではないかと私は思っているのですが、いかがでしょうか。麻生総理のおっしゃるとおり、ナショナリズムは扱いを間違えると危険なものであり、「日本は中国に賠償金を払わず、朝鮮戦争の特需のおかげで復興できたのだ」という当然の認識を国民に共有のものとしない限り、知識不足からくる中・韓への反発や右翼的言動を押さえ込むことは出来ないと思います。
 総理の見解をお聞かせください。

(六)麻生総理の国際情勢に関する認識や持論の「平和と繁栄の弧」は、フランシス・フクヤマの影響でしょうか?はい、いいえでの回答と、解説をお願いします。

(七)「日本は天然資源に恵まれず、古来よりつつましく互いに助け合っていく以外、生き残るしかなかった。そして、江戸時代までは、「つつましく」で何とかなった。だから鎖国をしていても十分やっていけた」とのことですが、私はこれを、事実誤認だと思います。
 江戸時代は士農工商という身分制度と、米を価値基準とする貨幣制度で出来ていた時代です。当初は、日本は多量の金・銀を採掘して貿易でもうけ、米を機軸とする貨幣制度が機能していました。しかし、金銀が枯渇し、農業レベルの向上で米余りが発生、農民はより高い収入を目指して綿や絹などの商品作物の栽培を始め、建前の士農工商を無視して商人・町人が強い力を持つようになり、大名は町人から借金して生活するようになっていきます。この、商工業と商品作物栽培の発達は歴史の必然であり、江戸幕府は何とかして、現実に追いつかない過去の体制を維持しようと苦労することになります。
 江戸時代の三大改革の最初を務めた徳川吉宗は、米相場の動向に業務量の多くを費やしたため八木将軍とまで呼ばれ、彼の改革は一応の成功だったと評価されています。しかし吉宗以降は、もはや、台頭する町人文化と商品作物の生産、米の値下がりという事態を止めることが出来なくなり、三大改革のうち、あとの二つは失敗に終わるわけです。
 ここで、世間であまり評価されておらず、誤解されている政治家が登場します。田沼意次です。彼は、従来型の江戸幕府の体制では、もはや現状には合わないと洞察し、今後は商業を発達させねばならないとして、全国の貨幣の統一を初めとする一連の経済振興策をうち、商人からも税金を取るという、近代的な経済思想に達していました。また、日本には天然資源が無いというのは、間違いです。現に彼は、日本のなまこを乾燥させて中国に売ると、ものすごく儲かるという貿易政策を行ったわけですから。昨今でも中華料理において日本産なまこは、贅沢な素材のひとつとされているではありませんか?彼はこうして、貿易の黒字化に成功します。しかし、当時の武士は彼の思想を理解することが出来ず、商人と結託しているからには、汚職政治家に違いないと誤解され、田沼は失脚してしまうのです。
 江戸時代がつつましい時代であるのなら、落語、花火、立ち食いそばや寿司(日本のファーストフードの先駆け)、浮世絵の春画、貸本などが、大々的に流行るわけがありません。南総里見八犬伝は、日本のオタク文化の先駆けと呼んでも良いでしょう。人気が出たので、思いっきり物語を引き伸ばして連載を続けるなど、「JOJOの奇妙な冒険」を初めとする、一連の少年ジャンプものとそっくりです。江戸時代とは、発達する消費社会を、武士がだんだん抑えられなくなっていった時代だと総括できるでしょう。
 ヨーロッパ人は日本の将軍の生活を見て、豪華ではなく質素であることに驚いたという人がいますが、私はこの現象を、単にヨーロッパ人が、宝石を使った派手な装飾品の文化は日本にはなく、日本はむしろ、高度に洗練された漆器や陶器などの分野で進んでいたのだということを理解できなかっただけだと解釈しています。古来よりつつましくお互いに助け合って生きてきた日本人というのは、単に過去の美化に過ぎないと思います。総理の見解を、お願いいたします。

(八)麻生総理は、「私とて、何も若者ぶるつもりはない。いわゆるJポップよりは、昔の音楽のほうが好みである。それでも、アジアをはじめ世界中が、日本の若者文化に注目してくれているということは、素直に喜びたい」と発言されております。
 麻生総理の好みの歌手分野はフォークで、特にオフコースと理解してよろしいでしょうか?谷村新司はお好みのようですが、アルフィーの坂崎幸之助は好きですか?高見沢はお気に召しますか?よろしければ、特に好きな曲と、その理由をお答えください。また、女性シンガーで同時期から活動を始めた、フォーク系の中島みゆき、谷山浩子、山崎ハコ、森田童子について、特にコメントがあれば、お願いいたします。
 また、フォーク文化は学生運動時代のシンボルでもありますが、この件についても、コメントをお願いいたします。

(九)椎名林檎を実際に聞いたことがありますか?聞いたことがあれば、「歌舞伎町の女王」と「浴室」を論評してください。
 聞いたことがなければ、それでもかまいませんが、彼女は極めてアクの強い歌手であり、自民党支持者の高齢者に受けが良いとは到底思われません。麻生総理は、京都で行った講演会で彼女に言及しています。「J-POPの椎名林檎だ,宇多田ヒカルだって分からない人。家帰ったら孫にでも聞いてくださいよ(会場笑)。東南アジアの子供はJ-POPの椎名林檎,宇多田ヒカルを日本語で歌うのよカラオケ行って」と紹介しているのは、彼女が講演会に集まった支持者(おそらく高齢者中心)に受けがよいキャラクターだと思って行ったのでしょうか?それとも、単に海外でも注目されている人という例として挙げたのですか?
 彼女の露骨に悪夢的・幻想的・性的な歌や、露出していないのに倖田來未よりもエロかっこいいという特異なキャラクターを、麻生総理は日本人の誇りだと感じていらっしゃいますか?それとも、違和感を感じますか?

(十)総理は、京都での講演で、「防衛協会の青年部が京都にあるということは大変頼もしいことであります。この京都というところは千数百年にわたって陛下がおわしました,その権威,権力の源である権威に皆が集まってくるところでして,京都の皆さんは権威,権力に従うのが大変うまい」と発言されています。
 京都の被差別部落の人がこれを聞いたら、どのような感情を抱くと思いますか?野中広務氏が京都出身であることはご存知と思いますが、そのことは講演の時に、脳裏に浮かびましたか?
 京都は、二条河原落書、山城国一揆などに現れる、反骨精神の町でもありますが、これについてどのように評価されていますか?
 総理の見解をお聞かせください。

(十一)麻生総理は漫画好きで知られていますが、次の作品を論評してください。読んだことがないということであれば、それだけの回答で問題ございません。
 青池保子「エロイカより愛をこめて」、手塚治虫「火の鳥 鳳凰編」「火の鳥 復活編」「ネオ・ファウスト」「アドルフに告ぐ」、白戸三平「カムイ伝 第1部」「カムイ伝 第2部」「カムイ外伝」、岡崎京子「PINK」、ゆうきまさみ「機動警察パトレイバー」

(十二)カトリック信者として、漫画文化のうちに、腐女子、BL、やおいなどと呼ばれ、主として女の子が好んで読む、男のホモ行為をテーマとする分野が大きな位置を占めていることについて、どのように思っていますか?世界に誇るべき漫画文化の一部だと思いますか?カトリック的信条から許せない分野だと思いますか?これらの作品の読者が、ローゼン閣下として麻生総理を支持していることを、どう思いますか?

(十三)「アドルフに告ぐ」をお読みであれば手塚治虫がやった絵画表現上のミスを指摘してください。カトリックの方なら、気がつくかもしれません。それがヒントです。

(十四)麻生総理大臣をローゼン閣下と呼び支持する人たちの中には、麻生総理ならオタク文化に理解があるから、児童ポルノ禁止についても、実写でなく、漫画やアニメやゲームなら構わないという柔軟な運用をしてくれるだろうと期待している人たちがいるのですが、こういった動機から麻生総理を支持する人がいるという現象を、どう思いますか?
 自分の漫画趣味が困った現象を生んでしまっており、公明党と連携を組み、児童ポルノに対しては厳しい対応で応じるべきだと思いますか?それとも、児童ポルノも含めて、すべては表現の自由で許されねばならず、実写でなければ児童ポルノも許容し、日本の誇るべきサブカルチャーとして海外に紹介すべきだと思いますか?

 参照
 http://yaminoningyoushi.blog60.fc2.com/blog-entry-168.html
 http://d.hatena.ne.jp/kitano/20050530/p1

(十五)子供にどこまで自由にPCやインターネットを使わせるべきかというのは、難しい課題です。
 私は以前、インターネットのコミュニティである男性と会話をしたことがあります。彼は、息子がダウンロードしたホモ行為の写真多数を見つけて衝撃を受け、こっそり削除したりフィルタを追加したりすべきだろうかと悩んでいました。私は、こう、アドバイスしました。「こっそりやるというのは、親子間の信頼関係を損ねるから良くない。自分ならまず、どんな画像があるか、全部調べる。ホモなら違法ではないから、放置。しかし、幼児ポルノや盗撮物が出てきたら、本人の目の前で、これは犯罪だから二度と見るなと言って消去する」、と。彼はこう応えました。「息子との信頼関係という趣旨はわかった。ホモが違法ではないことも、腐女子やBLの概念も分かっている。が、今回は家長としての威厳を示し、ホモも含め、禁止としたい」と。
 麻生総理は子供に人気がありすぎて、まだ物事の判断が出来ない子供に悪影響を与えているため、もう少しご自分の発言の影響力を意識したほうが良いと思うのですが、いかがでしょうか。子供のうちに刷り込まれた麻生総理特有の安易な現状肯定論、ニート擁護論、楽観論、差別主義的姿勢、タカ派的信条などは、一生、その子の思考様式を支配することになるでしょう。
 

(この部分依頼により削除)

(十六)麻生総理は暴論と分かっていて話をすることがあるとのことで、当方も真似をさせていただこうと思います。ニートは日本国憲法第二十七条に定められた勤労の義務を無視する存在であり、存在自体が憲法違反だと思います。いかがでしょうか。
 ニートにも様々な人がいて、私のような第二次ベビーブーマーの不況期に成人を迎え、就職超氷河期に満足な安定した職を得ることができず、結果としてニートになった人については、救済が必要でしょう。いみじくも安倍元総理が述べたとおり、従来の一度線路に乗ったら定年退職まで安定だけれども、コースに乗り損ねた人には二度とチャンスは戻ってこないという世の中は間違いであり、「再チャレンジ」が可能な世の中にすることは、極めて重要なのです。残念ながら、この思想は、安倍内閣が短命であったこともあり、公務員の途中採用枠を増やす程度で終わってしまいましたが、本来は、大手企業には一定の中途採用枠の確保を義務付けるくらいの強力な政策が必要です。
 他方、麻生総理のニート擁護論は、豊かな社会におけるスローライフを否定しないというものであり、これは、われわれ第二次ベビーブーマーが味わった、「若者が社会的弱者に転落する」という経験と、まったく合致しておりません。麻生総理は、蟹工船を読む若者が多数、共産党員になっており、共産党員が激増したという事実を、どのように受け止めますか?われわれの世代には、仕事をしたくとも正規雇用がなかなか見つからず、仕事を見つけても後輩がいつまでも入ってこない状況の中での激務を続け、うつ病など心の病を発症した者が多数おります。失われた十年と呼ばれる長期の不況なくして、社員のうつ病が企業にとっても見逃せない問題であると認識されるようにはならなかったでしょう。そして、そもそも正規雇用を見つけることもできず、ネットカフェ難民、マクドナルド難民などと呼ばれる人たちが登場してくることもなかったでしょう。
 他方、つい先日のサブプライムローン問題に発する世界的な信用収縮までは、日本は景気回復基調にあり、この時期に大学を卒業して企業就職した人々の間には、まさに豊かな世の中ゆえのニート的スローライフという傾向を見ることができます。たとえば、最近では入社してすぐに会社を辞める新入社員が続出、企業にとって頭の痛い問題となっています。これとあわせ、「新型うつ病」という、まだ明確な定義のない気分障害が、まじめな精神科医の間でも問題となりつつあり、旧来の、責任感が強すぎて自分を追い込む傾向があるがために、うつ病になってしまうという日本人の標準パターンとは異なる、新しいタイプのうつ病として認知されています。「新型うつ病」の患者は、自己愛的傾向が強く、キレる大人との共通項があり、仕事中は機嫌が悪いものの、自分の好きなことについては元気が出てくるという特徴があります。概観では、従来より存在する「非定型うつ病」のカテゴリーに近いようですが、「キレ易い大人」というキーワードを組み込み、子供がニートに育つのを放置していた親の教育ミスを勘案すると、ほぼ、「新型うつ病」に近いものが出てくるような気がします(境界性人格障害に近いとする見解もあるようですが、私はこれは、本人の遺伝的気質ではなく、社会的影響が主な原因だと思います)。
 この世代のニートは、勤労意欲に欠け、世の中に甘えている傾向が強く、傍で見ていて感心できないことが多々あります。たとえばインターネット上の悩み事相談サイト大手のOKWaveでは、中学生や高校生ならともかく、大学生までもが宿題の丸投げで多数の投稿を行っているのを見ることができ、卒業論文はインターネットからのコピー・アンド・ペーストで済ませるなどという情けない大学生が増えているのです。
 このような状況下で、安易なニート擁護論を唱えることは有害であり、ここ数年の景気回復期や現在の大学生に対しては、まずは自立した社会人生活を営めるよう再教育を施すことが先決と思いますが、いかがでしょうか?他方、ロスト・ジェネレーションのように、働きたくとも不況のため正規雇用のチャンスがなく、三十代になるまで何の経験もスキルも獲得できないまま生きてきた人間を救済するには、「再チャレンジ」政策の徹底的なやり直しと、派遣社員・契約社員・アルバイトなど非正規労働者の権利の拡大、偽装請負禁止の厳罰化などの政策が必要と考えておりますが、総理大臣のご意見をよろしくお願いいたします。
 また、ニートについては、小沢一郎氏が次のように述べておりますので、論評をお願いします。
 「本人たちは「誰の迷惑にもなっていない」と言うかもしれないが、親の稼ぎで食わしてもらっているうえ、国民全体で支える公共的サービスは享受している。病気でもない働き盛りの若者が、漠然と他人に寄生して生きているなど、とんでもない。自分の力で生きようとしない彼ら自身も問題だが、最も責任が重いのは厳しいシツケもせずに、ただ甘やかせている親たち。どうかしている。親自身が自立していないから、子供がまともに育たないのである。」
 私はこの見解に賛同するものであり、よほどの不景気で職が見つからないとか、労働環境が余りに悪く人間の尊厳や最低限度の健康を損ねているという状況で無い限り、ニートとは、憲法に定められた国民の勤労の義務を果たしていない、存在自体が違憲の人々だと思います。

(十七)「外交とは普通、政治のプロにとりますと、常識的には「票にならない」話題」であるというのは、一般論としては正しいと思います。麻生総理大臣の、鈴木宗男先生と田中真紀子先生に対する評価をお聞かせください。くしくも、鈴木先生は北方領土について、二島先行返還論を唱えており、麻生総理が二千六年十二月十三日に衆院外務委員会で主張した内容と、類似しています。

(十八)今年の夏、北京オリンピックの最中に、グルジアとロシアの間で戦争が発生しました。元外務大臣として、これは同時期にアメリカを襲った巨大ハリケーン「グスタフ」の影響とあわせ、石油の安定供給に悪影響を与え、ただですら高騰していた石油価格を、さらに引き上げる危険性があり、国民生活を直撃しかねない問題だという認識は持っていらっしゃいましたか?その件について、当時の福田首相や高村外務大臣は、どのような見解を持っていらっしゃいましたか?福田氏や高村氏と、お話はされましたか?福田政権があの段階で、何の対応策もとらなかったように見えるのは、なぜですか?
 EUが外交官や警官からなる停戦監視団を派遣することにしていますが、日本も参加する気はありますか?紛争地域である南オセチアとアブハジアを避ければ良いわけで、自衛隊ではなく外交官や警官で良いのです。どこが戦闘地域でどこが非戦闘地域であるかなど分かるわけが無いとする乱暴な議論もいらないので、検討されてはいかがでしょうか?
 グルジアに日本大使館が無いのは麻生総理がご存知の通りですが、日経新聞の八月九日号に、このような記載があります。

 福田首相「紛争を憂慮」 ロシア・グルジア武力紛争
 福田康夫首相は九日昼、長崎市内で記者会見し、南オセチア自治州を巡るロシアとグルジアの武力紛争について「大変憂慮している。当事者が自制し和平協議のテーブルにつくことが必要だ」と述べた。
 高村正彦外相は同日午前、「すべての当事者が武力行使を即時に停止し、最大限自制して対話によって事態の悪化を避けるよう強く求める」とする談話を発表した。外務省は同日未明、現地の大使館を通じて両政府に同様の申し入れをした。

 最後の「現地の大使館を通じて両政府に同様の申し入れをした」というのは、読者に誤解を招きかねない書き方で、これではまるで、グルジアに日本大使館があって、グルジアの日本大使がグルジア政府関係者に顔をつき合わせて申し入れをしたように読めてしまいます。
 この記事の本当の趣旨は、グルジア大使を兼ねるアゼルバイジャン大使が、グルジアの首都トビリシに電話しただけという意味でしょうか?それとも、メルケル、サルコジ、チェイニーといった大物政治家が行ったのと同じく、トビリシまで駆けつけてグルジア政府関係者と会ったという意味でしょうか?麻生総理が事情をご存知でないということなら、福田氏か高村氏に詳しい事情を説明させてください。単にアゼルバイジャンからグルジアに電話するだけでは、まったく日本の存在感がありませんし、麻生氏の持論である「平和と繁栄の孤」に寄与しません。
 また、グルジアに入るのは危険と判断したというのは、言い訳になりません。アゼルバイジャンからグルジアに陸路で抜けるルートは二つあり、いずれもロシア軍に占拠されたゴリを通らず首都トビリシにつながり、さらに、南ルートを使えばロシア軍やチェチェンゲリラが出る懸念も全くありません。無論、トルコ航空の飛行機を使うという選択肢もありえるでしょう。外務省のいう、「現地の大使館を通じて両政府に同様の申し入れをした」ということの意味を、当時の高村大臣と福田内閣がきちんと理解していたのか、それとも外務省の官僚の言いなりにだまされグルジアに日本大使がいるものだと信じていたのか、ご教示願います。また、福田氏や高村氏がグルジアに日本大使がないことを把握していたとしたら、なぜ日経新聞に、このような記載が出たのでしょうか?外務省の官僚がリークの際に情報操作をしたと考えて良いでしょうか?それとも、単に日経新聞の記者が事実を知らなかっただけですか?調査をお願いします。

(十九)ロシアが北朝鮮に対して単独で接触し、南オセチアとアブハジアの独立国家としての承認を求めていますが、これは放置しておいて良いのでしょうか?六か国協議の枠を危うくするものであると、強く抗議すべきではないでしょうか?

(二十)麻生総理は外務大臣時代に、「中央アジア+日本」対話(二千六年六年五月)に参加されていますが、これは持論の「自由と繁栄の孤」を実現する上で役に立ちましたでしょうか?中央アジアに対して、上海協力機構に劣らぬ影響力と、原油の安定供給など、日本への経済的・安全保障的メリットを実現できたとお考えでしょうか?楽観論ではなく、客観論で上海協力機構との比較をご提示ください。

(二十一)麻生総理が外務大臣として会談を行った外国人のうち、首を立てにふるとノーで横にふるとイエスの意味になるのは、どこの国の文化で、どの国の誰でしょうか?

(二十二)渋谷駅前での自民党総裁選挙の演説の際、日本における、おそらく唯一の本格的右翼テレビ局であるチャンネル桜の人が応援に駆けつけ、「麻生さ~ん」と言っていたとのことですが、チャンネル桜、および、その代表者である水島総氏からは、どのような縁で応援を得ているのでしょうか?
 水島総氏が、朝日新聞などを批判するだけではなく、南京大虐殺虚構説を唱え、米国大使館に慰安婦問題に関する謝罪要求決議の全面撤回を求める抗議書を提出、外国人参政権や女系天皇にまで反対意見を表明しているのは、公明党の基本理念と合致しないと思いますが、いかがでしょうか。また、水島氏をどのように評価されていますか?

(二十三)私の記憶が正しければ、麻生総理は在日外国人への地方参政権付与に否定的だったかと思いますが、米国留学経験のある麻生総理が、「代表なくして課税なし」というアメリカ独立の原理原則に反する主張をしている根拠は何ですか?私は、どこの国の出身者であろうと、日本で相応の税金を払っているのであれば、国政・地方を問わず参政権があるのが当たり前だと思っています。公明党とは、この件で、何か協議を行っていますか?

(二十四)横須賀のテキ屋の出(小泉純一郎氏の祖父が刺青をしていたこと)には皇室のこと(皇室典範改訂、女帝実現)は分からないそうですが、なぜクリスチャンの麻生総理には神道や皇室が分かるのですか?

以上

harepanda (インターネット上のペンネーム)
http://harepanda.blog.so-net.ne.jp (ホームページ)
http://harepanda.blog.so-net.ne.jp/2008-09-26 (該当文書の掲示アドレス)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。麻生総理に送付した書面と、この文書の違いは、内容証明郵便は縦書きのフォーマットを使ったこと、アルファベットや数字にも全角文字を使ったこと、ハンドルネームやブログのアドレスの代わりに本名と住所を記したことくらいです。

麻生総理に内容証明郵便を送付
文系ネットワーク屋のぼやき

より

11月11日追記

この分の著作権はharepandaさんにありますが引用先の関係者からその部分の削除依頼がありました。

harepandaさんのブログに書き込みができませんでしたので大津留の判断で記事の一部を削除しました。

カナダde日本語を習い
とむ丸の夢を見ていた
きまぐれな日々
あんくる トム 工房での
反戦な家づくり
すごい生き方を学んだ。
土佐高知の雑記帳
ささやかな思考の足跡/や
dr.stoneflyの戯れ言
たけくまメモ して
観劇レビュー&旅行記
アルバイシンの丘から見た
ポラリス
ミクロネシアの小さな島・ヤップ
旅のプラズマを書き
美しい壺日記には
津久井進弁護士
村野瀬玲奈の秘書課広報室/との
関係性
大脇道場
「猫の教室」 
ごまめのブログ
たけむらブログ
とくらBlog
JUNSKYblog2008を書いた。
お玉さんとお玉おばさんでもわかる 政治のお話
左翼というのはプライドたりえるのだろうかという
愚樵空論をしていたら
「ちょっと、よってけらっせん。」と伊東勉… が来るは
ちょっと言わせてとひとみちゃんが来るわ
法大OB
嶋ともうみ/が来るわで
わんばらんすになった
低気温のエクスタシー状態の
大津留公彦のブログ2です。

参考になりましたらこちらをクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング
更によければこれもお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« 衆議院選挙での野党の協働を! | トップページ | 九月の句(良夜・原) »

コメント

ほしみさん

御指摘頂いた内容は理解できますので該当部分を削除し以下追記致しました。
ご了解下さい。

11月11日追記

この分の著作権はharepandaさんにありますが引用先の関係者からその部分の削除依頼がありました。

harepandaさんのブログに書き込みができませんでしたので大津留の判断で記事の一部を削除しました。

初めまして、ほしみと申します。
この公開質問状に引用されている「糸の切れたマリオネット」というブログの筆者は私のネット上の知人です。
転載が推奨されていることを教えたところ、困っているということでした。
もしも情けがあるなら該当箇所のみ消していただけないでしょうか。
harepandaさんのブログにコメントしようと思ったのですが、何故か書き込みが出来ない状態だったのでこちらにうかがいました。
失礼致しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/42597685

この記事へのトラックバック一覧です: harepandaさんのが麻生さんへ送った質問状:

» 小泉進次郎 画像 [小泉進次郎 画像]
後継は次男の小泉進次郎氏。経歴・プロフィールと画像・写真をまとめ。自民党幹部は、小泉純一郎首相が次期衆院選に出馬せず、今季限りで政界から引退する意向を固めたことを明らかにしました。 [続きを読む]

» 08年9月26日 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年9月26日 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・世論調査{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・失言と舛添大臣{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・日本も遂に核に鈍感{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http://kid... [続きを読む]

» 小泉引退の陰で、麻生首相は憲法解釈の変更! [JUNSKYblog2008]
 麻生首相が、初の外交デビューで国連を訪問に出た隙間を狙ったかのように、小泉元首相が国会議員引退を表明した。(“影の”政治家は続けるらしい)  昨夜のNHKの放送は異常で、小泉氏の功績をトクトクと押し並べて紹介していた。  まるで、小泉潤一郎氏が急逝したかのような雰囲気であった。  私は、たまたま先行するニュースで「引退」の報道を知っていたから、勘違いしなかったが、初めてこの功績列挙のところから聞いた視聴者には、小泉氏が亡くなったのか!?と思った人も居たに違いない。  それほど、要人が亡くなった時... [続きを読む]

» ピープル、ジョージ・ワシントン、コイズミ引退・・・ [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
久しぶりにカラリと晴れた花の金曜日、店番のG嬢が、近くのライブラリーから週末用の読み物を借りてきた。彼女はものすごい活字中毒で、活字さえあれば少々硬いものでも読み飛ばしているが、やはりそこは若い女の子、1週遅れでアメリカから届く週刊誌、Peaple Weeklyも、よく借りてきて読んでいる。 彼女が借りてきたものを、わたしもときどき興味半分で拾い読みさせてもらっているけど、今回の号のカバーページには驚いた。なに、これ~~~!非セレブB層に束の間のセレブな気分を味わわせるガス抜き雑誌-Peopl... [続きを読む]

» 【動画】宇多田ヒカルが整形?!LAにいた頃の映像を公開! [【動画】宇多田ヒカルが整形?!LAにいた頃の映像を公開!]
宇多田ヒカルが整形をした?! 激変した顔に視聴者ビックリ鐔ワ愁鐔ァ⦿2鵑榔⎾薪張劵ɓ襪❸味舛砲い燭箸④離廛薀ぅ戞璽汎芦茲鮓瑢ǂ靴泙后4譩峺堕蠅任慮瑢ǂ砲覆覦戞△Ń瓩瓩砲翰漚唎世気ぁ [続きを読む]

» 【動画】宇多田ヒカルが整形?!LAにいた頃の映像を公開! [【動画】宇多田ヒカルが整形?!LAにいた頃の映像を公開!]
宇多田ヒカルが整形をした?! 激変した顔に視聴者ビックリ鐔ワ愁鐔ァ⦿2鵑榔⎾薪張劵ɓ襪❸味舛砲い燭箸④離廛薀ぅ戞璽汎芦茲鮓瑢ǂ靴泙后4譩峺堕蠅任慮瑢ǂ砲覆覦戞△Ń瓩瓩砲翰漚唎世気ぁ [続きを読む]

» 【動画】宇多田ヒカルが整形?!LAにいた頃の映像を公開! [【動画】宇多田ヒカルが整形?!LAにいた頃の映像を公開!]
宇多田ヒカルが整形をした?! 激変した顔に視聴者ビックリ鐔ワ愁鐔ァ⦿2鵑榔⎾薪張劵ɓ襪❸味舛砲い燭箸④離廛薀ぅ戞璽汎芦茲鮓瑢ǂ靴泙后4譩峺堕蠅任慮瑢ǂ砲覆覦戞△Ń瓩瓩砲翰漚唎世気ぁ [続きを読む]

« 衆議院選挙での野党の協働を! | トップページ | 九月の句(良夜・原) »

カテゴリー