« 日本科学者会議九州沖縄地区第26回九州沖縄シンポジウム | トップページ | voipアドバイザー試験合格しました。 »

2008年9月21日 (日)

団塊の世代へのメッセージ(我が窮状)

先日のnhkのsongs のジュリーの「我が窮状」には大きな反響が出ている。

私にも久しぶりに私のブログをみてジュリーの記事はインパクトあると還暦を迎えた人からメールが来た。

この曲は団塊の世代へのジュリーからの連帯のメッセージとなっている。
朝日新聞のインタビューでの発言も自分の表現したいことを素直に表現するというスタンスの存在を皆に呼び覚ましている。

ブログでも放送を見たあと多くの書き込みがあった。
そこら辺りに触れているブログを6個紹介します。


1.途中から正座


このニューアルバムは還暦記念盤?と言うことになるのでしょうね。そうあの沢田研二ももう今年60になるのです。この60才は60年代にビートルズやストーンズの洗礼を受け、どっぷりLove&peaceの時代を生きてきた60ですから、その辺の流れから平和を主張するのなら余り驚きません。が、『我が窮状』、予想外の直球勝負、以前にも『パール・ハーバー・ラブストーリー』って、歴史を題材とした歌を歌っておられましたが、私、ビールで酔って寝ながら聞いていたのに、途中から正座、身を正してしまいました。

 最近のジュリーの歌を聴いていると、この人って私小説ならぬ“私ロック”に凄い力を発揮する人だなあ、と思います。これをやりたかったんだろうな、とも。彼の全盛期の70年代、一方ではフォーク・ニューミュージックが台等してきて、それらの人々は自らの生活観を自らの言葉で曲にし歌っていた訳ですが、もしかしたらジュリーはそれを憧れをもって見つめていたのではないでしょうかね。彼がいた芸能界・アイドルの世界って、その対極のような位置、存在でしたから。

最近の歌で良い歌だなあと思う曲はほとんど彼自身のペンによるものです。何気ない日常の情景がメッセージになっているような歌。おい、他のロッカーはこんなこと歌にせんぞ、というようなのが私は好きですね。

 もうシ-ンに革命を起したり、イノベイターとして活躍することはなくても常にロックし続け、そしてロックそのものが成熟していく様を見せていく人。ミック・ジャガー、ポール・マッカートニー、ボブ・ディラン、にール・ヤング・・・・・などなど。今、活躍している日本のロッカーの中にも今後、そういう人は沢山出てくるでしょうが、その先陣を切っているのが沢田さん、私はそう思っております。

2.「神の域」にも迫る

還暦になっても「ROCK’N ROLL 」にこだわり,自分の表現したいことを素直に表現するジュリーの生き方に感銘します^^…ちなみにジュリーは「ROCK’N ROLL 」を「ロッ“ケン”・ロール」と言います…なぜなら,ロッケンロールのケンは沢田研二の「ケン」だから^^…

最近は体も丸くなった分,優しさが増したような感じがするジュリー…ここ2~3年前から発売されている曲は,肩の力が抜け「神の域」にも迫るような作品が多くなったような気がします…

デビュー41年目の今年,還暦を迎えたジュリーは,11月29日に「京セラドーム大阪」,12月3日に「東京ドーム」で「人間60年/ジュリー祭りライブ」が行なわれます…

一昨日の番組で「65歳までは何とか続けたい…あとの5年はポチポチかな…」と語っていたジュリー…これからも大いに活躍されることを願っております…

一昨日の再放送は,9月20日(土)午前3:15~(金曜深夜,NHK総合),9月24日(水)午前8:30~(BS2),9月30日(水)午後3:15~(NHK総合)で見ることができます^^!…

3.頑固を気骨に

正直言って、ジュリーはそれほど好きな歌手ではなかったけれど、今彼がこの歌を唱う心境がよく判るし、共鳴する。 「60歳になったら、言いたいことをコソッと言うのもいいかな、と。」 好いフレーズですね。 とても共感します。 鄙の堂守は詩の二番にある、「老いたるは無力を気骨に変えて 礎石となろうぜ  諦めは取り返せない 過ちを招くだけ」というくだりが好きです。 老人力がしばらく前に話題になりました。 歳を重ねれば忘れやすくなる。でも忘れることも力だという意味だったと記憶します。 老齢は人を頑固にさせるが、それを気骨に変えてゆけばよい。それが老人力、ジュリーはそう言っているように思えます。

「我が窮状」 おもしろ動画
YouTubeと同じ画像ですが、こちらの方が速いようです。

「我が窮状」 YouTube
NHKはこの曲についてだけは、削除要請をしてほしくないけれど、選挙も近いしやるだろうな。

 美空ひばりの「一本の鉛筆」、吉永小百合の「原爆の詩・朗読コンサート」、そして沢田研二の「我が窮状」と並べてみると、日本もまだまだ捨てたものではないなと思えてくるのである。

「一本の鉛筆」(美空ひばり) YouTube

「朗読 原爆詩集 八月」 YouTube
4.政治家に届いたか

ジュリーの歌『時の過ぎ行くままに』じゃないけど、あなたはすっかり疲れてしまい状態でした。後に続く、生きてることさえいやだと泣いたまでは入っていませんけど・・。
番組とてもよっかったです。7年ぶりの歌でのTV出演とあって反響も凄かったようですね。来週も絶対見て録画しようと思っています。歌謡界のカリスマであったジュリーが、我が窮状で平和への強い思いを訴えてくれて、とても感動しました。小太りで多少、動きに繊細さがなくなったのは、年齢のせいで仕方ありませんが、今でも燃えるロックおやじで素晴らしいと思いました。今の日本の窮状、市民生活の窮状をちゃんと理解していない政治家、非倫理的な人たちにジュリーのメッセージは果たして届いたでしょうか。

『SONGS 沢田研二part1』 の我が窮状(9条)良かったです!キュブ零の百四季

5.「礎石になる」覚悟を問われている。

続いて歌われるのが、【我が窮状】

一転して静かなバラード調の曲想である。
憲法9条の窮状を訴えるのにはピッタリの雰囲気。

歌詞は、以前御紹介したが、沢田研二さんが歌うと、もっと胸に迫ってくる。
 たとえば、
「忌まわしい時代に 遡るのは 賢明じゃない」 のくだり。
  『靖国派の考える時代に遡るのは、真っ平ゴメンダ』 と言っているようだ。

 また、
「老いたるは無力を気骨に変えて 礎石となろうぜ」 のくだり。
さきほどの「ROCK'N ROLL MARCH」の冒頭の「右も左も そんな輩ばかり だー」と相まって、私を叱責しているかのように聴こえた。
「礎石になる」 覚悟を問われている! 

 そして、歌詞のコンテキストは、どう聴いても「憲法9条」である。
歌詞として「窮状」では、成り立たない前後関係(コンテキスト)であり、
これが「9条」だとピッタリと来るのである。

歌詞だけみているより、作詞した沢田研二さんの意志が一層強いインパクトをもって伝わってくる。
感動のシビレ(ビビビーン!!!)が身体を走ったのは、私だけではないだろう。

番組で歌われたのは昨夜であるので、今はビデオを何度も再生しながらこれを書いているが、何回見ても感動は擦り切れてこない。
本当の魂の歌であるからだろう。

中年の我々への激励歌であり、多くの若者への讃歌である。

微力ながらも、それぞれのできる持ち場で
「静かに通る言葉」 で語り、
この9条「救うために 声なき声よ集え」
「諦めは取り返せない 過ちを招くだけ」なのだから!

と、ここで言葉で幾ら書いても虚しい感じがするので、是非とも聞いていただきたいと思う。

観劇レビュー&旅行記 沢田研二さんの 【我が窮状】 ON AIR !
6.本当の事を言う勇気を

昨日の沢田研二さんを見ていて、お玉も正直「年取ったなあ」と思いました。
でもありのままの今のジュリーを隠さずにさらけ出してくれているようで、見入ってしまった。
年をとるのは素敵なことだなあと思える、生のジュリーを感じることが出来ました。

そして、「我が窮状」・・・
バラードな彼の歌声が心にしみます。

ありのままの彼を、彼の全身と歌とで見せてくれた。
うん・・来週もみようっと・

昨日書いたように
本当のことをいうにも勇気はいるけれど、
本当の自分を晒すのも勇気のいることだよね。
誰だっていろんな壁を心に持っているから
それを取り払って人と触れあうのは

お玉おばさんでもわかる 政治のお話 自分をさらけ出す勇気 昨日の沢田研二さんをみて・・  

songs 1曲目のロックンロールマーチです。


参考になりましたらこちらをクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング
更によければこれもお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ


カナダde日本語を習い
とむ丸の夢を見ていた
きまぐれな日々
あんくる トム 工房での
反戦な家づくり
すごい生き方を学んだ。
土佐高知の雑記帳
ささやかな思考の足跡/や
dr.stoneflyの戯れ言
たけくまメモ して
観劇レビュー&旅行記
アルバイシンの丘から見た
ポラリス
ミクロネシアの小さな島・ヤップ
旅のプラズマを書き
美しい壺日記には
津久井進弁護士
村野瀬玲奈の秘書課広報室/との
関係性
大脇道場
「猫の教室」 
ごまめのブログ
たけむらブログ
とくらBlog
JUNSKYblog2008を書いた。
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
左翼というのはプライドたりえるのだろうかという
愚樵空論をしていたら
「ちょっと、よってけらっせん。」と伊東勉… が来るは
ちょっと言わせてとひとみちゃんが来るわ
法大OB
嶋ともうみ/が来るわで
わんばらんすになった
低気温のエクスタシー状態で
最近内野の光ちゃんとも一緒に戦う
大津留公彦のブログ2です。







 


« 日本科学者会議九州沖縄地区第26回九州沖縄シンポジウム | トップページ | voipアドバイザー試験合格しました。 »

「沢田研二」カテゴリの記事

コメント

溝江さん
コメントありがとうございました。
ジュリーに励まされるお疲れ目の人は多いと思います。
団塊ちょっと下世代の者より

初めまして!
団塊世代より一回り上の世代です。
でも、沢田研二はかっこよくて憧れでした!!

今回は、「我が窮状」を歌っているのを聞いて、
ますます好きになりました!!

勇気にも感動!!
応援しま〜〜すhappy01

大津留様、はじめまして。今回は私のブログ記事転載していただきまして、有難うございます。ジュリーの今後の活動と平和に対するアピール期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/42546619

この記事へのトラックバック一覧です: 団塊の世代へのメッセージ(我が窮状):

» 民主党の選挙“戦略”は、なかなかうまい! [JUNSKYblog2008]
 きょう(2008年9月21日・日曜日)日本の民主党の臨時党大会が開催され、先日の選挙で無投票当選した小沢一郎氏を党代表に正式に再選した。  当ブログは、御存知のように民主党支持ではないが、一言コメントしてみる。  小沢代表再選を取上げたTVニュースは、これまでの自民党総裁選のニュースの量から比べると圧倒的に少ないが、結果的には極めて効果的であったと思う。  と、言うのは、NHKの政治的役割が国民の目に極めて明瞭になってきて、各テレビ局による一面的かつ毎回同じことの繰り返しの総裁選報道に辟易と... [続きを読む]

» ジュリー [けんじの日記]
プレビュー2008Week3 @SanFrancisco ... それではインジ... [続きを読む]

» ジュリー [りょうこの日記]
団塊の世代へのメッセージ(我が窮状) 先日のnhkのsongs のジュリーの「... [続きを読む]

» どこまでいく?李明博政権による言論掌握 [薫のハムニダ日記]
ツッコミどころ満載過ぎて、記事をおっかけるだけでもたいへんな李明博政権。(最初は米国産牛肉輸入問題がメインだったんだけど、それだけじゃ収まりきらない。タグじゃなくて、カテゴリで「李明博」ってのを作った方がいいかな。)マスコミ掌握も着々と進めております。 下の記事は、これまで李明博政権の息がかかったKBS(韓国放送)の天下り社長に反対してきた‘公営放送死守のためのKBS社員行動’に所属している社員が、一斉に左遷などの報復人事に遭っているというニュース。李明博政権のやり方、あまりにも露骨すぎない?... [続きを読む]

» 沢田研二/我が窮状 [しらほぶろぐ]
2008.09.19(金)私の永遠のアイドル「ジュリー」(=沢田研二)…一昨日17日(水)のNHK総合テレビ「SONGS」(毎週水曜日,夜11:00~11:29)に出演…7年ぶりの音楽番組出演に興奮しながら...... [続きを読む]

» 沢田研二「我が窮状」の意義と、沢田研二の歌う「脱走兵」 [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
こちら↓の記事で、沢田研二の歌「我が窮状」に触れながら、フランスの「作家」、ボリス・ヴィアンのことを書きました。 ■ボリス・ヴィ... [続きを読む]

» 沢田研二 ジュリー [気になる話題の部屋]
まずは新着情報をチェック ⇒  ★新着トピックス一覧★ 【気になる話題の部屋】では、旬のワードに関する情報・話題を随時紹介しています... [続きを読む]

» 「我が窮状」を支持するが故に敢えて異論を呈す [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
我が窮状(沢田研二) [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuLEv/ygsSqRMesEkcmGDA2xS4P1czEhKQSAAI4EHA=]  歌手の沢田研二が、この度「我が窮状」という新曲を出して、憲法9条擁護を訴えているのだとか。それが次の歌詞の曲です。 ♪麗しの国 日本に生まれ 誇りも感じているが  忌まわしい時代に 遡るのは 賢明じゃない  英霊の涙に変えて授かった宝だ  この窮状 救うために 声なき声よ集え  我が窮状 守りきれたら 残... [続きを読む]

» 沢田研二 [ゆきな日記]
音楽】布施明がカバーアルバム「Ballade」 人生を振り返るときの歌に MS... [続きを読む]

« 日本科学者会議九州沖縄地区第26回九州沖縄シンポジウム | トップページ | voipアドバイザー試験合格しました。 »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ